本気でいい住まいをかんがえる

岡松利彦アトリエの風景
“こころ”と“からだ”が元気になる、居心地のよい場所をつくる日々の日記

エコリーダー向けセミナー~コミュニケーション力アップトレーニング

2015-02-23 | エコリーダーの会&ことえこ(kotoeco)


昨日、エコリーダー養成講座終了者向けセミナーのコミュニケーション力アップトレーニングセミナーが江東区のエコッくる江東で行われました。
テーマは、「伝える」より「伝わる」コミュニケーションと題し、リードクライムの西直人さんからお話しを聞きました。
かなり実践向けで、実際のトレーニングは、子供から大人まで日々の中で行うとかなり、表現力が磨かれると感じました。

いつも、講座受講2-3日は盛り上がってるのですが、今回は盛り上がりを1週間、いや2-3週間持続できればな…と思ってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ことエコキャナルカフェ 第4回環境フェア

2011-06-05 | エコリーダーの会&ことえこ(kotoeco)
江東区のえこっくる江東で開催された第4回環境フェアに参加しました。



昨年は、写真展と併せてブースを構成しましたが、今年はより一層キャナルカフェの趣を前面に出しました。



場所は、えこっくる江東の敷地内を離れ、潮見運動公園脇の運河沿いで行いました。



手作りパウンドケーキと珈琲と紅茶、ジュースの提供です。



カフェの隣のテントでは、エコリーダーの会が、子ども達を中心にEボート(手漕ぎボート)体験コーナーを開いていました。
こういった、活動が運河への意識、環境への意識を高めていくのかなと思いました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャナルカフェと船着場の防災的役割

2011-03-28 | エコリーダーの会&ことえこ(kotoeco)
2011年3月22日の産経新聞東京版に東京にある船着場のあり方についての記事がありました。



東京の東側に位置する、江東区、墨田区、台東区には昔六畳交通に加え、運河の交通も盛んに行われていました。
その名残で、今も上下船できる船着場が数多く残されています。
ただし、どの船着場も安全面の配慮からか住民が自由に立ち入ることができないように施錠されています。

区や都は、防災時の拠点として残しているのでしょうが実際に使っていない場所を緊急時だけ開放しても上手く機能しないのではないかと思います。
ましてや、緊急時はただでさえ混乱しているなかで、普段使用していない船着場を有効に使うのは大変難しいと思います。

記事の中でも書いてありますが、普段使用しているから分かることというのがあると思います。

例えば、潮の干満で船がくくることができない橋の位置や災害で寸断された運河を避けて目的地に最短で到達する方法。
また、残された燃料で目的の船着場まで何往復できるかなど、経験として蓄積された結果生きてくることもたくさんあると思います。

その為には、普段から船着場を自由に使用できるように開放するということはとても大切なことだと思います。

安全面で不安が残るのであれば、昼間だけ開放するだけでも十分だと思います。
船着場の側に、カフェや休憩所などを設置し常時開放時には人がいるようにすることも考えられます。

ゴムボートなどの舟遊びも自由にできれば、非常時の尚一層の水路活用がスムーズになると思います。

運河に親しむまちづくりが、エコで防災に強い街づくりへの取り組みのたくさんあるキーワードのひとつと成りうるのではないかと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エコリーダー養成講座 開講10周年記念シンポジウム

2011-02-28 | エコリーダーの会&ことえこ(kotoeco)
2/27(日)、えこっくる江東にて「エコリーダー養成講座 開講10周年記念シンポジウム」が開催されました。

私たち、ことえこキャナルカフェのメンバーもエコリーダー養成講座9期卒業生として参加しました。

シンポジウムは2部構成となっており、1部はエコマラソンの表彰式やえこっくる江東ダンス部のパフォーマンス、エコ生活ビンゴ大会。

えこっくる江東ダンス部が、エコ環境をテーマに作詞された歌に併せてのパフォーマンス。



エコマラソンの表彰式。
身の周りのエコ生活の持続・・・。
ビギナー部門、ハーフマラソン部門、フルマラソン部門、小学生部門など各部門の表彰がありました。
時代を反映してか、「食べ物を大切にする試み」などが多かったです。

