t-catの徒然寄稿

興の赴くままの煩悩炸裂日記です。買い物(散財)やら、最近のハマリ物リスト公開中。猫(ラグドール)と暮らし始めたところ。

今年は、カサカサしてないです…

2006-12-08 21:18:46 | 冬季推奨・カサカサ対策ランキング
一昨年から始めた、カサカサ対策のコラム。

一昨年はかきむしるような乾燥が出て、
去年は乾燥より前に血行不良のしもやけに悩み、
3年目の今年はというと。

今のところ、深刻は症状は出てません。
あ、時々、足がかゆい(乾燥で)と思うことはあるけど、
赤むけるまでかききることはなく、
ちょっとだけ、楽な初冬です。

気候が変わってカラッカラから開放されているか、
体質が変わったか、
過去2年よりはストレスを感じていないか…。

うーん。
ストレスの要因が大きいような気がします……

現在、1月31日以降の職について
玉虫色の私、未来はどっちに転ぶか解らないから、
かなりの逼迫感を感じて言いはずなんですが、
肌はしっとり潤ってはいないけど、
ニットの内側に乾燥した白い粉(皮がめくれちゃうのね)が
つかない分、楽といえば楽。

これは、もしかしたら、同居猫効果も
若干なりと加味してもいいのではないでしょうかあ。
一昨年はトノを亡くした年でしたし。
(ストレス満載で当然ですね)
去年はしいちゃんがまだまだやんちゃ娘だったので
手がかかって大変だったのですが
(仔猫は元気なものですが、彼女は図抜けて激しかったです)
最近は随分と物わかりの良い猫になりました。
(以前よりは、ですよ)
同居猫との関係は、昨年とは比較にならない位良好です。
(可愛さ余って憎さ百倍。去年は戦争状態でした)
気がついたら添い寝をしてくれている彼女の存在が
ストレス軽減に繋がっているのは確実でして、
それが肌にも現れているのではないでしょうかー。
飼い主が歩く後を必ずぺたぺたくっついてくる、
犬の遺伝子が仕組まれているというラグドールの逸話も
あながち間違いではないのでは、と思うくらい、
ぺったりくっつく彼女は、
きっと人がいないと生きていけない猫です。
そんな相手と暮らしてるんですから、
マイナスの意味でのストレスが存在するわけがない。

人であれペットであれ、
同居する相手がいるのって、おろそかにできないことなんですねえ…


というわけで、カサカサ対策に効く妙薬は、
薬やグッズではなく良好な家庭環境に終始するようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そろそろ、カサカサ対策が必要ですね

2005-10-28 18:09:24 | 冬季推奨・カサカサ対策ランキング
さて、昨年の今頃、
異様な乾燥に苦しんだ当方、
自分を被験者にして
あれこれ試してみました、「カサカサランキング」
今年も乾燥の季節がやってまいりました。

今のところは特に問題はないのですが、
多分、自宅にこもってますので
ストレスが少ないからかも知れません…。
これから発症する可能性も多々ありますので
カテゴリーの順位を上に上げてみましたー。

今年も、乾燥対策に効きそうで
昨年に輪をかけてリーズナブルな
グッズ探しに奔走してみますー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カサカサ対策ランキング(10)2004年冬 統括

2005-04-11 08:44:29 | 冬季推奨・カサカサ対策ランキング
もう桜が散ってる頃に統括とは
迂闊でした。

さて、昨年秋以降、粉ふきいもの肌に
何が良いか、合うか、
体で試してみました。

番外編でご紹介したバラの生花は
横へ置くとして、結論から言いますと。

一番効いたのは、グッズではなく
『お風呂での過ごし方を変える』
でした……

シーズン中は書くのに抵抗があって
逐一ご報告ができなかったのですが、
入浴剤やら何やらより、
これが一番効果が高かった。

その過ごし方の変更とは、
多分、病院にかかった方も
医師から同様の指導を受けると思いますが、

・シャワーは使わない
・熱いお湯にはつからない
・体をごしごしこするような浴用タオルでの
 洗浄はしない

つきつめると、
『体を洗わない』
……につきました。

なんでも、お湯で体を注ぐだけで
それなりに汚れは落ちるので、
石けんやらタオルやらでごしごし
こすり落とすと
必要な皮脂まで落としてしまう、
という理屈だそうです。

石けん類でさっぱりとはいかない為、
お風呂から出た後のエマルジョン類は
もちろん使いませんでした。

そしたら、よほど乾燥した時以外は、
かきむしるような痛痒感からは
解放されたんです……

さすがにワンシーズンお湯でからだを
流すだけ、は抵抗ありましたので、
1日おきに石けんをつかいましたけど、
タオルは使わず手でさらっと流す程度。

今冬は医者にかからず、ネット類で調べた
方法をいろいろ吟味してみて
お湯流しで通しました。

ちなみに、私に一番合わなかったのは、
やっぱり「バブ」でした……
炭酸が効き過ぎて、肌がばりばり、
血行がよくなりすぎて長湯ができず、
体もあたたまらず、
温浴効果の恩恵にもあずかれませんでした。
残念でございました。

あまり参考にならない結果かも
しれませんが、
自分の子供時代を思い返すと、
冬場はお風呂は1日おきでした。
(光熱費がかかるから)
今の部屋に引っ越す前、会社の寮にいたころも
同様でした。
肌の乾燥は、体質にもよりますけど、
生活習慣の変化に原因を求めた方が
より解決に近づくような気がします。
シーズンオフの今、かゆみに悩んだ皆様、
昨冬の生活を振り返ってみて、
肌が乾燥する要因がないかどうか、
思いを馳せてみてもよろしいのではないでしょうか。

それでは、次の冬まで。
この項はごきげんよう~~です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カサカサ対策ランキング(9)番外編

2005-03-18 12:58:59 | 冬季推奨・カサカサ対策ランキング
季節の上ではもう春ですので、
そろそろこのカテゴリーも統括に入らなくては。

カサカサグッズですが、
何分体は1つですので、あれもこれもと
試すわけにもいかず、ちょっと尻つぼみな
カテゴリーですみません。
直ぐには結論が出そうにないので、
blogを続ける間はいろいろと試してみたく思っています。

前置きはここまで。
統括に入る前の番外編を一つ。

バラの花びら
リーズナブル度:ケースバイケース
入手しやすさ度:難しいかも…
ボディローション必要度:測定不能
リラクゼーション度:☆☆☆☆☆
カサカサに効く度:測定不可能
(☆の数が多い程度合いが高い、と見てください)

そうです、バラの花です。
バラ風呂です。
この画像のこの花を、実際に
お風呂に入れました!
(品種は、ワイフ・オブ・バースです)

新湯ではなく、
シャネルのミルキーバスに浮かべたので、
単体での効果は定かではありませんが、
しっとりしたような気がしました。
(某TVショッピングのMCみたいだなー)
よく、バラ風呂の画像では色が濃い花が
使われているようですが、
実際のところ、薄ピンクは見た目が
頂けませんでした……
湯につけている間に、
しなびちゃって茶色になっちゃう。
バラ風呂にするなら、赤いバラにしましょう。
多分、効果は同じでも、見た目がいけてなければ
リラクゼーション効果は半減すると思います。
また、香りがきつすぎるくらいの品種の方が
よさそうでした。

バラ風呂用のバラを調達する上で
一番のネックになるのは、
無農薬のバラを探すことだと思います。
私は、ベランダに生えている奴を
むしりましたので、
無農薬には自信がありますが、
(肥料以外の農薬は一切使っていませんので)
一般にバラは薬を大量に使用して育てます。
切り花として売られているバラは
まず農薬まみれと思って間違いないです。
(それも劇薬クラスです)
お風呂はもちろん、お茶に入れるなど
もっての他!
バラ風呂用の乾燥花びらを買うか、
自宅で虫や病気と闘いながら
無農薬でバラを育ててみてくださいね。
(たかが風呂のためにそこまでする人が
いるのだろうか)

ちなみに、無農薬で育てていると豪語した
わが家のバラ。
木酢液とか、碧露、アグリクールは
農薬に入らないんでしょうかねえ。
一説には無認可農薬にあたるということですが。
だったら、完全無農薬とは言えないかも…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カサカサ対策ランキング(8)・しもやけ対策その後

