あいあいネットワークofHRSのブログ

人間関係づくり・人間力育成の授業

2016年7月19日 奈良女子大学臨床心理相談特論⑤

2016-07-18 19:23:23 | 授業

 

今日は奈良女子大臨床心理相談特論5回目でした。

新しいメンバーも加わって20名ほどの参加です。

5回目ともなりますとなかみも深まってきます。

院生2回生の中岡美玖さん、池田侑美さんにお手伝いしてもらってアサーションロールプレイングです。

臨床心理士をめざしておられる方へのロールプレイングでしたので、かなりじっくりとふりかえりをしました。

アサーションを使う人とは、「感情対処(自己管理)」ができて「共感性」豊かな人なのです。

「訊いて聴く」ことができるのはそういう人です。

ぜひともみなさんがめざしてほしい人間像ですね。

お二人とも良い演技をしてくださいました。


5年間愛用してきた笛が前回池島中学校の研修以来行方不明になってしまいました。

さっそく100均で調達したのが「あひる笛」、ガアガアと鳴きます。

しかし~、肺活量が多くいります。

赤ちゃん用のパフパフも入手しましたが、もう少し物色してみます。

 

***

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

(mail:info@aiainet-hrs.jp)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年6月29日 大阪... | トップ | 2016年7月26日 大阪... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひぐち)
2016-07-19 10:29:32
ロールプレイを見せていただいたので、とてもわかりやすかったです。ロールプレイで見ているとどこがいけないのかわかりやすいですが、普段のコミュニケーションでは意識してないとやってしまいがちなことも多いと思いました。主張の内容は同じでも、伝え方によってお互いの感情が全く違ってくるとも思いました。日頃のコミュニケーションにおいてもDESC法を意識していきたいと思います。ありがとうございました。
Unknown (たにもと)
2016-07-19 10:35:20
今回、2つのロールプレイから「話の聴き方」の大切さを改めて感じました。聴く側の反応や態度によって、話の方向が大きく変わるんだなぁと思いました。また、ロールプレイを実際に見て考えることで、実際の場面をイメージでき、分かりやすかったです。
今回学んだ話の聴き方は、日常の様々な場面で、役に立つのではないかと思いました。

次回も楽しみにしています。
よろしくお願い致します。
Unknown (いしい)
2016-07-19 10:35:29
今日はありがとうございました。アサーションロールプレイはほとんど初めて見たので、なるほどな、こうやってワークを進めていくのだな、と思いました。今回特に印象に残っているのは、ロールプレイ1つ目の対応の仕方で、聞き手自身の感情が異なるというところです。頼み事を断られた話し手はもちろん、断った側の聞き手も自分の発言で気分を悪くしてしまうことがあります。DESCを行うことで、相手も自分も気持ちよくコミュニケーションをとれることに気づきました。これはある意味訓練によってどんな人でもできる可能性があることです。私自身ももっとアサーションを勉強していきたいと思いました。
Unknown (つきやま)
2016-07-19 10:35:43
今日も楽しい授業をありがとうございました。最近、カウンセリングとは何か、話を聴くとはどういうことかを考えていたのですが、今日の授業で気づきが生まれた気がします。DESC法などとても勉強になりました。これから、自分でも実践しながらもっと深めていきたいです。ありがとうございました。
Unknown (やまもとまい)
2016-07-19 10:36:16
相手の言葉を繰り返すことで、自身の感情対処をしているということに初めて気づきました。共感してから主張することは分かっていたつもりでしたが、ロールプレイをしていただき、より実感できました。ありがとうございました
Unknown (うらかわ)
2016-07-19 10:36:33
本日はありがとうございました。

アサーションのロールプレイでは、「くりかえす」の段階に感情対処の目的があることに驚きました。ただ単にくりかえしているように感じていましたが、あの間があることですっと一息つける瞬間があるのは効果的だなと感じました。
また悩み相談では、訊く→聴く→かえすの流れがとても重要だと実際にロールプレイをみて実感しました。
Unknown (かじもと)
2016-07-19 10:36:36
アサーションのDESC法をはじめて知りました。
私は自己主張が苦手というか、めんどくさいと思ってしまうことが多く、相手に何かを頼まれたり意見されたりすると、受身的になってしまうことが多いのですが、言葉を繰り返すなど、具体的な方法が知れたので、覚えておきたいと思います。
ロールプレイでもアサーションを行っているパターンのものが一番時間が長かったように、アサーションは時間や労力がかかるものだと思いますが、結果的には自分のことも相手のことも大切に思うコミュニケーションの方法なのだと思いました。
Unknown (にしお)
2016-07-19 10:37:08
共感した上で自分の意見を主張することが、自分の気持ちを溜めないためのストレスマネージメントになるのだと気づきました。また、人と関わるときに求めるだけではいけないなと反省しました。
ロールプレイの「宿題見せて」では、宿題を一緒にやるということは、面倒だと感じていました。しかし、教えることで自分の教科に対する理解が深まるし、相手との関わりも深くなるなと感じました。
ありがとうございました。
Unknown (奥田景子)
2016-07-19 10:37:42
初めて授業に参加させていただきました。
アサーションという言葉は知っていたものの、こうやって授業を受けるのはすごく勉強になりました。攻撃的な言い方は私自身も嫌な気持ちになったりして、先生やお手伝いをされていた方の演技力も素晴らしく分かりやすかったです。相手をセンターにおくという聴き方をこれから実践していきたいなと思いました。
ありがとうございました。 (池田)
2016-07-19 10:38:22
ロールプレイをやることに必死だったというのが正直な感想ですが、やはりパターンごとに特徴があり、こんな人いるな〜というものばかりでした。最後の人のようにじっくり話を聞いて少しずつ解決へもっていくことができるのが1番良いですが、それにはやはり聴く側の余裕や裁量といったものが必要ではないのかなと感じました。アサーションが普通にできる人が羨ましいなあと思います。あと半年、NJDで頑張ります!細かなご指導ありがとうございました。楽しかったです。
Unknown (ファン)
2016-07-19 10:38:52
今日のワークショップは、ロールプレイを通じて、人間関係の中に対応の仕方によって、相手がどう気持ちになるか、また、どのような結果になるのかということを検討した。対人関係の交互作用の流れ、自己主張と自他尊重の間にバランスを取る方法、相手の意思を尊重して話を訊く、聞くことをとてもわかりやすく、面白かったです。
Unknown (なかおかみく)
2016-07-19 10:40:49
本日はありがとうございました。

ロールプレイにも参加させて頂き、貴重な体験となりました。

アサーティブな関わりや傾聴をするためには、相手を思いやる気持ちが伝わるかどうかが大切なように感じました。

1本目のやんちゃな男の子の役を演じた際に、何が違ったのか考えてみると、「野球好きやもんなぁ」「テストに出るからお前のためにならん」と、無茶を言っている私を理解してくれようとする思いやりの気持ちが伝わってきたなぁと思います。

まあ、2本目のロールプレイを拝見していても、話を聴く先生が相談に来た女の子を理解しようとしている気持ちが伝わった時、話を聴けていると感じました。

質問の仕方、聴き方、方法論はいくらでもありますが、それよりも「あなたのことが知りたい」「あなたのことを一緒に考えたい」という気持ちが伝わるかどうかを大切にして、カウンセリングにも臨みたいなと思います。

ありがとうございました!
Unknown (さわだ)
2016-07-19 11:03:41
ロールプレイを見て、宿題を見せてと言われたとき、「間違ってるから見せたくない」とごまかすか、「今回だけ」と見せていたことを思い出しました。
その結果、宿題を見せることが多くなってしまいました。相手を助けるというよりも、自分が損をするような対応をしたために、そういうことご起こったのだと思いました。

相談を受けると、頼られた感じがしてつい一方的にアドバイスをしてしまいそうになる気がします。
主役は相手であり、こちらは聴く、ということを意識していきたいです。
ありがとうございました。
講義の感想 (上出歩)
2016-07-19 14:12:41
学部生の上出です。本日の授業とても楽しく受講させていただきました。私は家庭教師をやっていて、生徒さんもよく宿題を忘れてしまうことがあったのですが、そういったとき自分自身がもっと怒れる人だったら、この子はきちんと宿題をしてくるのかもしれないと勝手に思い込んで自己嫌悪に陥っていました。しかし今回授業で、宿題を忘れた子に対して頭ごなしに主張するのではなく、一回自分が落ち着いて、さらに相手に共感することで初めて主張するまでの土台ができるということを知り、とても参考になりました。このようなアサーションを意識して生徒さんに声かけしていきたいと思います。ありがとうございました。
『聴く』こと。 (Haruka Nakamura)
2016-07-19 14:18:55
今日も大学院の授業にお邪魔してきました^ ^

学校現場を想定したロールプレイを通して相手の主張を聴き、自分の主張を伝える流れを勉強しました。

相手の話に耳をふさぐのではなく、
話を繰り返して感情をコントロールしつつ、
自分の主張を伝える。

これは学校だけでなく、
親との会話や今の人間関係、そして社会に出てからも非常に役に立つと実感し、さっそく実践してみたいと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。