息苦しい世の中で 自由に語り合える空間を

自由でも民主でもない この日本を もっともっとよりよく変えていくことができるように たくさんの知恵を語りましょう。

「100人のタナカ!」一見さんには

2016年10月16日 16時47分28秒 | 素人の劇評
10/16 13時 下落合 TACCS1179
PocketSheepS 「100人のタナカ!」

「ミクロの決死圏外」のVR版と言ったら失礼かもしれない。ロマンス、アクション、コメディの要素をふんだんに盛り込んだ内容で、観ている人に笑ってもらおう、楽しんでもらおうという意欲が肌で感じられる。
それはそれでいいのだが、周りの人たちが、大笑いしたり、クスクス笑いをしている半分も笑いを発することはできなかった。
感じたのは「身内の笑い」とも言えるものが大半で、一見さんの私には、「えっ、なぜここで笑いが?」というものが繰り返されていく。16回目の公演とあり、場数を踏まないと理解できないものかもしれないと思った。
コスプレのオンパレードも、私には観客に媚びを売っているようにしか感じない。
絶叫型の台詞の応酬も、私には辛い。
テンポはいいのだから、小さな劇場なのだから、そんなに声を張り上げなくても。
設定は面白いだけに、残念な思い。
役者もそれぞれ個性的。脚本と演出にさらなる精進と期待。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の行く末について | トップ | 「それを愛とは呼ばず」 桜... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。