2005-02-01 11:34:12 | 冬季推奨・カサカサ対策ランキング
昨年末の冷えた時期に
あっさりしもやけになってしまった
足の指ですが、
1月中旬頃に無事治りました。

対策グッズになるのでしょうか、
悩むところですが、
これを使って以降に症状が緩和されてますので、
一応。

5本指ソックス
リーズナブル度:☆☆☆☆☆
入手しやすさ度:☆☆☆☆☆
ボディローション必要度:測定不能
リラクゼーション度:同じく、測定不能
カサカサに効く度:まったく無関係
(☆の数が多い程度合いが高い、と見てください)

病院に頼らず、薬は使わず、サプリメント類も同様、
でも、足下には気をつかってみました。

なんせ、触ると痛い、
歩く時に靴の中で擦れる指も痛い状態だったので、
まず、靴を、パンプス系の足先が詰まったタイプから
幅広のスニーカー・ブーツ類に一端切り替えました。

特にインナーとかは敷かず、足用カイロ等の
暖かグッズも使わず、足先の居住性を優先させました。

会社では仕方ないのでストッキング類を使いますけど
自宅では化繊の靴下ははかず、もめん類の靴下を
マメに取りかえました。
(寒がりの割りには案外足に汗をかく質なので、
それで冷えが倍増してたみたいです)

で、血行を良くしようにも痛いもんですから、
そんなら足の指をくるんでしまえばいいんでは?
で、5本指ソックスの出番。
あまり温かくはないし、慣れないうちは
ぱんぱんに腫れた指には辛かったんですけど、
靴下と靴を変えた以外に
特に何もケアしてないわりには治りは早かったので、
若干でも効果はあったのではないか、と思っております。

足指のしもやけには、
靴と防乾と汗対策ですよー。
辛い思いをしてる皆様、
もうちょっとがんばって乗り切ってくださいね。
私も症状が収まったからって油断せず、
ケアに努めます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カサカサ対策ランキング(7)・カモミールは効く…かな???

2005-01-06 22:17:18 | 冬季推奨・カサカサ対策ランキング
カモミール(ジャーマンカモミール)
リーズナブル度:☆☆☆☆
入手しやすさ度:☆☆☆☆☆
ボディローション必要度:様子見中
リラクゼーション度:☆☆☆☆☆
カサカサに効く度:様子見中
(☆の数が多い程度合いが高い、と見てください)

普通のハーブ店で販売している、
ジャーマンカモミールを使っています。
風邪の初期に効く、安眠効果抜群、
リラクゼーション効果あり、
香りも良い(好みが分かれるかも)、
味も比較的良い、
牛乳と一緒に炊いて煮出した
カモミールミルクは身体ぽかぽかになると、
当方には重宝しているハーブです。
お風呂に入れても良い、とのことなので
ぼちぼち試してみています。
今はしもやけを治すのが先なので
乾燥対策は後回し気味ですが、
もし温浴効果があるなら一石二鳥です。
期待が高まりますー!

で。
ただいま効果を試しているところですが、
残念ながら即効は望めません。
ゆったりのんびり気が付いたら
「まあ
となるのではないかなあ、といった塩梅です。
でも、悪くはなっていません。
カモミールの効果は後々改めて
総括してみたいと思っています。

カモミールバスについては
これまた方々で紹介されまくりですが、
ここではt-cat風レシピをご披露します。

お茶用のカモミールを、ダシパックに
いっぱいに詰め、お鍋(雪平鍋ぐらい)に
湯を沸騰させ、そこにどぼんとパックを入れ、
数分ぐらぐらーと煮出します。
で、湯をはってあるお風呂にパックごと
ジャー。
これだけです。
あとはのんびりお風呂タイムをお楽しみください。
お風呂から上がる時には使い終わったパックを
片づけるのをお忘れなく。

カモミールはお茶として小分けで買うと
高いですが、お徳用とか業務用のパック
(枕ぐらいの大きさで500g見当)だと
お値段はぐーっと下がります。
たしか50gぐらいのお茶だと
市販価格は500円ぐらいだと思いますが、
私が先日買った500gパックは2000円強。
お茶で枕サイズの消化は家族が何人いても
難しいですが、お風呂に入れるとなると
ぱぱぱーっと減るので、大量買いがオススメ。
バス用カモミールを買うより安上がりですよ。
ダシパックは案外タフなので、今のところ
破れたりこぼれたりしていませんし、
ガーゼや布でこすよりは後の始末も
楽ちんだと思います。