私の昔のフットサル仲間の小暮真久さんが代表を務めるの「テーブル・フォー・ツー」の活動が頭をよぎりました。



そして、エコ生活ビンゴ大会。
ビンゴ大会で、ぬか漬けの元セットをゲットしました。
10年ほど前に手軽に漬物が食べたくなり一度やったことがありますが、またやってみようかなと思います。
景品は、全てエコ生活関連グッズですが、このぬか漬けセットがどうエコ生活と関係しているのかチョッと不明ですが・・・。
考えてみます。



2部は、エコリーダー養成講座10年の歩みを振り返り、この後10年の展望を話し合うシンポジウムがありました。

10年の歩みを、えこっくる江東の磯谷さんが発表しまいた。



また、特別講師としてブレーメン・コンサルティング株式会社の岡本亨ニさんの講義が聞けました。

氏は、色々なキーワードを提示し、環境問題と社会問題を一緒に考えないとエコ活動は上手くいかないことを言われて今いた。



また、ipadの活用や今話題のフェース・ブックなど興味深いお話が聞けました。



そして、私もエコリーダー養成講座9期代表としてパネラーで参加させていただいたパネルディスカッションがありました。
われわれが活動している、「ことえこキャナルカフェ」についても少し宣伝させていただきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ことえこキャナルカフェ 定期打合せ

2011-02-04 | エコリーダーの会&ことえこ(kotoeco)
先週末、ことえこキャナルキャフェの定期打合せを潮見のえこっくる江東で行いました。

今年も、6/5(土)の環境フェアで「江東区の運河の写真コンテスト」を行うことがほぼ決定しまいた。

これから、どのようなテーマにするか、募集方法はどのようにするかなど、昨年の経験を元に打合せを進めていきます。

併せて、併設する喫茶店はもう少し運河色を出せるものにしたいと思います。

乞うご期待!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

展覧会ガイド:水の都・東京~熊切圭介写真展「運河」

2011-01-04 | エコリーダーの会&ことえこ(kotoeco)
「水の都」。
今の東京を眺めてこのようにイメージする人は少ないと思う。
しかし、東京はそのむかし江戸時代から戦前戦後にかけて河川や運河が縦横に流れ、水辺が身近に感じられる都市だった。
変貌したのは、昭和39年の東京オリンピックの前後からではないだろうか。

今回、東京・四谷の日本写真会館「ポートレートギャラリー」で1/5(水)から19(金)まで、江東区や港区などの運河を中心とした写真展が行われます。

どの写真も、ここ10年ほど前からの写真で今も残る「水の都」が再発見できる写真展ではないかと期待しています。

この写真展は、われわれが取り組んでいる「再発見!江東区の運河写真コンテスト」にも参考になる企画なのでとても興味があります。

今年も、えこっくる江東で6月に開催される予定の環境フェアで「運河写真コンテスト」を企画しています。

展覧会の詳しい内容はこちらから
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ことえこキャナルカフェ

2010-12-19 | エコリーダーの会&ことえこ(kotoeco)
本日、えこっくる江東でことえこキャナルカフェの定例をおこないました。
橋の上の蚤の市計画、ことえこ新聞、メルマガ、そして来年の6月開催予定の環境フェアで行う写真展&カフェの打ち合わせを行いました。
来年の写真展は、第2回目で前回の反省を踏まえ一段とバージョンアップします。
乞うご期待!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お餅つき会

2010-12-05 | エコリーダーの会&ことえこ(kotoeco)
くもひとつない快晴のなか、江東区の潮見にある「えこっくる江東」で、お餅つき会がありました。
エコリーダーの会が中心になって運営されています。





