山ちゃんの、家庭菜園と散歩の画像

愛媛県四国中央市で家庭菜園をしたり時々近所の病院の植木の手入や野菜作りのアルバイトしながら暮らしています。

スダチ絞り

2016年10月18日 | くらし
  


                    以前スダチを収穫していて置いていました
                    しばらくすると皮がやわかくなり絞りやすくなりました
                    我が家ではスダチと醤油を半々位瓶に入れポン酢ふうにして
                    サンマ塩焼きやや漬物に利用しています。


                   


                   始めは親指と縛っていましたが5合絞るに
                   大変な時間と指も痛くなり大変です
                   その話を友人に話しすると
                   お手製の絞り器を貸してくれ
                   板に蝶番を付けた簡単なものですが
                   指で絞るのとは月とスッポンです


                   





                   



                   
                    
                    
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉野川の鮎 | トップ | 豆を蒔きました »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
場所とらないからね (うめちゃん)
2016-10-18 18:25:05
こんにちは

何時も小まめにしているのに感心します
Tちゃん助かりますね
我が家も僅かになっていました
取ってみると思ってたより沢山あり
冷蔵庫が狭いので絞っておくべきですね
毎年柚子が出るまでのつなぎになります

便利な器具があるんですね

Unknown (うめちゃんさんへ)
2016-10-19 05:35:34
コメントありがとうございます
しばらくスダチを外においていると
皮が軟らかくなり絞やすくなります
ビンにいれ冷蔵庫で保管です
これから鍋に季節になると重宝します

絞り器は借りてきました
スダチの、香りが、ただよってきそうです (tubaki)
2016-10-19 09:11:58
沢山の、スダチお疲れ様でした。
いい香りに、癒されましたね。

スダチ絞り器、初めて見ました。
山ちゃんさんの、お知り合いは、名人さんが多いですね
昔、家にスダチがある時は、果物の手動搾りでしてました。搾りカスは、網に入れて、お風呂に入れていましたよ
Unknown (tubakiさんへ)
2016-10-19 12:56:26
こんにちは
スダチ味一で割って冷蔵庫で保存しています
今から白菜が収穫出来ると鍋を
毎日するので漬け出汁に重宝します
絞り器は二枚の板を蝶番でつないだだけ
簡単な物です
風呂には柚子もいいですね我が家の柚子
実が付きません
スダチポン酢 (ぎゅうちゃんのエコ家庭菜園)
2016-10-19 17:28:52
スダチ絞り器とは青いではですね。さすがスダチの産地の人は考えますね。
我が家のスダチは木になったまま黄色くなったら絞ります。ここ2,3年600個くらいなります。8月から収穫して、食べきれないのが黄色くなります。
Unknown (ぎゅうちゃんさんへ)
2016-10-19 18:31:09
こんばんは
スダチは半分に切ってサンマや漬物に
かけるのが最高です
でもそれでは保存がききません
絞ってビン入れ冷蔵庫でお世話になります
我が家でもスダチの木に取り残したすだちが沢山あります
Unknown (甘姫)
2016-10-19 23:55:03
山ちゃん今晩は~♪

スダチと醤油の1:1ですか~美味しそうですね~♪

私はお友達に教わって、酢と味醂も加えてます
だから大量に増えますよね(^_^.)
黄色くなったのを使ってますが、味がマイルドです~
緑色の時の状態では味が違うのかなぁ・・
今度タメシテみたいです~

スダチ絞り機って特注ですか~いいものが有るのですね~
私は、手押しのテコ原理になってる市販の果汁絞り機を利用していますよ~あれも便利
Unknown (甘姫さんへ)
2016-10-20 05:51:12
おはようございます
スダチ絞り親指を使って絞ると
指が痛くなります
酢とみりんを入れると美味しそうです
スダチ絞り機と云っても板に蝶番つてだけです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む