余談ですが、12月頃から
安眠効果を期待して就寝前にカモミールティや
ミルクを飲んでいます。
毎年年末と年始に手ひどい風邪に
1回は見舞われますが、今のところは
風邪ひきの兆しはナシ。
軽い風邪の予防には十分効果有りのようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カサカサ対策ランキング(6)・しもやけ対策中につきちょっとお休み

2005-01-04 21:26:13 | 冬季推奨・カサカサ対策ランキング
昨年のクリスマス直後に冬らしい陽気になった時に
掃除中に足元をぬらしましたら、
たった1日のことだというのに
足の指にしもやけができてしまいました。

肌はそろそろ粉をふきそうな具合で乾いてきています。
会社では足元が薄着傾向になりますので
(別に厚い靴下とかタイツをはいても
いーんですけど、何故か外では見栄をはりたい
お年頃。もちろん、ババシャツ類は一切未着用。
家では話は別ですけど)
一旦指先がちりちり痛くなると簡単に治りません。

乾燥カユカユ解消を取るか、
指先しもやけバイバイを取るか。

今回は後者を優先させて、バスグッズは
しもやけ対策に戦略変更してます。
年末年始で一旦治りかけたしもやけ、
いやらしいことに3日夜から
「仕事始めだぜ!」と痛み復活で参ってます。

肌も乾かず、身体も指先まで温まり、血行もよくなる、
ぽかぽかしっとりおまかせよ!
…なんつー都合良いグッズは存在しないのでしょうか…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カサカサ対策ランキング(5)・ちょっとお高めですが…

2004-12-19 16:20:57 | 冬季推奨・カサカサ対策ランキング
lash バスボム(画像はサンベイビー)
リーズナブル度:☆☆
入手しやすさ度:☆☆
ボディローション必要度:☆☆☆☆☆
リラクゼーション度:☆☆☆☆☆
(☆の数が多い程度合いが高い、と見てください)

手作りボディアイテムと濃厚な香りで
lashの名前は知らなくても
「ああ、なんとなく知ってる」
という方は多いでしょう。

ソフトボール大のバスボムは1回定量で
500円~と決してお安くはありません。
けれど、しっとり効果をうたった
バスボムはおそろしく効きます。
ほんとーにこってりと肌に潤いをもたらします。

広くお勧めはしにくいですが、
もし機会があったら試していただきたいです。

lashは他にも石けんや
固形タイプのシャンプー・コンディショナーの方が
馴染みやすいですね。
私も愛用しています。
固形シャンプーって、髪にこすりつけたら
絡むんじゃないの? 泡立ちは? と
最初は「????」だったんですけど、
数回こすっただけでめちゃくちゃ泡立つし、
髪しっとりするし。
何といってもボトル類のゴミが出ません。

 うちの自治体はすべてのゴミ収集が有料で、
 専用袋(1リットルあたり1円検討)を購入して
 出さないと持っていってくれません。
 東京都で使われている炭カルの白いゴミ袋とは
 まったく違い、炭カル袋は使えません。
 故にゴミ出しには気をつかうようになりましたね。

一塊でシャンプーが1000円程度、
コンディショナーは2000円~なので
初期費用(大笑)でびびりますけど、
シャンプーは1人で使って2ヶ月以上、
コンディショナーも同様程度保ちますので
結局リーズナブルだと思いますね。

外国資本のコスメは日本の製品より
香りが個性的で使う人を選びます。
効果は十二分に期待できる反面、
好き嫌いが出やすい香りが強い製品が
多いのは残念なところです。

あと、いくらバスボム使ってお肌しっとりになっても、
一過性、1日明けて普通の新湯に入ったら
元の状態に戻っちゃいますので、
一時の快感の為に500円は……。
やっぱり広くは勧めにくいですねえ…。

この手のグッズは、ちょこっとした
おつかい物でプレゼントするのに
丁度いいんですよね。
安っぽくないし、使ったら後に残りませんからね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カサカサ対策ランキング(4)・どこがリーズナブルやねん?

2004-12-14 22:16:55 | 冬季推奨・カサカサ対策ランキング
シャネル No.5 ミルキーバス
リーズナブル度:ゼロ
入手しやすさ度:ゼロ
香り:☆☆(私的には☆満点)
ボディローション必要度:☆☆☆☆
リラクゼーション度:☆☆☆(私的には☆☆☆☆)
(☆の数が多い程度合いが高い、と見てください)

このカテゴリーのコンセプトは、

・リーズナブル
・どこにでもある
・だれでも始めやすい
・お勧めしやすい

だったんですが。

のっけから
「どこがやねん!!」
裏手ハリセンが飛んできそうなアイテムですね。

えっと、これは、
シャネルボーテがクリスマス用に制作した
限定商品のうちの1つでして、
今年はNo.5をメインに3つのアイテムで
展開をしているようです。
(残りの2つは、ジェル状トワレとボディクリーム)

冬場に普段使っている香りなので私は抵抗がないのですが、
何分香水の香りですので、広くお勧めしにくいアイテムです。
…個人的に「これ、ホントに5番?」と
首かしげる残り香だったりするので…
香り成分の度合いで感じ方が変わると言われりゃ
それまでなんですけど…

いや、香りはこのさいヨコに置いておきまして。
特筆すべきはその効果です。

クリスタルガラスのデカンターは往時の化粧水
(懐かしのローズウォーター…残念ながらとうの
昔に廃盤になっちゃいました)を思わせる質感で
どっしりしたボトルはそれだけで懐かしくて
嬉しくなっちゃいますが、外見はともかく中身がすごい。

少量でお湯は見事に白濁したミルク色になります。
アロマテラピー効果が期待でき、ぬるめのお湯に
つかってると、ほわーっとリラックスできます。
気持ちよくて、うたた寝しちゃうくらいです。
長湯がお勧め。
お風呂あがりのお肌はつるすべで、
粉ふきいも状態とは簡単にさよなら出来ます。
また、ミルキーバスの原液をお風呂上がりに
ローション代わりに直に肌つけても良いとの
ことですので、いろんな使い方が楽しめます。

惜しむらくは、香りものですので、
好き嫌いが出てしまうということと、
限定商品なので通年で利用ができないということと、
お値段が…お財布が…ちょっと痛いお品だということ。

でも、1回がキャップ1杯から半分くらい(50cc程度)、
容量は400mlとたっぷり入ってますので、
結構リーズナブルかもしれません。

はたして今でも店頭に並んでいるかどうか、
激しく怪しいですが(あったらラッキー)、
No.5好きの方は試して損がないお品です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カサカサ対策ランキング(3)・定番石けんはこれ

2004-12-12 18:34:14 | 冬季推奨・カサカサ対策ランキング
カサカサに関係するのかなあ、と思いつつ、
石けん類も大切よね、というわけでこれを。

IVORY(アイボリー)石けん
リーズナブル度:☆☆☆☆☆
入手しやすさ度:☆☆☆☆☆
香り:☆☆
ボディローション必要度:不明
(☆の数が多い程度合いが高い、と見てください)

輸入されているお風呂用石けんとしては
超定番ですので愛用している方も多いのでは?
香りが日本の石けんっぽくなく、
人によっては抵抗があるかもしれませんが、
清潔感あって私は好きです。

赤ちゃんに使ってもOKな石けんで、
肌質は選ばず、また、アトピー傾向のある方も
大丈夫…という話を聞いたことがあります。
泡立ちが良く、泡切れもさっぱり、
髪も洗えてしまう(私は試してませんけど)、
すんごく汎用性高い石けんです。
肌も、他の石けんよりは粉が吹いたように
乾きにくいような気がしますが……
あくまで主観です。

ただ、一般のお店で普通に買うとちょっとお高いかもしれません。
リーズナブル度はぐっと下がります。
(うろ覚えですが、5個か6個1パックで300円くらい?)
私はヤフオクで輸入雑貨を主に出品しているところから、
他の日用品と一緒に購入しています。
どこのショップ出品者さんでも2ダース(24個)で1150円ぐらい。
送料や振込手数料を加味しても十分元はとれちゃいます。
ご家族皆さんで使えちゃいますので、
オークションに抵抗がない方は一度検索してみてくださいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カサカサ対策ランキング(2)・超法規的最終アイテム

