息苦しい世の中で 自由に語り合える空間を

自由でも民主でもない この日本を もっともっとよりよく変えていくことができるように たくさんの知恵を語りましょう。

ブックオフ 落胆・怒りと ちょっとだけ嬉しいこと

2017年05月05日 12時12分27秒 | わたしごと
 ゴールデンウィーク。
 ただただ、疲れを癒すだけの最初の3日間となっている。
 なにもしたくないので、それならと、私の「仕事部屋」、とくに本棚の整理をした。

 壁にくくり付けの本棚には、収納をはるかに越えた数のために、棚毎に2列に押し詰めて収めているが、それでも足りずに、私の座る左右、そして背後にも本の山が築かれている。
 あっという間にたまってしまう、この悪癖。

 とにかく減らすことしかない。
 1冊1冊、思い出に浸りながら、「まだこれは必要」「そのうち読むかも」「あっ、これはもういいか」などと、売り払うものと残しておくのを振り分ける。

 時間はたっぷりある。

 作業が終わったのが、休みに入った2日目。
 収納能力を最優先させるので、「泣く泣く」別れたものもある。

 約300冊。

 車に積んで、いざブックオフへ。

 そこからは、落胆(というよりも怒り)ひとつ、光明ひとつ。

 まず落胆から。
 店に到着して、レジにいた「責任者らしき」男性に、「買っていただきたい本を持ってきました。駐車場の車にあります」と言うと、
「あっ、台車、そこにありますから」と、すげない返事。

 この店舗は、駐車場が、道路を隔てた反対側にあり、いつもは店員さんが、「はい、今から運びに参ります」と言ってくれてたのに・・・
 もう10回以上も、ここで買い取りをお願いしているが、自分で取りに行くという設定は初めてのことだ。
 「忙しいのかな」と、店内を眺めると、店員は4人、それなりに仕事はしているが、これは毎度の光景と変わるところはない。

 むすっとして、台車を押して1回目の搬入。道路はけっこう交通量があって、なかなか横断ができない、道路と路側帯、店の入口との間には、軽い段差があって、積んだ本が落ちそうになる。ますますいらいらする状況だ。
 店内に入って、今度は若い男性店員に、「まず、これからお願いします。まだ向こうにあるので・・・」と、手伝いを暗示するが、へらへら笑うだけで、「あっ、じゃ、お願いします。入口にまだ台車ありますから」と冷たい言葉。

 ついに、「いつもは、運んでいただいたのですが。システムとか人が替わったのですか」と話しかけると、聞こえたのか聞こえてないのか、やはりへらへら。
 返事くらいしてもいいのに・・・

 結局、3回駐車場と店を往復。
 なにもコメント、わびもなし・・・・
 「見積もりをしてもらって、<あっ、やっぱりこれ売りません>なんて言ってやろうか」などと、意地悪な考えも浮かんでくる。

 さて、どれくらいに値踏みをされるのか。

 「全部で309冊、21265円となります。よろしいでしょうか」

 「いやだめです」と言ったら、どうなるのかなと思いつつ、「はい結構です」という、毎度の返事。
 そうだ、また店と駐車場を苦労しながら往復をしなければならない。言わなくてよかった。

 70円平均か・・・・安いなあ。

 ここ何回かは、全てバーコードの読み取りで計算されるようになっている。それに加えて、汚れとか書き込みの有無で段階があるのだろう。

 今回は、ブックオフで買った、「108円」などというラベルも剥がさないできているので、ほとんど10円の価値もないものも多いに違いない。

 写真にあるような、長い長いレシートをもらう。1m以上!
 1冊ずつの買い取り単価が示されている。

 文庫「清冽」 「蘭」 「ハッカの薫る丘で」 みんな20円か・・・
 あっ、「千のプラトー」は150円。
 小説「彼が通る不思議なコースを私も」 70円。
 
 100円以上のものは・・・

 「イエスという経験」100円。 「散歩が楽しくなる雑草手帳」300円。 「宇宙のはじまり、そして終わり」100円。
 「へんな星たち」100円。 「大栗先生の超弦理論入門」100円。 「社会の真実の見つけかた」100円。
 あっ、これはたくさんあるので面倒くさくなった。
 もう少し「高額」を。

 「大衆の反逆」250円。 「カウンセラーが語るモラルハラスメント」250円。 「歴史家の案内する京都」350円。
 「アメリカの歴史教科書問題」350円。 「漫画家ママのうちの子はADHD」250円。
 「話す技術・聞く技術 ハーバートネゴシエーションプロジェクト」300円。 「無知な教師」500円。
 「道徳教育の取扱説明書」350円。 「草花たちの静かな誓い」300円。
 「はたらかないで たらふく食べたい」300円。 「ユーモアとしての教育論」450円。
 「花の構造」300円。 「みかづき」350円。 「親鸞ルネサンス」300円。
 「策略 ブラック学級づくり」300円。 「21世紀社会とは何か」450円。
 「凡庸という悪魔」300円。 「ここまで進んだ!格差と貧困」300円。
 「マチネの終わりに」300円。 「芸能人寛容論」300円。
 ・・・・疲れ・・・

 そしてちょっと嬉しいこと。
 今回の最高値が500円。
 「無知な教師」もそうだが、もうひとつは「2016年版 日本の民主教育」であったこと。
 単純ながら、「教育」に関したものであったことに、変な職業意識。単純ながら。
 

 少し腰が痛い。
 店員さん、忙しいのはわかるけど、本くらい運んでほしい、返事くらいほしい。

 



 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有休をとって仕事をする | トップ | 研究授業も終わり ふつーの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。