立山のおじさん

北アルプス 立山山麓物語

キノコの魔力に誘われて・・・・

2016年09月18日 | Weblog

取り残しの舞茸を採りに行き見ると大きくなっている。

4日前の取り残し舞茸は5センチから20センチの大きさに成長している。

次に楢ノ木に出ていたのがマスタケ・・・・食べごろの物で耳たぶの柔らかさだ。

この柔らかさが天ぷらにして揚げると鶏肉の感じを思わせる。

山中の団子と呼ばれているキツネノチャブクロがある。

此れも、真ん中の窪みから白い胞子を吹き出す前に採らないと食べることは出来ないので1個ずつ押さえて確認しながら採る。

少し歩くと舞茸に遭遇する。 此れは大きい・・・・

 

 

続いて2株目にも当たる。周りには小さいものも・・・・

今年は当たり年なのか・・・・それにしても少し早く出ている気がする。

例年と違い下界では、9月初めから庭の芝の上には多くのキノコが芽を出している。

湿気が多く、気温も高い、昨夜から朝晩の寒気も肌に感ずる様になっては来たので

キノコのオンパレードになる気がするが、ブナハリ茸・ツキヨ茸を見掛けないのが不思議である。

 

 

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山の魔力とは・・・・ | トップ | 立山アルペンルートへ歓迎し... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事