2004-12-04 20:14:51 | 冬季推奨・カサカサ対策ランキング


昨日に続いて、第2弾。

ベビーオイル
(私はジョンソン&ジョンソンの無香性を使います)

緊急度:☆☆☆☆☆
お手頃度:☆☆☆☆☆
カサカサに効く度:☆☆☆☆☆
ボディローション必要度:(ナシ)

(☆の数が多い程度合いが高い、と見てください)

かなり前のこれまたTVCMで
紹介していた方法でして、
お風呂(シャワー)上がりの濡れた肌に、
直接ベビーオイルを全身に塗り、
その後にタオルで普通にふきます。
そこでは「オイルシール法」とか言ってましたが、
水分をオイルで閉じこめてしまうので
潤いが持続するんですね(らしいです)。
濡れた肌というのがミソでして、
思ったより肌はべたつきません。
身体をふいた後のタオルもオイルで
ギトギトしません。
普通に服を着ても油移りはしませんし、
もちろん、ボディローションも一切不要です。
なんてったってリーズナブル度はピカイチです。
身体に塗るオイルは500円玉より
ちょっと小さい程度を手のひらに。
すんごく伸びます。
全身使えます。
量が多いとべたついて後が大変なので
分量は守ってくださいね。
ちょっと少ないかな、程度で十分です。

私がこれを連用しないのにはわけがあります。

最後の最後にとっておく奥の手でして、
普段は極力使わないようにしています。
乾いちゃってどーにもならない  時の
保険なんであります。

…ま、本音では服にうつらないといいつつ、
身体をふいた後のタオルはなるべく早く
洗わないと不安だし、洗濯は毎日はできない…。
理由が洗濯が面倒だなんて、しょぼいですねえ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カサカサ対策ランキング(1)・カユカユに効くグッズを探せ!

2004-12-03 22:49:07 | 冬季推奨・カサカサ対策ランキング
うおおお!今日は痒いです!
空気がかなり乾いていたのではないでしょうか!

冬になると出てくるかゆみ止めのCMの意味が
わかるようになってきたのは去年ぐらいから。
それまで乾燥した肌が痒くなるのとは
無縁の生活でした。
でも、一旦かきだすとだめですね。
今年も乾燥に泣く季節がやってきました。

(もっとも、今日、痒いのは仕事のストレスが
絶好調だったのも関係すると思います。
先生も走る師走ですしね、週末ですしねえ…
忙しいんです、一応…)

できれば病院・薬のお世話にはなりたくない当方、
なるべく身近なグッズでお肌しっとり…は
難しくても、せめて下着のしめつけが辛くて
ばばばばーっとかいてしまうのだけは
おさらばしたい。
被験者は私、
年齢30をうーんと超した成人女性。
子どもの頃にアレルギー性疾患(喘息)を
煩っていた経験があり、どちらかといえば
肌が乾きやすい(アトピー気味ですかね)
傾向があります。
試すグッズは一般に広く入手可能で、
廉価なものが中心になります。
自宅でできる手段のみで、
この冬、身を張って
いろいろと挑戦してみますー。
レビューは全て私の主観に基づきますので
あまり信用しちゃだめです。

まず、1番目。
これはイマイチ…なものを一つ。

発泡性入浴剤の○ブ。
(だめだめ商品なので、一応伏せ字にしときますね)

温か度:☆☆☆☆☆
お手頃度:☆☆☆☆☆
カサカサに効く度:☆
ボディローション必要度:☆☆☆☆☆
(☆の数が多い程度合いが高い、と見てください)

温浴効果が期待できて人気のこれ、
お風呂から上がった後のぽかぽか感の持続は
見事ですが、最近使うのが辛いんです。
炭酸が入った泡って…かなり肌が乾きませんか?
ミルキータイプでもさほど肌は潤わなかったような…
お風呂上がりにボディローションが
欠かせないという意味でも、
「ダメグッズ」に入れさせていただきます。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

よかったら…

人気blogランキングへ よろしかったら「ポチっ」としてやって下さいませ。