花好きじじい

花を求めて山野を歩き回っています。
花好きの皆さん花にまつわる話をお聞かせください。

ムラサキシキブ

2017-07-15 19:43:20 | Weblog

 私の住むあたりでは里山の林縁や道端などにムラサキシキブ属を見かけることが多いのですが何故か庭木として植えられたものを見たことがありません。
 花は6月中旬から咲き出し7月中旬の現在はほぼ終わりに近づいていますが、綺麗な瑠璃色の果実となるのもまだしばらく後のことになります。
 

 9ヶ所で花の撮影ができたのですが全てムラサキシキブ単独なのかコムラサキも混じっているのか判然としません。
 
ムラサキシキブコムラサキを識別する点として記載されているところに依ると:
 1. 葉腋の花序柄の付着部の位置が葉腋から離れているのがコムラサキとされますが、
   葉腋の冬芽を押し付けるように着いたものから数mm離れて着いたものまであって
   どこからがコムラサキとするのか分かりません。



 2. 葉縁の鋸歯が全縁にあるのがムラサキシキブで上半分にだけあるのがコムラサキと
         されていますが下の画像の様に違いの分かるものは少ないのです。
   鋸歯だけからでは(上:コムラサキ 下:ムラサキシキブ)とされるのですが。

 鋸歯の有無ばかりでなく葉の形も多様で、微毛の有無でも区別できません。
 

 3. 花後の果実のつき方についても花柄の付いた位置の違いによる違いが見られません。
 

  枝が垂れ下がる園芸種や改良種などは別として、ここで自生するムラサキシキブ属は本来一種で、コムラサキらしいとしているものもその変種ではないか考えています。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イオウゴケ | トップ | ギシギシ属の4種 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL