息苦しい世の中で 自由に語り合える空間を

自由でも民主でもない この日本を もっともっとよりよく変えていくことができるように たくさんの知恵を語りましょう。

安倍総理の会見が こうであったら爽快だが

2017年06月17日 10時13分15秒 | 奇妙な風景
「安倍晋三首相は通常国会閉幕に伴い、19日夕に首相官邸で記者会見する。官邸が16日発表した。首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、「総理のご意向」などと記された文部科学省の内部文書が存在することが同省調査で確認されたが、首相は自ら圧力をかけていないとの立場を改めて説明するとみられる。」(朝日)

 奇妙きてれつ、滑稽な説明になることは目に見えている。せいぜい、「誤解を招いて申し訳ない」程度か。
 どんでん返しとなる確率は、一挺分の一もないだろう。私はそれを望んではいるのだが。
 
 こんな説明があるならば、少しは見直すのだが・・・

 「今回の、一連のマスコミ報道、野党の質問などで、大事な国会での審議の時間を、徒に無駄にしてしまったことを、まずもって心より、国民の皆様にお詫び申し上げます。
 この間の、報道や野党の追及に、私は夜もぐっすりと眠れない日々が続き、このように(ぐっと顔を突き出して)カサカサで生気のない姿となってしまいました。「やっていない」「記憶にない」「ありえない」という言葉を何回も表明しているうちに、ま、自己暗示といいますか、本当に自分が潔白のように思えてきて、ま、それはそれで精神安定剤の役割を果たしてくれていましたが、(記者席、ざわめく)

 また、たまたま入手した「印象操作」という言葉も、実に有効に働いてはくれましたが。
 あ、申し訳ない。
 ま、そのー、最近は、ゴルフもドライバーでまっすぐ飛ばせなくなって、ブッシュに入れたりすることが多くなってきたわけで、側近は「政治だけでなく、ゴルフでも、藪の中に入れられるなんて、なかなか総理はやりますなあ」と、褒められているわけで・・・(コップを持ち、水を飲む手が震えている)

 話が横にそれてしまいました。
 結論から申し上げます。
 加計問題、森友問題に関して、私は直接、ああしろこうしろと指示を出していたみとは全くございません。言葉に出せば、文書に記せば、あとあと問題になる、証拠となることは、私だって知っています。
 あっ、自慢ではありませんが、みなさん。こんなときはどうしたらいいと思われますか?
 ふふ、なかなかおわかりいただけないとは思いますが、私だったら、2つのことを上手に行います。
 なにかマジックのネタばらしのようですね。ふふ、おしえちゃおうかなあ・・・・・(記者席 さらにざわめく)
 うーーーん、どうしましょうかねえ。(Y新聞の記者より「ぜひお願いします」 S新聞記者より「同じく」の声があがる)
 あ、2人とも今回の件では、たいへんお世話いただきました。それならば、ここだけの話ということで・・・
 
 証拠を残さない方法、その一。パンパかぱーん!!(横で隠れて聞いている菅官房長官、キョロキョロし、動揺の表情)
 まずもって私のとる手法。それは、あ・い・こ・ん・た・く・と。
 あ、君たち(最前列の記者に向かい)、お・も・て・な・しではありません。
 アイコンタクト。私の目で語ることです。目で命令すること。
 どうですか、みなさん。
 
 都々逸かなにかで、「糸屋の娘は、目で殺す」なんてものがありましたが、まさにこれ。側近中の側近には、これで充分なのです。
 あとは、勝手に周囲が動く。どうですか、みなさん。

 二つ目は、やや鈍い感性しか持ち合わせていない内閣府の手下、官僚の場合です。
 このときは、指示語をつかいます。
 「あれ」「これ」「あの件」「あれだよあれ」
 これで分からないやつ、あっ、いや、部下はいません。それくらい言うことで、ツーカーとなるのです。

 どうですか、みなさん。
 
 ですから、私はまったくの潔白だということがおわかりのことと思います。
 なにしろ、明白な証拠は存在しないのですから。
 どこかの官僚のように、メールやメモに残したといったへまは一切していないのです。

 以上で、わたくし、総理大臣、安倍晋三の説明を終了いたします。
 私には、罪になるモノはなにもない。性格に申せば、証拠を残すような過ちをしていないという、我ながらほれぼれするほどの対応でもって、この難局を乗り越えてきたのであります。
 ご静聴、あ、ちょっとうるさいときもありましたが・・・ありがとうございました。」(スキップで退場)

 片や、菅官房長官、重いあしどりで登場。

 「あーーーー、今の会見は、総理のパロディでありまして・・・怪文書ならぬ、怪会見とも言うモノであります。
  あ、きみきみ!(A新聞記者を指さして) カイの漢字が違っています。「あやしい」ほう、あなた「こころよい」と書いてますよ。
  あ、改めて正式な会見は、後日発表いたします。
  これは、総理のお遊び。国会が終わって、ホッとした心情は、みなさん察していただければ・・・
  ほ、ほら、忘年会とか納め会とかいったときの、余興だと思ってくださって結構です。」

 質問を受けることなく、ダッシュで降壇。




 
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪 悪法も法なのか 腐... | トップ | 忘れない 忘れさせない 腐... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。