江戸の退屈御家人

世の中のいろいろ面白いことを野次馬根性で・・・・

津軽海峡冬景色

2017年06月26日 22時58分21秒 | Weblog

6月26日(月)、前日の日曜は梅雨で日比谷公園テニス中止。土曜日は、県人会の役員として兵庫高校東京同窓会に出席し挨拶。日曜こそと日比谷でテニスの予定。しかるに日曜は雨で、予定は狂ったね。。

吾輩は梅雨に怒った。そこで、急遽、大人の休日倶楽部のパスで、青森の日本海岸・黄金崎不老不死温泉に行こう!しかし、ここは宿泊の予約は取れない人気温泉。秋田新幹線で、五能線を下る案を立てるが、なんと接続の秋田新幹線が満員。仕方ないから新青森まで行って、翌日27日に青森から五能線を上りで「ウェスパ椿山駅」まで行く選択肢を取って、青森泊とすることにした。

翌日27日朝一番のリゾートしらがみ2号8:10青森発で、五能線の旅を2回目になりました。

そうすると、27日は青森で時間が余る。そこで、津軽線で北のはずれの竜飛岬まで行きました。往復の時間は大変で、なかなかいけないよね。でも終点の三厨(みんまや)でバスに乗り継いで、時間をかなりかけて、石川さゆりの「津軽海峡冬景色」の碑まで、夏の津軽海峡を見ましたよ。碑の前で、津軽海峡冬景色のテープを流すのが面白い。

 結論。津軽は梅雨がない。6月はカラッとして実によい気候。

風は強いがカラッとしたいいお天気だが、逆に、冬場は寒いだろうなと想像。

冬の苦しみ悲しみの北海道へ渡る人の苦労を垣間見たよ。歌の意味が分かったね。

 

吾輩の雄姿?

向こうが北海道。北のはずれだ。梅雨がないから快晴だ。

かっての青函連絡船 八甲丸が青森駅で博物館になっている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うたかたの 恋のごときか ... | トップ | 五能線の旅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL