和の魅力

気になったこと書いています。

葛藤

2017-07-14 11:11:46 | 日記

 

早いもので、博多祇園山笠も今日を含めてあと2日となりました。

博多に着いた日は、時間的に流の舁き山出発に間に合わず、

でも、途中から拝見しました。

 

博多や山笠にとても興味津々だった妻が体調が復活してきたことから、

今年は自分の次の日に初博多入り、

そして、初山笠を見て感動してくれて嬉しかったです。

 

妻がいた時は、初博多で地理的に知らないことや

体調の関係から妻を一人にできなかったんですが、

昨日、妻を先に戻して、一人で山笠を観ていたら、

やはり無性に山が舁きたくてですね。

 

妻も、博多駅での別れ際、

今年は、私が居たから山笠に出られなかったね、ごめんね。

残りの日は山笠に出てね。

来年は、地理もある程度分かったし、体調もさらに良くなっているから、

山笠に専念できるね。

と言われて、

今年、山笠に出ない自分をすべて妻自らのせいだと言わせてしまった自分が

何かすごく嫌でした。

 

山を観ていて、自分を見つけた目の良い町の方々から、

早ぅ着替えてこんか!

詰所に顔出せ!

来いよ!

と等温かい声をかけてくださったことが大変嬉しく、

この町から今まで山笠に参加できて本当に良かったと改めて実感しました。

 

山笠グッツは一式持ってきたので、

あとは、今まで通りに町に顔を出して再会を楽しみ、

残りの日程を参加させていただくだけなんですが、

今はどうしても足を向けることができない自分がいます。

 

側から見れば小さなことなんですが、

自分にとっては大きく、根深く、残り続けており、

もう割り切ったと思っていましたが、

それが完全に吹っ切れていないことに気付いた自分がまだ居て、

そんな自分がすごく嫌だなと思っていてですね。

そんな今の自分で町の方々と会っても

お面をかけている表情で山笠を終えるのが、

何か町の方々に無礼で、山笠を汚しているように思えてしまって。

 

山を舁いている舁き手の皆さんは本当に良い表情をしています。

無心で、山を舁くことだけを考えていますからね。

かつての自分もそうだったと思いますが、

今の自分は、上部だけ笑っていて、

中身はしおれているひどい顔です(-_-;)

 

以前の自分に戻るにはもう少し時間がかかると思いました。

あとは自分の問題です。

今年は、山笠を観て、山笠に憧れていた頃の初心に戻ろうと思います。

 

来年、再び、町から参加を許していただけるのなら、

何もなかったように町に笑顔で顔を出して、

何も変わらず、以前と同じように山を舁けたらと思います。

 

さて、今日は流舁き。

明日は山笠のクライマックスである追い山です。

博多は晴天。

強い陽射しが差しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストレス発散 | トップ | 博多から東京へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。