のんびり便り

2009年3月に退職、
その後の日々をランダムに・・・・

篠山紀信展 写真力

2017年02月21日 | 美術館

先日、友人に電話を掛け横浜美術館に行った事が有るか聞いた処行った事がないと云うので「篠山紀信展 写真力」を観ようと誘いました。私も初めてだったので午後2時に桜木町駅で落ち合う事にした。
       

展覧会の構成は まずGOD(鬼籍に入られた人々)で入口にジョン・レノン オノヨーコの写真があり、中に入ると三島由紀夫・勝新太郎・美空ひばり・大原麗子・夏目雅子・きんさんぎんさん・渥美清の大きな写真におどろかされた。

次のコーナーは STAR(すばての人々に知られる有名人)でスポーツ選手・歌舞伎俳優・ミュージシャン・映画俳優・アイドル・グラビア女優・作家とバラエティーに富んだ時代を代表する人たちの写真で見ているだけで何となく納得してしまう感覚が有りました。

三つめは SPECTACLE(私たちを異次元に連れ出す夢の世界)です。この会場は写真技術を駆使した夢の空間を作り出したインスタレーションで不思議な世界に迷い込んだような錯覚に襲われました。また、歌舞伎役者の写真は役者それぞれの個性とその目力が鋭く感動しました。

4番目のコーナーは BODY(裸の肉体ー美とエロスと闘い)です。篠山紀信と云えばヌード写真のイメージが強くそこには女優さんの美しさもさることながら入れ墨の不気味さ、ダンサーの肉体の力溢れる見事さが表現されている。また大相撲の写真は力士・行事・スタッフ全員が国技館に勢ぞろいした圧巻の写真で圧倒されました。

最後のコーナーは ACCIDENT(2011年3月11日ー東日本大震災で被災された人々の肖像)で、震災50日後に現地入りして撮った人々の写真で人々の表情からいかに悲惨な体験をされたか改めて思い出されました。

見終わった感想は写真の大きさに依るのかもしれないが写っている人の体温や心の動きまで映し出しているのはやはり凄いなと云う感想です。

メインの展覧会に続いて2016年度第3期「横浜美術館コレクション展」と云う展示が有った。2部構成で1部は「昭和の肖像」で戦前から辿る人々の生活を写した写真でとても懐かしく特に終戦直後の写真が苦しくてもみんな一生懸命に生きたとても豊かな時代だったと思い出された。第2部のテーマは「マシンエイジの視覚革命」と云うテーマで第1次から第2次世界大戦の間に機械の発達によって写真の視覚が大きく変わって行った様子を海外写真家の作品を通じて伝えていた。少し文明の正しい発達とはどうゆうものか考えてしまった。

もう一つ美術館で展示されていたものが有った。美術館での新しい試みとして新人発掘の展示で今回はわ「和田淳展」と云い短編アニメ―ション「私の沼」My Marsh 、4つの画面をそれぞれ3分くらいの長さで物語を関連させた線描で少ない淡い色調で描いていて不思議なアニメでした。
    

見終わって外に出たのが4時半頃、友人は「女の子じゃあるまいしショッピングやお茶など興味ないな」と云い、私もテレビで「ぶらタモリ」を観たいので直ぐに帰る事に、友人は地下鉄で、私は直通の横浜線で帰った。

一言、なぜ日本の多くの美術館や博物館は写真撮影が禁止なのか?フェイスブックやブログで紹介されれば宣伝になるのにと思うのだが、著作権などと狭い事にこだわり過ぎてると思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タヌキ発見 | トップ | MOA美術館 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美術館鑑賞のあとは (Akiko.H)
2017-02-22 15:09:20
実は、私も今週末観に行く予定でいます。
篠山紀信もさることながら、「写真力」という言葉に惹かれて。
やっぱり、凄いのですね。楽しみです。
横浜美術館は、展示室が独立しているのでとても観やすいと思っています。
私の場合、観終わったらもちろん、Cafeに直行です。美術館に併設されているカフェもお勧めです。
美術鑑賞後はお茶!! (あや)
2017-02-23 13:21:11
数年前に篠山紀信展を初台で見ました。どうやら同じ内容のようです。私は大原麗子さんの写真が印象に残っています。歌舞伎の写真もとってもよかったです。

 篠山紀信さんの写真は好き嫌いが分かれるようですが、写真展はよかったなと思います。あの大きさの写真は迫力がありますね。

 なお、私は当然ながら美術鑑賞の後はお茶!です。やっぱり感想をお話しあうと、さらに楽しいです。
篠山紀信展 (shige)
2017-02-25 15:07:45
篠山紀信展、興味がありますね。
時代を代表する有名人の写真が多いので、楽しめそうですね。
コーナーも分かれていて、写真の点数は多いんでしょうね。
私も、以前横浜美術館に行った時に、併設されているカフェに行きました。

コメントを投稿

美術館」カテゴリの最新記事