ぱんくず日記

日々の記録と自己分析。

うーむ。

2007-09-30 22:59:42 | 
レモン形した月齢18の月も
この携帯ではこんなの。。。orz


ほしい・・・デジカメ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名月まんじゅう その3.

2007-09-30 22:53:47 | 
外側ふわふわ、
青豌豆の餡とろり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名月まんじゅう その2.

2007-09-30 22:53:05 | 
六花亭から毎年この季節に出る
名月まんじゅう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名月まんじゅう その1.

2007-09-30 22:52:11 | 
じじ宅で
大河ドラマ『風林火山』を見ながら
煎茶を啜った。
和菓子は週1回日曜日と決めており
大河ドラマ見ながら
いかにも日本の秋。www


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月。

2007-09-30 01:23:39 | 
教会月報も何とか間に合って
牧師先生からOK貰って
じじ宅に魚を補充しに行く時
雲の切れ目から
月が出たり隠れたりしていた。
月齢17日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メイド。

2007-09-29 17:47:17 | 
お土産その3はメイドクッキー。


メイド。
お女中さんの事か。
今でいう家政婦さんだな。
ほしよりこ著『きょうの猫村さん』みたいなね。


クッキーは2種類。
メープル味とミルク味。
食感は食べっこ動物にちょっと共通してるかな。
一枚一枚メイドの顔が焼き付けてあって
昨夜友達の店のカウンターで
いい年のオトナがきゃあきゃあ
見せっこし合っておいしく頂いたであるよ。


メイドのイラストを見てしみじみ。
今どきの若い衆はこういうのが好きであるか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まんじゅう!

2007-09-29 16:16:16 | 
一口サイズの
ホウレン草入りヨモギまんじゅうだったけど
ヨモギよりもホウレン草の味が勝ってたかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

包装紙

2007-09-29 16:13:55 | 
お土産その1は常盤堂の『雷おこし』。


お土産その2は
『逆風の中負けるな!晋ちゃんまんじゅう』。
一体この国ってどういう国なんだろ?


包装紙の前と後ろと中身を撮ってみた。
この包装紙のこてこてなイラストを皆で見て
昨夜しばしいろいろ語り合った・・・と思うんだけど
記憶に残っていない。


前総理があのような過程を辿って
入院し退任した今、
このまんじゅうのイラストを見ると嫌味だ。
批判、非協力に加え
徹底的にバカにされた挙句に潰れたのだったかと
しみじみ思うのであるよ。
別に私は前総理を良くも悪くも思った事ないが
スケープゴートは誰でも良くて
誰か特定の一人に面倒を負わせ
批判し愚弄の集中砲火を浴びせ
潰れたところを笑いものにするのが大好きな
日本人の性質が
こんなまんじゅうの包装紙にまで現れている。


たかがまんじゅう、
されどまんじゅう。
皆様もご覧あれ。
このまんじゅうの包装紙。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『駿馬』

2007-09-29 16:04:46 | 日常
友達のお店の名前であるよ。
昨夜はマイミクの大福さんとsnowさんと
お店を開いた方とでささやかに同窓会をした。
当然講習所に通ってた頃は誰もが失業中だったけど
今ではもう皆それぞれに働いていたりして
皆で集まるのは難しい。


大福さんが
東京からおみやげにちくわぶを買って来てくれた。
私がリクエストしたのだった。
友達特性の鍋に入れたら
これがまた合うんだわ。


ウマー(゜Д゜)


「お客が入らなくてねー」


と言っていた矢先、
うちのじじと同年代のお方がご来店。
語るわ歌うわ見ず知らずのお客同士なのに
フレンドリーで・・・
何だかすっかり楽しくなっちゃってたら・・・


カラン


「こんばんはー」


「いらっしゃいませー」


そしたらこれまた同じ世代と思われる老夫婦が
仲良く手をつないで来店された。
小さなお店のカウンターはこれでもう一杯だよ。


ご主人は白髭でダンディなキャラで
切れ味鋭い冗談をかっ飛ばしつつ
片麻痺のある夫人にかいがいしく手を添えて
体を支えたりコートの袖を通してやったり
いや、カッコイイ。
こういう人をカッコイイ男だと思うんだよ私は。
二人でカラオケを歌ってそれがまた上手いんだ。
軍歌なども歌ったりすると
一人で来てる方のお方が立ち上がって
直立不動で聞いてるのね。


「いやぁ、いい時代だよ。
 いい時代になったものだ。今は。
 何か好きに喋っても
 不敬罪で手錠掛けられて引っ張られる事もないし
 徴兵される事もない、
 うまい物もあるし、
 携帯で孫の動画も送られて来る。
 ありがたいもんだ。」


・・・しみじみ。


ひとしきり歌って堪能して
ご夫婦は仲良く二人で
手をつないで帰って行った。


「またここで会いましょう。」


ステキだね。


「あれが理想なのよ。
 あんな風に手に手を取って
 仲良く老いていけたらねぇ。」


またしみじみ。
一人で来ていたお方が
美空ひばりの歌を歌っていた。


♪あーあー
 かわのながれのようにー♪


いい歌だなあ。
しみじみ。
一人で来ていたお方も帰って行って、
さらに店のご主人が
すっかり出来上がった仲間を連れて帰って来た。
小さなカウンターがまた一杯になった。
皆で大福さんからの東京のお土産を開いた。


