t-catの徒然寄稿

興の赴くままの煩悩炸裂日記です。買い物(散財)やら、最近のハマリ物リスト公開中。猫(ラグドール)と暮らし始めたところ。

今まで一度も見たことなかったんですよね!

2017-04-29 17:13:24 | 興の広場
そりゃ、いくらTVを見ない私ですら、
木枯らし紋次郎ぐらい知ってますよ。

名前だけ。

めちゃくちゃはやってましたからね、
学校で真似しない男子はおそらくいなかった。

だから、流行してたから知ってます、
程度の情報しか持ってないんです。

ドラマを見た経験……皆無でした。

昔は昼間とかに再放送をどの局もやってましたけど、
記憶に残ってるのは、
水戸黄門とか、
大江戸捜査網とか、
大岡越前とか、
遠山の金さんとか……

リアルタイムで見れたので覚えているのは
もちろん、水戸黄門、
そして銭形平次、
NHKの大河ぐらいです。

再放送でもやってたのかなあ……
とにかく動く絵は見たことがないんです。

何故なんだろ? とwikiで調べてみました。

あー、納得だと思いましたよ、
放送時間がすごく遅かったんですよね。
夜10時過ぎなんて、見れませんですよ。

70年代前半は、TVは一家に一台が普通、
もちろんホームビデオなんて存在してません。
チャンネル権は子供にはなかった。

それにくわえ、我が家は
子供は夜8時には寝なければなりませんでした。
8時過ぎまで起きていいのは、
土曜日とか、年末年始ぐらい。

だから、ドリフの全員集合は見れたんですけど、
これは土曜日だからで、
他の日は絶対に8時には布団に入ってないといけなかったんです。
中学ぐらいまで、夜更かしは許してもらえませんでした。

8時過ぎは夜更かしに入らないと思うけど。

閑話休題。

というわけで、つい数週間前まで、
木枯らし紋次郎のオープニング映像は
まったくの未視聴だったんです。

曲は知ってますよ?
上條さんのこの曲、大好きでしたもん。
70年代の雰囲気一杯で、とにかくかっこよかった。

今回、オープニングを見たのはですね、
「だれかが風の中で」を聞きたくて
iTunes で検索したら、ないんですよ!!!

販売してないんですよ!!

じゃyoutubeだな、で検索したら、
当然、木枯らし紋次郎のオンパレードになるじゃないですか。

映像はいらないんだけど、と思いながら、
初めて見た感想は。

目から鱗、度肝抜かれました。

あまりにもスタイリッシュで、
バタ臭くて、
かっこ良くて。

カメラワークといい、
ストップモーションと
テロップの入り方の加減といい、
完璧としか言いようがない。

今時はデスクトップでちゃらっと
動画編集ができてしまいますが、
当時はそのあたりのソフトとか機器が
あるわけではないんです。

なのに、音楽と映像のシンクロ感が半端ない。

かっこいい!!!


新木枯らし紋次郎op


ぜひご覧頂きたい!

可能なら、本編の方も見てみたい!
時代劇が見れるケーブルTVのチャンネルを
契約したら視聴できるかしら?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【再度告知します】ねこふんv... | トップ | 羽田空港のラウンジが変わった! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うわっ、懐かしい! (みけ)
2017-04-29 18:18:32
「木枯らし紋次郎」、私は本気では観ていなかったのですが、
時代劇好きの祖父が毎週観ていたので
そばに居た私も何気なく観ていて
この主題歌も気に入っていました(^o^)

そんなに遅い時間じゃなかったような・・・。

市川昆監督だったんですね(@_@;)
さっすが、t-catさんが仰るようにタイトル場面のコマの切り方とかストップモーションの繋げ方って凝ってますよね。
私は、紋次郎が川で洗濯する場面をやけに覚えていまして・・(^_^;)

あと、この山道の場面ですが、今ならこんなところで撮影できるのか?というようなところでちゃんと(周りに何もない風景を)撮っていますもんね。
車の轍を消すのも大変だったでしょうに。

t-catさんのお蔭で、当時の映像に関わる方々の並々ならぬ努力の足跡を垣間見ることが出来ましたm(__)m

本編もきっとt-catさんの心を打つことでしょう。
『あっしには関わりねぇこって』と言わずに・・・。
(これ、今なら流行語大賞ですよ)
Unknown (t-cat)
2017-05-02 20:35:15
みけさま

3世代同居は強い!
祖父母にくっついて見るという手が使えますから!
(我が家はできませんでした……)

山道は、今はもう無理でしょうね、
高圧電線とか、標識とか、
当然アスファルト舗装とか、
ガードレールとかありそうですから。

それもあって、
70年代の時代劇やドラマは
よりリアルに映るんですよね……

若年層に何を見たかで
その後の人生が決まってしまうような気もします。
私の子供時代は、
作る側の規制が強かった(緩かった)かもしれませんが、
本職さんが作ったと言える作品が多かったと思います。

今のドラマ類がだめとは言いませんが……
残念ながら私の趣味には合わないようです。

コメントを投稿

興の広場」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL