絶景必撮人  写楽道 遊心(s.zaitsu) 美しき日本の絶景 撮影旅

日本風景写真協会 大阪第2支部 支部長     日本写遊会  主宰     写楽塾   塾長

九州棚田巡りの撮影会

2017年05月11日 | 自然風景

日本風景写真協会 大阪第2支部 総勢 6名の撮影会

5月7日~9日 九州棚田巡りの撮影会へ 行ってきました

天気は 黄砂が 飛んできて 晴れているのに ぽーーとしている

そんな中でしたが 素晴らしい 四か所の 棚田を巡ってきました

       

博多駅到着 地下鉄から ローカル線に乗り換えて 唐津へ

ワイドボディのハイエースに乗り いざ 棚田巡りの撮影会が始まります

 

佐賀県 浜野浦棚田へ

昼過ぎに到着  もう すでに 三脚が ずらりと並んでいる

夕陽が落ちる 時まで 気長に待ちましょう

 

 

夕陽が落ちる前の   黄金色に輝く 棚田も 素晴らしい

 

そして いよいよ 夕陽が 落ち始めます

 

 

     

 

棚田の絶景ですね

約100人ほどだろうか  あちこちで シャツター音が 鳴り響く

 

           

素晴らしき 棚田に 夕陽が落ち 名残惜しいが  ホテルで 夕食の時間が迫っている

夜 8時 唐津ロイヤルホテルへ 

なんと フルコースの夕食が待っていた   もう みんな 大満足でした

 

        

二日目の棚田は

蕨野の棚田   大浦の棚田   土谷の棚田と 巡ります  唐津から長崎へと 

信号も無く 快適なワゴンで スムースに 巡ることができます

 

大浦の棚田へ

漁港が見える 高台から 棚田が 連なっています

 

田んぼには  ・・・   やっぱり   ・・・  カエルが 似合います

 

 

             

鵜殿石仏群へ 急な階段 降りていくと そこに・・・

大小60体 あまりの磨崖仏が並ぶ     山岳仏教の面影が残る

 

山高く 奥深く

棚田への続く道

 

 

江戸期から 伝統的な技法で 石を組み 田を開いてきた 地元農家の 苦労の結晶です

 

三つの棚田を 巡り それぞれが 特徴的な 風景を創り上げていました

素晴らしい ご先祖様に 感謝の拍手を・・・・・ありがとう

本日は 夕陽がのぞめず ・・・ ぼんやりと暮れてきました

黄砂の影響ですね   残念ですが   宿 つばき荘へ  帰り  豪華和食で 乾杯です

 

最終日は 朝から 雨 雨です

朝靄がかかる 棚田を撮り 呼子へと・・・凄い雨になって来ました

呼子では たばこの畑で  お遊びです

   

 

3日間の 撮影を終え

仲間 6人と 呼子名物の  イカの活姿づくりで コリコリの食感を味わい 

天ぷら 茶碗蒸し いかしゅうまいと ごちそう三昧の 撮影会に 満足して

揺られ 揺られて 帰途につきます

  日本風景写真協会 大阪第2支部 s.zaitsu   写楽道 遊心

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森の中へ 藤の艶姿を見つけに | トップ | 自然湖・乗鞍・上高地へと ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然風景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。