わーいわーい♪
常盤堂の雷おこし!
私がリクエストしたのであった。


んまいー・・・(T▽T)


あー
日本人でよかったなあ。
雷おこしウマイくて。
大福さんのお土産はさらに
アキバのメイドクッキーと
なななんと
晋ちゃんまんじゅう!!!
あの、これ・・・


「開かないで
 取って置いた方がいいんじゃない?
 もう消えるよこのまんじゅう。
 プレミア付くかも。」


とか言いながら
結局開いて食っちまったであるよ。
一口サイズの
ホウレン草入りヨモギまんじゅうだったけど
ヨモギよりもホウレン草の味が勝ってたかな。
アベさん、お疲れ様でした。


ご主人のお仲間が帰って行って
しばらく雑談して
気がつくとご主人がいない。
見るとカウンターの下に落ちていた。
ひぇーお疲れぇ・・・


友達の小さなお店を出た時は
外は冷え込んで
空にはオリオン座やすばるやシリウスが南中していた。
もう冬だよ。
酔っ払って屋外を歩くと凍死する季節がやって来た。


ふふふ
隠れ家的で家庭的でいいお店だ。
また行こ。


写真は焼き茄子の上で踊る花かつお。
実は、
自家製の生ハムが超美味で
写真に収めたのに何処かに行方不明になってしまった。
次回また食べよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

職業訓練の話

2007-09-29 15:37:36 | 日常
私が一昨年9月に
7年間勤務した救急病院を退職した失業中、
11月から翌年2月まで通った職安主催の職業訓練所は
まさにミラクルワールドだった。


職業訓練の科目としては、
ワードとエクセルの他に簿記の授業もあった。
この簿記というのが私にとっては別世界、異次元の分野で
全くついて行けなかった。
小学校から大学、看護学校、
学校と名の付く所にあってあれ程まで落ちこぼれた経験は
未だかつて無かった。
本当に、そこで私は
全く箸にも棒にも引っかからない、
絵に描いたような落ちこぼれ生徒だったであるよ。


簿記の先生のキャラは
オネエ言葉の山下清画伯みたいで
楽しかったんですけどね。


ちょうどその頃ライブドア事件で
ホリエモンとその仲間達がおナワになった。
そしたらその簿記の先生が授業で言ったね。


「ホリエモンは簿記をバカにして人任せにしたから
 あんなことになったの。
 簿記の神様に呪われたの。
 祟りよ祟り!」


って。
オモシロかったね。
オモシロかったけど私はテストで0点だったであるよ。


0点の私の答案に、
天才先生は「番町皿屋敷」の絵と
どくろマーク3個描いて返して寄越した。
私はその先生にテストの答案を褒められたな。


「おねっちゃん、
 あんたこれほどまでにできないと、
 むしろ潔いわね」


おねっちゃんって。
その先生、
実は私の同級生が18歳で生んだ子と同い年。
つまり息子でもおかしくないほど若い。
ワカドシヨリ。
先生は青江美奈のファン。
愛唱歌は「花町の母」。
私が過去ん十年生きて出会った奇人変人の中の、
5本の指に入る天才だった。


すごいの。
各種簿記(商業、工業…その他いろいろ)1級、
エクセルもワードも一級、
パソコン治したり組み立てたりして、
一瞬にしてとんでもない宇宙的な関数ワザを指で(!)
立ち上げる。
我々ジジババは
ほぇ~っと大口開けて感心するのみ。
しまいには拍手。
大道芸人か。
でも教科はなぜか簿記だけどね。


それでも私だって多少は努力もした。
甲斐あってか簿記のテストで72点取れたら、
先生は点数の代わりに「竹」って書いて返してきた。
はい。
竹を割ったような潔い性格なもんで。
をほほほほほ。。。orz
100点満点のテストに松竹梅の3段階評価だったよ。
しかも
100点の人に「梅」。
35点の人に「松」。
なんでだよー!
逆でしょ!


「だって、
 梅の方が花咲いて好きなんだもん。」


もうメチャクチャ。


先生の食生活がこれまたとんでもなかった。
火を通した肉は食べても元気が出ないのだそうだ。


「肉はナマじゃなきゃイヤっ!」


って言ってた。
鮭の刺身が大好きで、
ナマの鮭一匹の半身分を切らずに醤油つけて
齧って完食すると言ってた。
今に腹ん中に虫が湧くよきっと。
「昨夜ね、こんなの食べたの。」って、
授業で普通に話してた。


先生の得意料理は
「特製いもじゃけラーメン」だって。
醤油ラーメンに茹でたジャガイモと鮭のナマの刺身を
トッピングするんだって。
もう一つの得意料理は「半殺しラーメン」。
塩ラーメンにナマの肉をトッピング…・・・・orz。


お母さんがさそんな先生に
「草も食べなさい」って言うらしいけど、
先生は、
ある日お母さんの作った味噌汁に
煮込んであったキノコを食べて
具合が悪くなって病院に行った。
そこで医師に
「毒キノコ食べましたね」と診断されたそうだ。


