絶景必撮人  写楽道 遊心(s.zaitsu) 美しき日本の絶景 撮影旅

日本風景写真協会 大阪第2支部 支部長     日本写遊会  主宰     写楽塾   塾長

水仙と新舞子の干潟へ

2016年12月31日 | 自然風景

 

今年 最後の 撮影会は 12月28日~29日 

淡路島の黒岩水仙の郷へ   撮影仲間の 飩さんと

新舞子の干潟の撮影にと 出かけてきました

そこで 出会った お宿 かとれあ で 中国人の女将さんと 意気が合い

話の流れで 旦那がやっている

室津の牡蠣 瀬越海産で 牡蠣の養殖をやっている処で

焼き牡蠣を ごちそうになることに・・・続きます

 

まずは 淡路島の水仙の郷へ

                

 

                                                

 

新舞子の干潟の撮影に      夕陽の光芒が 素晴らしい

 

                        

 

午前 3時  星空の撮影に   残念ながら 撮り始めて間もなく 雲に覆われ始める

  

                                                                         

 

いよいよ 本番です     干潟の撮影に

 

                                

 

             

 

             

 

夜明け前からの 撮影は 日の出で 終了

 

かとれあの女将さんが 作ってくれた 朝ごはんをいただき

其の後 女将さんの案内で ご主人の仕事場へ

牡蠣の養殖は 今 室津が一番だと 評判になっています

 

                                      

 

   

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

新舞子の干潟へ 到着

夕刻 お宿 かとれあ へ 入る前に 夕景の撮影   宿のすぐ前から この景色です

 

 

 

 

 

 

 

夕食は 新鮮な刺身と 煮つけ これが 絶品でした

午前3時 星空撮影

 

日の出前の   新舞子の干潟の撮影

日の出と干潮が 1時間以内だと 潮が引き あらわれてきた所に 朝陽があたります

 

 

 

 

さあ 夜明けです

 

 

美味しい 朝食が そろそろできる頃

ゆっくりと食べた後 牡蠣の港へ  

 

 

ご主人の 仕事場へ  船に乗せてもらい 

始めてみる光景に 興奮しました

 

 

 

この牡蠣を お昼に 焼き牡蠣と牡蠣フライで いただきました

瀬越海産の牡蠣は 美味しかった

 

船の前で 逃げる かも  ・・・ 必死で 逃げていました

 

美味しい牡蠣を たらふく食べ 満足  満足  です

 

次は  いかなご漁へ   一緒に 船に乗っての 撮影です

 

     撮影  HМ  写楽道 遊心

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年最後の秋景色 | トップ | 美しい近畿写真展 入選 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nya-nyar)
2017-01-02 20:17:07
明けましておめでとうございます。
淡路島へは3年前に行ったことがありますが、
水仙が綺麗に咲いている場所があるんですね。
ちょうど今が季節・・・素敵です。
海や夕日の綺麗な事!
必死で逃げるカモが笑えました。
淡路島の水仙の郷 (写楽道 遊心)
2017-01-05 11:33:27
いい天気で 青空も綺麗
新舞子の干潟の撮影も 好条件で 光芒が 良かった
朝の 干潟も 劇的でしたよ
Unknown (hidenobu)
2017-01-10 06:57:27
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
淡路島にこんなに良い所が有るんですね
海岸に咲く水仙、日本海側は知っていますがここにもあるとは
海岸での光芒最高でした。
冬に咲く (財燦  遊心)
2017-01-10 08:53:01
日本海側の 水仙は 越前海岸が有名ですね
ここ淡路島の水仙の郷も なかなか綺麗ですよ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。