絶景必撮人  写楽道 遊心(s.zaitsu) 美しき日本の絶景 撮影旅

日本風景写真協会 大阪第2支部 支部長     日本写遊会  主宰     写楽塾   塾長

厳冬の北海道 大雪旭岳へ

2017年01月30日 | 自然風景

 

1月下旬 厳冬の北海道へ

厳しい寒さの中 大雪旭岳へ 登って来ました

真っ白な 北海道 千歳空港へ 降りたち 初日は キトウシ森林公園から 天人峡へ

                 

 

 

森林公園の丘の上から 東川の街並みを 眺めると 青空に 光芒が走っている

 

天人峡から 眺めてみると 氷筍が出来ているではないか

 

 

 

青く澄んだ 氷に 真っ白な雪

 

 

 

川の流れに沿って 冷え込んだ時がきざまれている

 

 

一日目は 昼過ぎからの 撮影になりましたが

 

氷瀑に 目を捕られ 日暮れ近くまで 撮影に没頭していた

 

二日目は 大雪旭岳へ 登ります

目が覚めると 昨日から 降り続いた雪で 何もかもが 真っ白に・・・なっている

早速 旭岳の麓にて しんしんと降り続く 雪に 魅せられて 撮影を始める

                       

 

真っ白な 雪を ラッセルしながら進む

広がる自然に 雪が化粧をしてくれて まるで 雪の精が 降りたったようだ・・・!!

 

 

降り続く 雪に足を取られながらも 自然がくれた  最高の景色に 満足している

 

 

 

ますます 雪は 降り続き

更に 積もっていく  さてさて 上は シュカブラが 見られるだろうか

吹雪の様相になってきたが・・・・・・・・

さあ 旭岳へ やって来ました

ロープウエイに乗り 旭岳展望台まで 雪面を歩く

                

 

展望台を目指して 登ります

ガスがかかり 一面 ホワイトアウトの状況になるが

登るにつれて 晴れ間が見え シュカブラも 確認できます

一瞬 女神さまが ニコッと微笑みました

 

 

女神様が 微笑んだ 瞬間

この 一瞬だけです   逃さずに 撮影

その後は また ガスに覆われてきました

シュカブラ (風紋)が 見えてきました

まったく 見えない時もあり 山は 激しい天候の変わりようです

 

山を下り

大雪森のガーデンへ

圧雪車に 乗って めぐります       

 

 

日暮れまで 寒風咲きすさぶ中 晴れ間を待っての 撮影は さむい 寒い です・・・・・・さむい

 

ホテルへ 戻り そのまま 星空撮影へ

真っ暗な中 でかけました

 

       

 

天気予報は 夜に 星空になる・・・と・・・いうことだったが

寒風吹きさらされた中での 天気では 晴れると 思われなかったが

予報は 見事的中しました

写し初めから 一時間ほど 見事に 満天の星が 輝いてくれました

 

きょうは 最終日

白しげの滝  マイルドセブンの丘  そして ラベンダーの森へ 向かいます

残念ながら 天候は 段々と 強風が 吹き始めてきました

              

 

 

白しげの滝は  見事に 凍っています

 

  豪快な 氷瀑

残念ながら 橋の上からの撮影です

下から 見上げるように 撮りたかったですが つるつるの状態で 落ちたら 上がってこれません

 

 

マイルドセブンの丘では  吹雪となり 雰囲気だけを 撮影しただけとなりました

晴れていれば 素敵な光景が 広がっていたことでしょう

 

酷寒の北海道は

厳しい自然でしたが  一瞬の微笑み  太陽も顔を 拝むことができ

寒さの 中にも 楽しい 撮影旅行ができました

また来る日まで 自然よ ありがとう   感謝

   ハンドルネーム   財燦 遊心 ざいさん ゆうしん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寒波襲来 金剛山樹氷は桜の... | トップ | もう 春の訪れです »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然風景」カテゴリの最新記事