最近感じること

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「木枯らし1号」が吹いた

2016-10-29 14:11:21 | 日記
 10/29日大阪管区気象台は、冬の訪れを告げる「木枯らし1号」が近畿地方に吹いたと発表。大阪市で11.5m、神戸市で15.8m、京都市で9.3m

 「木枯らし1号」は季節が秋から冬に変わる時期(二十四節気の「霜降」から「立冬」までの間)に始めて吹く北寄りの強い風のことをいいます。具体的には太平洋地域において、晩秋の11月から初冬の間に始めて吹く毎秒8m以上の北寄りの風のことです。西高東低の冬型の気圧配置となったことを示す現象。東京地方と近畿地方でこのように冬になったことを感じる風が吹き、「木枯らし1号」と発表されますが、それ以外の地域では「木枯らし1号」は発表されず、また「木枯らし2号」等はないのももっとな気がしますね。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11~1月の3か月予報・東日本... | トップ | 訪日客が2000万人を突破した... »