ハレ時々ベイスターズ

40代独り身の気ままな日常と時々ベイスターズと白崎選手を応援するブログ

今日のベイスターズ 8/8 はははは、、、

2017-08-08 23:24:20 | ベイスターズ
仕事が長引いて球場着いた時は、小雨降りしきる神宮球場でバレンティン選手のホームランは終わっていました。

今日はホームランばかりでしたね。
山田選手のホームランとバレンティン選手の2本目は見られました。
それから戸柱選手と梶谷選手のホームランも。
正直、ホームランよりも繋ぐバッティングが見たかった。結果負けていても、打線としての繋がりを感じたかった。ホームラン攻勢とかまぐれでしょとしか思えないし、確率の低い攻撃は可能性としてある分には良いけれど、コンスタントに繋いだ上でのものであってほしい。意外性のある一打をもつけれど、低打率の戸柱選手が6番なのをいつまで続けるのか。
いや、戸柱選手に何かを期待しての6番ではないはず。なぜなら捕手は誰でも6番だから。
選手の特性ではなく守備位置で打順が決まるなんてピッチャーみたいです。6番ってそれなりの好打順だと思うのですが、明らかに消去法で決まっている。
9番倉本選手と7番梶谷選手が重要なので、捕手6番のピッチャー8番になる。

どうせなら中途半端な事はせず、面白打順を貫いてほしい。
例えば、以下のようなお笑い打順でファンの引きつった笑顔を誘ってはいかがだろうか。

1番:宮崎選手。足の速い選手が多い1番の常識を覆す。先頭打者ならゲッツーはない。
高打率なので塁に出られる。ある程度粘れると思うので、追い込まれた後はゲッツーを気にせずに、先発ピッチャーの球数を投げさせる役目も担える。

2番: 二塁手の誰か。宮崎選手が出塁したら、確実に送れる小技が必要。ランナーなしであれば、粘り強いバッティングで、相手投手をイライラさせよう。

3番: 桑原選手。得点圏に宮崎選手がいれば、慎重に投げてくる1球目を見逃さず得意の初球打ち。4番打者の前でより慎重になる投手も多いはず。歩かせたくないからストライク勝負をしてくれるはず。ランナー一塁であれば、内野ゴロでも足が速い分相手が焦りミスを誘えるかも。ゲッツーも少ないはず。打てなくても4番に回せる。塁に出れたら積極的に走るフリをしよう。相手投手は気になって、4番バッターに失投するかも。ピッチャーが打者集中であれば、本当に走っちゃえ。

4番、5番:筒香選手、ロペス選手。ここで左右病を発揮しよう。相手投手により打順を変える。特に意味はないのでその日の調子でも良い。

6番: 梶谷選手。4番、5番が綺麗に掃除してくれるので、ここから一番とかんがえることも可能。積極的に盗塁を狙う。前の打者が塁に残っている場合も三振か長打ならオッケー。

7番:ピッチャー。梶谷選手が出塁している場合は当然犠打。足の速いランナーを前に置くことでピッチャーの負担軽減。ランナーなしの状態で打撃の良いピッチャーであれば自由に打てばいい。今永投手や飯塚投手は粘りのバッティングを見せて、野手にプレッシャーを与えよう。苦手なピッチャーは三振、もしくは追い込まれたらバント練習でもしてみよう。

8番: キャッチャー。意外性の一発もオッケー。梶谷選手が塁にいたら、最低進塁打で。

9番:倉本選手。あれ?同じだ。

まぁ、打順こねくり回しても控え層が薄いので、厳しいですわね(笑)
もう今年は今の打順でいいかな。白黒はっきりさせたいし。

京田選手や源田選手のような野手が来年出てくるといいなぁ〜。足使える選手が徹底的に少ない。

と、現実逃避をしています。明日は現実の試合でスカッとさせてほしいです。
頑張れベイスターズ!





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベイスターズを応援していて... | トップ | 騒音 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ベイスターズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL