あいあいネットワークofHRSのブログ

人間関係づくり・人間力育成の授業

2013年8月16日 高知県香美市立大宮小学校・香北中学校 夏期合同研修会

2013-08-16 09:10:27 | 研修会

大宮小学校・香北中学校の合同研修会、香北中学校の先生方とは初めての出会いでしたが、初めてとは思えない空気が場に漂っていました。鏡野中学で知り合いになりました坂下先生が、いろいろと進めて下さっていたようで、香北中学校の先生方から「待ってました!!」とでもいうようなオーラを感じました。

短時間の研修でしたが、そんな雰囲気の中で、エッセンスをドンと入れることが出来たと思います。

夜の交流会でも、「さかなちゃん」をはじめとして、多くの小中の先生方がストロークを投げかけて下さったので、私自身、大いに勉強になりました。また、必ずお会いしましょうね。

**************************************************************************************

7chubook子どもが先生が地域とともに元気になる人間関係学科の実践

価格:¥ 2,520(税込)

**************************************************************************************

Aiainet

 

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

学校の先生119番URL:http://aiainet-hrs.jp/10sensei119/index.htm

(mail:info@aiainet-hrs.jp)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2013年8月15日 高知... | トップ | 2013年8月19日 大阪... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やっちゃん)
2013-08-16 16:49:25
わかりやすい内容でした。
ありがとうございました。
Unknown (福山まさはる)
2013-08-16 16:50:32
大変勉強になりました。いじめの構造は理解しているつもりですが、そのピラミッドの中間層への具体的な支援で悩むことが多いです。実践しつつ様々な角度、視点から検証を繰り返していきたいと思います。
Unknown (さかなちゃん>゜)))彡)
2013-08-16 16:50:40
楽しいアイスブレークから始まり、一人一人に語りかけるお話、そして最後はストンと心に落ちる結論。本日もありがとうございました。

2学期からも子どもたちのために、 楽しく(笑)がんばれそうです。

Unknown (やまちゃん)
2013-08-16 16:51:40
今日はありがとうございました。自分が受けてきた教育と今のこどもたちにあっはた教育を考えていかなければいけないなと思います。先生の楽しい話があっという間の時間になったので、早く終わってしまい、残念です。私には、幼い子どもがいます。家庭教育の大切さも最近いろんな場面で感じます。がんばります。
Unknown (しのしの)
2013-08-16 16:52:48
今日はありがとうございました。
深見先生に名前を覚えて頂いていたことに感動しました!!

今の社会は生きにくいですね。
でも、深見先生に教わったことを頭に入れて、目の前の子どもたちのいいところを見つけながら頑ながら張っていきたいと思います!!

今日も楽しいお話をありがとうございました!!
Unknown (トミー)
2013-08-16 16:56:04
親しみ満点の先生のお話し楽しく、そして深く学ばせて頂きました。ICT時代の今、先生手作りの貼り物でのお話しも最高でした。最後の振り返りが携帯からの入力というギャップもよかったです。主体的な子どもを育て、環境が変化しても、悪いことは、悪い。と伝えていきたいと思います。
Unknown (くっすぅ)
2013-08-16 20:56:00
今日は、ありがとうございました。
先生の話術に引き込まれ、また小中学校間での交流も図りながら、楽しく学ぶことができました。人間関係の構造は、まさしくその通りだなと思いました。主体的に生きていける人間を育てていかなくてはならないなと強く感じました。その為には、まず自分が主体的であることを心掛けていきます!
Unknown (エイミー)
2013-08-16 22:41:07
トークスキルと視覚支援に加えて、根拠となる情報を柱にしたお話の内容がストンと心に落ちました。時間がなくて、エクササイズができなかったのが残念でした。低年齢のプロブレムの方が対応が大変だというお話には共感します。支援方法の手立ては早期対応が重要と考えます。
Unknown (Unknown)
2013-08-17 18:59:56
今日はありがとうございました。日々、主体的な生徒育成の為には、まず、教師の行動から・・・と思っています。教師自身がすぐ目の前の生徒の良いお手本となっていけるように、子どもに見える所、そうでない所でも指導していけるようにしていきます。
Unknown (上村)
2013-08-17 19:01:44
ありがとうございました。子ども達をとり巻く環境の変化を感じつつ、小中をしっかりとつないでいくことの必要性を確かなものにすることができました。
Unknown (すぬうぴい)
2013-08-17 19:04:36
依存的なあり様から主体的なあり様について考える機会が出来た。小・中・高に勤務をさせてもらっていたことから、色々なことが思い出され、これから自分がどのように考え、行動していかなければならないか見えてきたように思う。
Unknown (Unknown)
2013-08-18 16:54:30
発達段階において依存と主体のバランスがあるので、そこを極めた指導や支援が大切となってくることを学びました。深美先生の巧みな話術に誘導され、深いところを考えることができたように思います。自分を少し開示できました。ありがとうございました。
Unknown (まりちゃん)
2013-08-18 16:58:08
主体的・依存的度合いの年齢による変化を基に、大変分かりやすく小1プロブレムと中1ギャップの生じる根拠を示していただき、改めて良く分かりました。市内各校における子どもにとって、段差の少ない就学に向けた取り組みをもう一度見直して、改善につながる実践をしていきたいと思いました。本日はどうもありがとうございました。
Unknown (タケさん)
2013-08-18 17:00:34
主体的な子どもを育てること学校として取り組もうとしています。主体と依存で出てきた事をふまえて、子ども達を育てたいと思います。小1プロブレム、中1ギャップを乗り越えていける児童の育成を目指していきたいと思います。今日はどうもありがとうございました。
Unknown (柳川)
2013-08-18 17:04:33
本日は、小一プロブレムの問題や中一ギャップの問題について、社会事象を振り返りながら、考えていく良い機会となりました。先生の言葉の中で、「教師は、家庭と社会の橋渡し」という言葉が印象に残っています。また、研修でお会いできることを楽しみにしています。ありがとうございました。
Unknown (小川)
2013-08-18 17:06:20
いじめの構造や子供の気持ちを振り返ることができました。人間関係は子供同じ、そして、小中の教職員、、教職員と保護者など全てにおいて大切だなと思いました。
Unknown (にっしん)
2013-08-18 17:09:46
主体的か依存的かという観点で児童・生徒の成長の状態を見るという視点を持つことの大切さを知りました。ともすると、授業では、受け身で依存的な生徒を増やしてしまっている反省もあり、2学期からの活動ではこういった視点支援方法を模索していきたいとお見ます。今日は本当にありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。