田吾作相談員

田吾作相談員の仕事と趣味の世界
social work,ケアマネジメント,MTB,ツーリング,シネマ

メタセコイアは遠く…

2016年10月12日 | クロスバイク
今朝の新聞でマキノの「メタセコイア並木」の人気振りが出てました

地元民の生活道路

路中や道路真ん中周辺での記念撮影が相次ぎ、渋滞や事故のリスクがあるのだとか

基本、近隣駐車場にとめて徒歩で行くのがルール

こういう事態を見ていると、春に行った海津大崎の桜を思い出す



とてもゆっくり桜を見ながらツーリングなんて状況じゃなかった…

車、観光バス、爆音のバイク、そして、人、人、…

観光地化するのは地元にとっても良い反面、といったところでしょうか

そんな話をしていると、ある高尚なお坊さんがこんな話を教えてくれました

海津には、本来「見返り桜」という老木があって、かつて湖北一帯の藩主であった前田家当主が、その見事さに、何度も見返した、とか

しかも、私たちは「海津大崎の桜」というが、「海津大崎」は地名ではなく、「海津」と「大崎」は別の地名だとか

湖岸沿いに道路が開通したのを記念して、地元民が桜を植樹したそうな

そういう歴史背景がわかると、桜の見方も変わるもの

さて、メタセコイアはなぜ植樹されたんだろう…そんな地元の歴史を散策する旅に出るかなぁ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月10日(月)のつぶやき | トップ | 10月12日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL