あいあいネットワークofHRSのブログ

人間関係づくり・人間力育成の授業

2013年2月20日 高知県黒潮町立大方中学校 授業研究会

2013-02-19 17:36:07 | 研修会

レジメ(携帯用)

今日の大方中学校授業研究会は、あいあいネットワークofHRSにとって記念すべき会となりました。それは、この2年半にわたるコーディネーション校である大方中学校と、昨年からのコーディネーション校である松江市立第一中学校が授業研究会のもとに出会うことができたからです。点が線につながりました。

大方中学校の校内研修会は今日で7回目です。私の今までの活動は大方中学校に支えられてきたと言っても過言ではありません。高知県教育委員会の生徒指導主事育成プログラムからのおつき合いですが、「やる」という姿勢がなければこの段階まで来ることはできません。あいあいネットワークofHRSの年間8時間×3学年=24時間のプログラムを先行実施していただいている大方中学校では、人間関係づくりの授業を進めていくことで、学力向上、自尊感情の向上という成果を上げてきたということを発信しています。(参考:「指導と評価」2013年3月号、黒潮町立大方中学校長:岡崎哲也)

そんな中での授業研究会でしたので、授業者の網師本先生をはじめとする1年生の学年団の先生たちへのプレッシャーも大きかったのではないかと思います。授業を終えての感想ですが、すごく良い授業であったと思っています。それは、授業始めの子どもへの提示と授業の終わりの指導者の言葉というところにあらわれていました。それは絶妙なさじ加減です。ファシリテーションと予定調和の配分です。予定調和が入ると子どもの主体を育てるという部分から離れていくものですし、完全にファシリテーションというものに徹するということは大事なことなのですが、教員も成長過程にあるとすれば、この二つの要素を微妙に組み合わせていくことで、その境地に達していくという作業が必要になってくるのではないかと思うのです。そう言う意味で、この作業を意識的にやっておられた網師本先生の努力が伝わってきました。

また、研修の内容では、主体的-インサイドアウト、依存的-アウトサイドインという概念であらわすことで、より現実の問題として具体的なシルエットを頭に描きながら、理想の姿をイメージできたのではないかと思います。7回目の研修ですから、クオリティーは高まっていきます。私も自然と成長させてもらっています。

***************************************************************************************

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

学校の先生119番URL:http://aiainet-hrs.jp/10sensei119/index.htm

(mail:info@aiainet-hrs.jp)

(コメント欄のメールアドレスとURLは必須ではありません。)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2013年2月6日 島根県... | トップ | 2013年2月21日 高知... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今日も遠い高知まで来てお話して下さり、有難うご... (年女)
2013-02-20 17:19:41
今日も遠い高知まで来てお話して下さり、有難うございました。自分の声を聴くことのできた時間になりました。生徒との関係が上手くいかず悩んでいますが、 職場の先生方と相談しながら、改善していきたいです。今日の授業研も大変参考になりました。
いつも思うのですが、やらされているのではなく、... (hana)
2013-02-20 17:28:25
いつも思うのですが、やらされているのではなく、やっている感が見える授業。真似させていただきたいと思います。高知の空同様、晴れやかな気持ちで見させていただきました。アシ先生、ありがとうございました。また、深美先生には、今までと違う職員、保護者、生徒も絡めたインサイドアウトのお話。目からうろこでした。明日、また来週も楽しみにしています。宜しくお願い致します。
島根県から勉強に来ました。ストレス体験の授業は... (はしけん)
2013-02-20 17:29:29
島根県から勉強に来ました。ストレス体験の授業は先生も生徒も素敵でした。こどもたちの気づきとシェアリング、バッチリでした!
授業後の研修では、依存的な人と主体的な人について図解と具体例でよく理解できました。深美先生ありがとうございました。大方中の皆様ありがとうございました。
自分の心の声を聴くという分かっているようで忘れ... (川上)
2013-02-20 17:31:56
自分の心の声を聴くという分かっているようで忘れてしまっていることでした。人間関係をつくっていく中で、相手の声に耳をといいつつ、最後にはやはり自分の選択が、大切なんだと感じました。我々自身もインサイドアウトの思いをもって、これからの取組を積み重ねていきたいです。
毎回気づきのある研修でまだまだ勉強不足を感じさ... (おかてつ)
2013-02-20 23:34:39
毎回気づきのある研修でまだまだ勉強不足を感じさせられます。
マネジメントを勉強しているつもりでも、間違えてしまう。まだまだです。
インサイドアウトの考え方になっていないからだと思います。
常に自分と向き合って、自分の心に聴いていきたいと思います。
今回の研修は、松江市立第一中学校の先生方との交流もでき、有意義な研修となりました。
本当にありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします。
校長先生をはじめ大方中の先生方、ほんとにありがと... (アニキ)
2013-02-21 07:44:45
校長先生をはじめ大方中の先生方、ほんとにありがとうございました。はつらつとした子どもたちと、先生方の笑顔がとっても素敵な授業でした。私たちも、あんな授業をモデルにして「一中版」プログラムづくりに取り組んでいきたいと思います。深美先生の「インサイドアウト」のお話は、主体的と依存的の理解がさらに深まりました。さらに、先生方との交流会も、力強い同志に出会えたようで、とてもうれしく思いました。今後も、繋がりを深め進んでいきたいと思います。よろしくお願いします。校長先生、まずは「文通」からですね。(笑)ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。