ノート活用法

2016-10-19 00:11:41 | 日記
最近、文献調査を進めているが、
ただ調査するのではなくその過程で、
今後の研究に役立ちそうな知識を得るようにしたいと思い試行錯誤している。

そこで今日は、博士の院試のときに用いていた方法を論文読みにも活用できないかと考え、実践してみた。

今までは手書きで要点や実験概要をノートにまとめていたが、
それだと論文の本文を確認したい時に手間がかかるし、
もしかしたらまとめる段階で手違いにより誤った情報を記している可能性がある。

そのため論文の中で自分が欲しい情報の箇所を切り取り、ノートに貼り付け、
その横にメモをしていく。
最後に論文の要点と今後の研究に活かせそうな点をまとめておく。

こうすると見直した時に論文も見れるし、
自分が論文を読んだときに何を感じていたのかもすぐに思い出せる。

記憶力がいい人は論文中にメモするだけでも十分だと思うが、
自分の場合はこの方法が良いかもしれない。

デジタルで管理する手法も検討したが、
自分はアナログの方がしっくりくるので、
しばらくこの方法で文献調査を進めてみたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実験の構想・先輩との繋がり | トップ | 岡村杯 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL