あいあいネットワークofHRSのブログ

人間関係づくり・人間力育成の授業

2016年11月23日 人間力向上のための教育力upセミナーin直心道場

2016-11-22 19:52:04 | セミナー

 

JR大和高田駅前のさざんか通りという商店街を入ったところにある「さざんかホール」で直心道場セミナーでした。

中学校教員の栗山さん、奥西さん。高校教員のShin Sakaさん。高校で司書をしておられるいわさきさん。小学校でアンガ―マネジメントにとりくんでおられるいしばさんです。

わたし自身、原点に返った気持ちになりました。

5年前までは、松原第七中学校へ次々と訪問してくださる学校や教育委員会の先生方を相手にしてファシリテーションしてました。

それがベースになって今の仕事につながってます。

今日のセミナー、すごくよかったです。

「コミュニケーションの相手は自分自身であるということがベースである」というところまで深まるとは・・・。

みなさん、ぜひ次回もお願いいたします。

 

 

***

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年10月18日 大... | トップ | 2016年12月13日 奈... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
立派な会議室にビックリ! (奥西)
2016-11-23 21:13:34
2回目の研修会参加でした。
前回は現任校の職員研修で深美先生に来ていただいたので、同じ職場の先生方と学ばせていただきましたが、今回は小・中・高の先生方とも交流できたので、よかったです。
違う校種の方とお話するのも、大変勉強になりました。
ありがとうございました。
Unknown (栗山泰幸)
2016-11-23 22:12:50
心を育てる教育の輪『直心道場』代表の栗山泰幸です。

今日は講師をしていただきありがとうございました。私自身3回目のご講義でしたが、新たな気づきや深まりがあり、あっという間の3時間でした。

世の中の枠組みがすでに変わっているということ。その事実と社会の変化をきちんと受け止められているか。現代社会の課題を正しく見定めつつ、教育の現場でできる実践をより具体的に検討していくあり方が、やはり私には響きます。何かを身につける時間というより、私には自分自身への気づきをより深めていく時間という説明があっているかもしれません。ありがとうございました。

これまでは官製研修でお世話になりましたが、今回は私が主催者になりました。不慣れな運営でご迷惑をかけたかもしれませんが、ご容赦いただき、快くご講義いただいたこと、改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。
ありがとうございました (井芝満喜子)
2016-11-24 06:19:25
小学校で勤務しております井芝満喜子です。深美先生、昨日は本当にありがとうございました。またこの研修に声をかけて下さった栗山先生ありがとうございます。
深美先生のお話を初めてお聞きしました。私は「コミュニケーションの相手は自分自身である。自己とのコミュニケーションが取れれば必然的に他者とのコミュニケーションは上手くいく」という言葉にハッとさせられました。
上手くいかない理由を他者の責任にする前に、まず自分自身と対話をして、自分自身に問いかけながら上手くいかない原因を探っていくことの大切さに気づかされました。正しい自己開示ができる人間になりたいと強く思いました。
まだまだお話を聞かせて頂きたいと思いました。またお会いできるのを楽しみにしています。ありがとうございました!
Unknown (岩崎)
2016-11-24 14:32:09
深美先生
昨日は有意義な時間をありがとうございました。
先生のお話、また、参加者での対話でたくさん気づきがありました。
アンガーマネジメントでは、怒りのもとになる深い一次感情に自分で寄り添う。コミュニケーションでも相手は他者でなく己である。といつも振り返るべき相手は自己なのだと聞いて、納得しました。
今日の大きなお土産でした。他の校種の先生方と交流でき、嬉しい一時となりました。
有難うございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。