こころの・・・

^~^ ^~^ ^~^ スナフキンです
今日の貴方の心は~~~  

自分なりの精一杯の努力

2017-07-17 07:31:18 | 日記

作家,山本おさむさんの「どんぐりの家」は,

障害のある子どもを主人公とした作品であります。

この作品の中に,次のような内容が描かれています。

 

『 障害のあるその子は,小さいとき,ほとんど寝たきりだった。

   母親は,その子にご飯を食べさせ,おしめを取り替えるのが日課であった。

   そんな我が子を見ていると,

  「この子は,これで生きていると言えるのだろうか」とつい思ってしまう。

    ところが,ある日,いつものように,寝たきりの我が子のおしめを

   取り替えようとしていたとき,

    寝たきりのままの我が子の,微かではあるが,

    その子ならではの全力を振り絞って,腰を少しでも浮かそうとしている努力が,

    母の手に伝わってきた。

    その瞬間,この母は,重大なことに気付かされた。

    この子は,ただ無為に生きているのではない。

    この子は,自分なりの精一杯の努力を,たとえそれが,

    どんなに些細と思われる小さなことでも,

    精一杯生命を燃やしていたのだ。そう感じ取ったとき,

    その母は,育てる意味,生きる意味,働く意味を捉えなおした。』

 

私たちの人間観の中に,「人間として何ができる」とか,

直接的に「人間として何か他の人の役に立つ」など,

人間として生きている価値を,そこに置いた捉え方をしがちな一面があります。

「できる,できない」という物差しだけで人を見るとき,一見,

できないことの方が多いかもしれない障害のある人を,

一人の人間としての私は,どう見ているか。

また,親として,大人としてどう向き合っているか。

この作品は,そんな自問を,つまり,この世に生まれて生きる意味等を

深く考えさせられる作品でもあります。

 

パソコンの方は全画面で見て下さい

A Su

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お花 | トップ | 枕元のスピーカー »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。