t-catの徒然寄稿

興の赴くままの煩悩炸裂日記です。買い物(散財)やら、最近のハマリ物リスト公開中。猫(ラグドール)と暮らし始めたところ。

大変失礼なことを……

2017-11-18 20:56:50 | 親を小細胞がんで見送りました..
知らなかったこととはいえ、
「そりゃすみませんでした」というお葉書が到着しました。

先週の土曜日と日曜日にかけて書いた
訃報通知に対するお返事葉書でした。

今回、父が残した住所録で、
お出しできない理由が書かれていない宛先すべてに
お葉書を出しました。
(転居とか、お亡くなりになった方はきちんとそう書かれていたので)

そしたら。

すでに9年前に故人になられていた方に葉書を出しちゃったんですね。

宛先は、父の中学時代の恩師とのこと……

そりゃ、お亡くなりにもなるはずですよ、
わかってることなのに、なんで一言書いておいてくれなかったの、と
言いたいところですが……

使っていた本人ならわかっていることなので
あえて書いてなかったんでしょうね。

娘さんがきちんとお返事を下さったのですけど、
申し訳ないやら、すみませんでした、やら。

もうーーー!!!

そんなこんなで暮れている晩秋。

今日は寒いです。

皆様、ご自愛くださいませ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よかったら…

人気blogランキングへ よろしかったら「ポチっ」としてやって下さいませ。