私も久しぶりに参加とお手伝いをさせていただきました。

子供たちがつく臼と、大人たちがつく臼と二つ用意しました。





お餅は、全部で16臼つきました。

お餅は全て、マイ箸とマイ皿を持参していただいた来館者に振舞われました。



私もところどころ、杵を持たせてもらいましたが、運動不足です。
息が上がると同時に、手がプルプルと震えて戦力としてはあまりお役にはたてませんでした。

来年は、一ヶ月前ぐらいから腕立て伏せでもして備えておこうと思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

江東区 環境フェア

2010-10-17 | エコリーダーの会&ことえこ(kotoeco)
江東区の木場公園で10/16(土)・17(日)に、江東区環境フェアが行われました。

年々規模も、参加者、来場者も増えているようです。

環境をテーマに、または環境活動を盛り上げるためにいろいろな催し物やブースが出展していました。

会場には、江東区のマスコットのコトットちゃんが来てました。
コトットちゃんは、カワセミがモデルとなったマスコットです。
触ったり、引っ張ったり、くちばしで遊んだり、とても手荒い扱いでしたが、子供たちには大変人気者でした。


ステージでは、親父バンドなど沢山のバンドが出場し快晴の中ビール片手にまったりと過している家族づれが多く見受けられました。


レインボーFM(79.2MHz)でも会場の様子を流していたようです。


新生大嶽部屋の力士たちによる、ちゃんこやうどんの販売が行われていました。

大嶽部屋関係者の知り合いに話を聞きましたが、大鵬親方の考えで出展が決定したようです。
環境フェアで相撲部屋の出展は「初」だそうです。
また、販売だけでなく、力士と子供たちがお相撲を通じて肌と肌のふれあいをしていました。

「気は優しくて、力持ち。」
このような機会を通じ、子供たちに相撲の楽しさ、面白さが伝わりどんどん裾のが広がっていけば良いなと思いました。

また、私の所属するエコリーダーの会も、えこクイズ、みどりのカーテン、太陽光の利用・・・などの出展ブースを出していました。
(今回は残念ながらお手伝いができませんでしたが、是非次回は・・・。ことえこキャナルカフェでも何かやれたらな・・・。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ことえこ 暑気払い&・・・

2010-08-05 | エコリーダーの会&ことえこ(kotoeco)
5/2(月)門前仲町のモツ鍋屋「はらへった」でことえこキャナルカフェメンバーで、写真展全般の反省会と今後の活動指針を打合せしました。

企画としては、
・最低年2回の写真展の開催
・運河に目を向けることを目的とした、定期的な蚤の市の開催
・ブログの充実
・ことえこ新聞の発行
・メールマガジンの発行
 ・・・・・・

年代、性別、職業が違う人と食事をすると色々な情報が飛び交ってとても面白くためになります。

なんだかんだで、2時間のコースで4時間も話し込んでしまって、お店の人すみませんでした。
月曜で客足が余り芳しくなかったのが何よりめぐみでした・・・。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ここが素敵!江東区の運河写真コンテスト」表彰式&ミニシンポジウム

2010-07-19 | エコリーダーの会&ことえこ(kotoeco)
7/17(土)「ここが素敵!江東区の写真コンテスト」の表彰式とミニシンポジウムがおこなわれました。

とにかく、全てがはじめてのことでキリキリまいでした。
(全てが初めてといくことで、諸々の不手際をご容赦願いたいということですが・・・。)

参加者は、20名弱でした。

えこっくる館長の挨拶の後、表彰を行い、ことえこキャナルカフェのメンバーが運河と環境についてのミニシンポジウムをおこないました。

その後、意見交換かうを行いましたが、皆さん最初はなかなか話がスムーズにいきませんでしたが、時間と共に小さなグループがいくつもできていました。

写真談義に花が咲くところ、今回の写真展について意見交換するところ、今後の展開について話すところ、様々でした。

取りあえず、第2回も開催できそうなので楽しみです。

もう一つ、今回の表彰式を江東区の広報番組「江東ワイドスクエア(1時間番組)」のケーブルテレビで放送していただけるということになりました。

放送は、江東区内のケーブルテレビアナログ(9ch)・デジタル(111ch)。
放送予定期間は、平成22年7月25日(日)から7月31日(土)の毎日4回(午前9時、正午、午後3時、午後7時)。
《今週の話題》で、時間内の2分程度で放映されます。

ご覧いただける方は是非とも・・・。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ここが素敵!・・・江東区の運河・・・」集計

2010-06-13 | エコリーダーの会&ことえこ(kotoeco)
「ここが素敵!江東区の運河写真コンテスト」の投票集計をおこないました。

総応募数150点。
賞は全て環境フェアで展示で来場していただいた人に投票していただきました。
金、銀、銅、特別賞を各1点づつ。
佳作5点。
L版賞5点。
を決定しました。

L版賞は、今回携帯からの応募も募ったためA4版まで引き伸ばせない写真が35点程ありました。
大判と比べるとどうしても画像、迫力の点で差が出てしました。
コンテストの主旨として、身近な風景を気軽に投稿するということもあり、急遽このサイズの賞を設定しました。

現在、えこっくる江東(江東区潮見1-29-7)の2階展示室で7/17まで展示を行っています。

表彰式は、7/17 えこっくる江東で午後2時より行います。
表彰式では、ことえこキャナルカフェの今後の取り組みやこれからの運河活用の展望をみんなで話し意見交換会を行う予定です。

江東区の運河空間の活用にご期待ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

江東区環境フェア&江東区の運河写真展

2010-06-06 | エコリーダーの会&ことえこ(kotoeco)
本日、6/6えこっくる江東にて、「江東区の環境フェア」が開催されました。


われわれ、「ことえこキャナルカフェ」メンバーも写真展の企画とカフェを出展しました。


写真展では、3ヵ月の準備の甲斐があり130点余りの応募がありました。

カフェでは、珈琲専門店のPICOさんの協力をえて上質な珈琲はじめ、100%ジュースや手作りパウンドケーキなどを提供できました。


出展の設営は、ほぼ25年前、大学の学園祭以来です。




ことえこブースの来店(来場)者数は、500名近くありかなり盛況でした。


私が今年から関っている、矢祭町のプロジェクトでも昨年「おらが町の写真コンテスト」的なものを行ったそうです。
写真を撮る人と写真を見る人がまちのことを考える良い機会になると実行委員のコメントを聞きましたが、まさにその通りでした。

特に、子供たちの感想がとても面白く、また建築や都市計画を考える上でとても参考になりました。

それと、中央の特設会場。
私としては一番先に目が行ったテントでした。
どのぐらいの時間で組み立て、どの位の時間で撤収できるのか・・・。
かなり勉強になりました。






環境フェアで展示した写真は、6/8-19までえこっくる江東の2階展示室で引き続き展示しています。


プロ、アマ、趣味???のごちゃ混ぜの展示ですがとても面白いです。

環境フェアらしく定番のソーラーカーの展示もありました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ここが素敵!江東区運河写真コンテスト」

2010-05-31 | エコリーダーの会&ことえこ(kotoeco)
環境フェアの展示に向け、最終打合せと確認を行いました。

応募総数は、120点を超え、応募者は60名を超えました。

少なくとも60名の方がここ数ヶ月、江東区の資源の「運河」に目を向けていただくきっかけになったことは素晴らしいことだと思います。

作品を通覧すると、十人十色、色々な運河の見方、捉え方があることが分かります。

是非、多くの方に見てもらえればと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ことえこキャナルカフェ 

2010-05-08 | エコリーダーの会&ことえこ(kotoeco)
ことえこキャナルカフェの環境フェア出展に向け打合せを行いました。

出展の目玉である写真展の応募作品も順調に数を増やしており、目標の100点は可能かもしれません。

写真の展示方法やカフェのメニューなどを話し合い徐々にイメージを固めています。

みんな初めての経験ですが、楽しみながらやれればという思いは今も色あせていないので本番が楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加