江戸の退屈御家人

世の中のいろいろ面白いことを野次馬根性で・・・・

花園神社の野外公演

2017年07月23日 19時06分51秒 | Weblog

 7月23日の日曜は、新宿は 曇り空、でも27度c。実際はもっと蒸し暑い、夏ですな。暑い暑いといっても始まらない。ただ耐えるだけ。

今日は所用で、新宿の歌舞伎町から花園神社に散歩しました。ロボットレストランの前は相変わらず、外国人の多い人気スポット。日本人で地方からのおばさんらしい人が懸命に写真を撮っていました。きっと新宿でロボットレストラン 見た見たと自慢したいのだろうと 忖度しましたよ。

歌舞伎町の新宿区役所の傍から、ゴールデン街を通りましたら、「椿組」クラクラの店がありました。しかしここは、いま花園神社の境内で公演をやっているしまだ開いていない。

クラクラの 外波山文明 氏が新宿ゴールデン街の取り締まりと「椿組」劇団のオーナー・総指揮者をやっておられる由。 今年も 花園神社の境内で、7月12日から23日の今日まで、野外公演「ドドンコ ドドンコ 鬼が来た」をやっておられる。 吾輩は何年か前に木戸賃を払ってみたことがあるが劇団公演は大変な仕事だ。

この公演の出演者のなかに、むかし美人だなーとあこがれた 井上かおり君 カオリンが今もやっていましたよ。継続は力。美人長命と。またそのうち、「クラクラ」に会いに行こうっと。

花園神社は雷電神社ともうひとつなんとかの神様を祭っており、俗世では 強力なパワースポットとか。まあ何らかの御利益があるのだろう。ちなみに歌舞伎町の先の、新宿百人町に「皆中神社」という「当たる」神社がある。ここは当たる。勝負・ばくち・学業等々。なぜなら江戸時代、鉄砲組百人組の兵士が、百発百中を念じた神様なのだから。

花園神社には、今は異教徒の外国人が物珍しそうに写真を撮っているが、彼らは何も知らないから、吾輩が、「2礼2拍1礼」の作法を見せてやったよ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« センチメンタル・ジャーニー | トップ | 隅田川花火大会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL