最近感じること

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

スルメイカ、不漁続きで価格は例年の2倍以上

2017-05-15 16:50:17 | 日記
 2年連続の不漁でスルメイカの店頭価格が2倍以上になっているという。国立研究開発法人「水産研究・教育機構」によると、スルメイカの産卵地の東シナ海で海水温が下がったことが、不漁の原因とみられるという。スルメイカは日本海や太平洋の日本近海で取れ、全国で水揚げされる。年間17万㌧以上が消費されるイカの内、最もたくさん食べられるイカである。

 スルメイカ1杯は400円前後となり例年の150~200円の2倍以上でスーパー等の店頭に並べられている。全国漁業協同組合連合会によると、スルメイカの国内漁獲量は例年15万㌧前後だが、2015年は約11万㌧、16年は約6万㌧と記録的な不漁が続いた。

 店頭でスルメイカが見られない。先般スルメイカ・ムギイカ釣りに相模湾の釣り船に乗ったが、私のような素人にはやはり厳しく、釣果はダメだった。然し自宅に帰って食べたが味は格別だった。正に、釣り人の特権だった。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「2017年の世界の十大リスク... | トップ | 6月から酒類安売り規制強化、... »