思いつくままに

自分が観た映画や、読んだ本の感想をちょこちょこ残していきます。

【MOVIE 】みえない雲

2007-01-01 19:09:08 | MOVIE
■感想など
他人事とは言い切れない。

もう年が明けてしまいましたが、これが私の2006年最後の映画でした。

原発事故とラブストーリーが入り組んでいる展開で、恋人もできかけ、幸せな人生を
送りつつあったハンナは、ある日突然発せられたABC警報により、その後の人生が
想いもよらなかった方向に進んでしまい、彼女に不幸な出来事が次々と訪れます。
しかし、そんな中彼女は愛するエルマーとともに、病気を克服し、新しい人生に
向かって一生懸命生きていくというお話しです。

この映画を観ながら、自分は日本の原発がどこにあるかも知らないという
ことに改めて気づかされました。オフィシャルページの資料を見たところ、
全国で55基も動いてるんですね。せいぜい10数基くらいかと思ってました...。

ハンブルクにある医療施設にて、若い医者が原発に対する怒りを込めて「政治家め」
というシーンがあるのですが、こういうのを観ると、いつも気になります。という
のも、実際に電気を使っているのは自分たち市民で、我々が使用する電気を供給する
ために原発を作っているのに、それに対して文句を言うと言うのは、なんとなく
矛盾していると言うか、お門違いと言う気がするのですが、どうなんでしょう?

ラストが希望の持てる終わり方だったのがさわやかでよかったです。
暗い雰囲気のまま終わらせるという方法もあったのでは、とも思いますが
ラブストーリー部分を引き立たせるには、こちらの方がいいですね。

オフィシャルページ

■観賞日:2006年12月30日

■観賞場所:シネカノン有楽町
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【MOVIE】鉄コン筋コンクリート | トップ | 【DVD】禁じられた遊び »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~ (八ちゃん)
2007-01-05 22:16:11
TBさせていただきます。自分も2006年最後の映画でした。31日だったのでガラガラでしたが、どうでしたか?
前向きな後半の描写は自分も感激しました。
混雑状況 (t-higu)
2007-01-05 22:41:55
> 八ちゃんさん

TB&コメントありがとうございます。
僕は30日の最後の回だったかと思いますが、大して人は入って
なかったですよ。僕は割と前の席が好きなのですが、自分より
前は1人か2人くらいしかいなくて、後ろの方も10人いるか
いないかくらいでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「みえない雲」:新浜川橋バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}なに、このガウディのできそこないみたいな施設は? {/kaeru_en4/}よくわからん。地下道かとも思ったが、ドアも閉じられてるし。 {/hiyo_en2/}核シェルターかしら。 {/kaeru_en4/}日本でこんな公道に核シェルターなんてあるか? {/hiyo_en2/}そりゃそ ...
みえない雲 (八ちゃんの日常空間)
原発事故で被曝しながら、その事実を受け入れ前向きに生きようとする少女の甘く切ないラブストーリー。さわやかな明るい映画なのに、マジマジと「見えない恐怖」をスクリーンから伝えてくる。パニック映画でない事がある意味成功しているのだ。
真・映画日記『みえない雲』 (CHEAP THRILL)
1月4日(木) 仕事初め。 一年で一番仕事が楽な一日。 今年は5日からという所が多いので、 なおさら楽だった。 午後4時10分に終業。 おっ、これなら『みえない雲』の5時からの回に間に合う。 三田線から日比谷に出る。 日比谷に着き、 出口A4aのビッ ...
#4.みえない雲 (レザボアCATs)
原発事故という重いテーマを扱った社会派ドラマでありながら、なぜか生きる希望とか愛の強さを感じさせる、ドイツ映画。    
映画『みえない雲』を観て (KINTYRE’SDIARY)
2.みえない雲■原題:DieWolke■製作年・国:2006年、ドイツ■上映時間:103分■鑑賞日:1月8日 シネカノン有楽町(有楽町)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督:グレゴール・シュニッツラー□製作:マルクス・ツィンマーキャスト◆パウラ・カレ ...