生肉や生鮭ばかり食べていると
今に心筋梗塞か脳梗塞になるよと脅したら、
先生はジャガイモダイエットをすると言い出した。


先生は自宅でジャガイモを千切りにして
揚げて完食したんだって。
すなわちフライドポテト。
一回にジャガイモ30個だそうで。
2週間で体重が8キロ増えて、
ズボンの前が壊れてた。
よく転んでたしね。
パソコンばかりしているので
足腰が極度に弱ってたんだねきっと。
彼の寿命は短いと思う。
まだ若いのに。
大きなお世話か。


私は最前列中央のかぶりつき席だった。
シミのついたピンクのネクタイと
ぶっ壊れたままだったズボンのベルトを
至近距離で毎日見てたよ。


私があまりにも簿記のできが悪いので、
脅かすつもりだったのか、
廊下で行き会うと声をかけてきた。


「あなたの後ろに霊がいる!
キツネだよキツネ!コ~ンコ~ン・・・」


誰が驚くよ。
何だか書いてて頭痛くなってきた。
生け捕りにして
うちのキリスト教の教会に
引き摺って連れて行こうかと思ったね。
まず餌付けだな。
しかし
先生本人は
野人でもオカマでもないそうで、
「オトメなの」と自らを評価していた。


あ、
それと先生は漢字を書けない。
野人だからではなく、
パソコン操作の技術に卓越するあまり、
漢字が書けなくなったので、
生物学的に言えば退化だ。
授業は常に携帯を辞書代わりに持参していた。
持っていないと大変なことになる。
勝手に「へん」と「つくり」を組み合わせて
オリジナルな漢字をあみ出すので、
先生が授業でホワイトボードに書く文字を誰も読めない。
先生が訓練所の講師として入社した時の履歴書は、
「お願い致します」と書くべき所が全て
「お願い倒します」になっているそうだよ。
先生自分で言ってんだもの授業で。


いや実際、
他人事ではない。
今私が再就職して働いてる某老人病院は、
記録が全部手書きなの。
原始的でしょ?
この「原始的」が私は全然ダメ。
手書きで字が書けない。
まずい。
まず過ぎる。
業務の中で記録が一番苦労してて、
無意味な残業になってしまう。


先生の夢は
宝くじに当たって
松坂牛と
イベリコ豚と
ケンタッキーフライドチキンを
気が済むまで食べる事だそうである。


「宝くじ当たったら、
 食べて食べて…、
 きっと死んじゃうわ」


って
先生本人が言ってた。


その先生は仕事帰りに
よく某大型マーケットの食品コーナーで
たこ焼き買って
バス待ちしながらベンチで食べてたという。
先生の話によると、
ある日ベンチでバス待ちながら
またたこ焼き食べてると、
隣に婆さんが座ってきた。
そして
その婆さん、懐からティシュ出して


「ほれ、口に付いてるよ」


って先生の口を拭いた。
先生曰く


「なんかね、
 アタシ、頭の弱い人だと思われたみたい」


その婆さんが
たこ焼き食べてる先生をじーーーーーっと見るので、
先生が「食べる?」って差し出したら辞退した。


「いいや、そんなつもりじゃない」


ってどんなつもりなの。


先生はバス待ち場所として、
その大型マーケット以外に
パチンコ店の入り口のベンチも利用していた。
先生の友達がそのパチンコ店で働いてて、
知らせてくれたんだって。


「お前、
 不審者と思われてるぞ」


精神的にへこみがちな失業期間を
とっても楽しく過ごせたのは
あの先生のおかげだったよ。
クラスは皆仲良かったし。
楽しかった。
それで昨夜はプチ同窓会やって
お喋りしたのだった。


写真は、
この店の自家製ベーコン。
香りが良くて塩加減がちょうど良くて美味。
アスパラも自家製栽培。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同窓会

2007-09-29 15:08:48 | 日常
昨夜、友達の店でプチ同窓会をした。
同窓会と言っても
看護学校のではなく
大学のではなく
高校のでもなく
中学のでもなく
小学校や幼稚園でもない。
以前私が長年勤務した職場を退職して
じじの住環境を整えていた失業期間に通った
職業訓練の講習の仲間の同窓会。


たった3ヶ月間の講習だったけど
楽しかったであるよ。
簿記の先生も面白かったしね。
どんな風に面白かったかはこの次の記事に書こう。


写真は、
同じ同窓の仲間であるママが育てたジャンボししとう。
肉厚で甘味があって美味。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲の流れ

2007-09-29 11:40:10 | 日常



昨夕の夕焼け雲を
長方形の枠の中に収めて見て
木星表面を覆う雲を連想した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しいからでっかく。

2007-09-28 17:45:43 | 
ばばーん!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薔薇色の雲 その3.

2007-09-28 17:42:16 | 
ふふっ
やったぁ。


撮ったぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薔薇色の雲 その2.

2007-09-28 17:41:23 | 
今、
窓の外が赤かったので見ると
深紅には及ばないが
薔薇色の雲が。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加