helpless

破滅への道

びわ収穫 第一弾

2017-06-08 | メモ

三分の一ほど収穫 夕方たべまくる

うちのは 色が濃いオレンジで肌がきれいで大きくて甘くて柔らかくて非常にジューシー 

他所でもらったものとはまったく味も触感も瑞々しさも違う

まず色が違う ここ結構重要 そして肌がきれい そして大きい

その代償として 数が少ない ここも結構重要

他所は見渡すかぎりすごい量なってる

一本の木にへたすりゃ1000個くらいなってる 

でもうちのは100個ちょい これは悲しいが内容は雲泥の差

こう書くとまるで狙ってこうしたかのようだが そんなスキルはない

そのかわり うちが春先に他所より注意してやってるのは 

多大な祈り

あー 今年はびわが食べれますようにー

これ結構重要


去年の大雪の影響で今年はどこも鈴なり状態らしい

でもうちはそれで100個ちょいだから それは悲しい

それでも こんなになる事はもうないのだろう

例年は30個前後と思う

びわの木をもっと植えたいな


しかしなぜびわは鳥に食べられないのだろう



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 最前線復帰後データのファイ... | トップ | 2017 は例年にないような コ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。