立山のおじさん

北アルプス 立山山麓物語

パンパスグラスに一目惚れ

2016年10月12日 | Weblog

予てから、見たいと思っていた富山県中央植物園へ行って来ました。何と・・・今年の4月から70歳以上は無料と書いてある。(運転免許書を見せる) 喜んで良いのか・・・悲しむべきか・・・老いたる心は複雑です。

園内を散策していると目に止まったのが見たこともないススキ・・・?   ? ?

緑の庭園を確りとまとめ挙げていて、見上げるだけで圧倒する。周囲の樹木の風景を撥ね退ける勢いがあり、小さい花壇の植物は一段と小さく見えてくる。    素晴らしい・・・・

花壇の前の案内板には、「パンパスグラス」と書いてあり、産地は、南米・アルゼンチン・チリーと書いてある。

 

 

広い場所の芝の緑と一体となり見る人を圧倒し思わず 凄い・・・の声が出る。

 

  背丈は約4mある。

園内を一周していると渡り鳥であるカモ達が大きいハスの上で休んでいる。

見学を終わり、「パンパスグラス」を育ててみたくなり近くの園芸店へ行くと品物があった。

種類では、白は、4m位大きくなる。赤は、1m位しか大きくならないと聞き白に決める。早速、家の畑に株分けして植える。2年から3年で大きくなると言うから楽しみが増えました。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巨木は語る | トップ | 立山山麓の白樺平へ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む