プリキュアlove

プリキュアの日記

キラキラ☆プリキュアアラモード22話 やめてジュリオ!憎しみのキラキラル!

2017-07-15 15:59:31 | キラキラ☆プリキュアアラモード
苦戦はしてたけど 1話で決着が着いたことに驚いた。そ、そこはキラリンが覚醒して助けるとかじゃないんだ(( ; ゜Д゜))

前回までのお話 シエルちゃんは妖精キラリンでした。後がなさそうなビブリー そして 再びやって来るジュリオ。一体どうなってしまうのか!?

ジュリオの様子がおかしいのを気にするホイップ達。構わずジュリオは攻撃してきます。応戦するもやられるホイップ達。

キラリンはジュリオの髪飾りを見て双子の弟だと気づきます。衝撃の事実に驚きを隠せない一同。ジュリオは今更姉さん振るな!!とキラリンを吹き飛ばし そのまま みんなを襲おうそします。

ジュリオくんツンツンしてるけど キラリンの声に一瞬止まったあたり 内心動揺してたよね。

ジュリオの攻撃によって穴に落とされるホイップ達。そこはキラキラルの力が宿る謎の場所。悲しんでいるキラリンをホイップは心配します。

長老に聞かれても 何故ピカリオがあんなことになったのか分からないとキラリン。二人はパリで修業していたそうですが ある日突然ピカリオがいなくなってしまったそうです。

キラリンもスイーツも嫌い・・・そんな風に言う彼の心境に一体何があったのか・・・。

再び襲い来るジュリオ。変身して応戦するプリキュア。ホイップはジュリオの攻撃を受けながら何かを感じます。

何もかも違った・・・プリキュアを夢見る資格があったのも スイーツ作りの才能があったのもキラリンだけだったんだとジュリオは言います。

・・・お、男の子のプリキュアもあっていいんじゃないかなぁ(汗)

キラリンはそんな事ない!!と 思い出のワッフルの事を話します。道具を壊して落ち込んでいた時にピカリオが作ってくれたワッフルの事は今でも忘れないとキラリンは言います。

しかし、ジュリオはお前には俺の気持ちは分からない・・・と言います。 

どんなに頑張ってもスイーツ作りは上手くいかず悩んでいたジュリオ。そんな彼の気持ちはいざ知らず人間になれた事を嬉しそうに報告するキラリン。

プリキュアにもなれるかも♪と上機嫌なキラリンはピカリオのワッフルを試食。評価を期待するピカリオですが 美味しいけどいちご山で作ってくれた時のがもっと美味しかったと言われてしまいショックを受けます

自分のした事がピカリオを傷つけてたとは知らずショックを受けてしまうキラリン。

でもそのおかげでノワール様に救われたと プリキュアよりも凄い力を手に入れたとジュリオは言います。

キラリンって無神経なところがあるよね。普通のパンケーキって発言とか 弟子テストの時のうさぎのケーキを作ってみせる下りとか 人によっては傷つく可能性あるからね。いちかちゃんちょっと凹んでたのは確かだし。

まぁ あの子はタフだから問題なかったけど

吹き飛ばされたホイップ達が戻ってきます。またジュリオから何か感じるホイップ。みんなに力を貸してほしいと言います。 ジュリオの事を知るために

ホイップに向けてクリームエネルギーを放つ四人。OPのサビのシーンですね!
直前のシーンがジュリオが出てくるシーンだったり 割とそのまんまの構図のような。

ジュリオの攻撃を受けながら本当に痛いのはジュリオなんだとホイップは感じます。大好きなお姉さんに認めてもらいたかったピカリオの気持ちなんだと・・・

戸惑うジュリオ。ワンダフルアラモードを使い そのまま彼の元に近づくホイップ。大嫌いは大好きの裏返し スイーツで気持ちが通じる訳がないと言っていたけれど それを一番信じていたのはあなた自身なんだとホイップ。

大好きから始まった気持ちはずっとここにのこっている キラキラルを放ちながら語るホイップの頭上に突如現れる伝説のパティシエらしき人。長老も驚きます。

ジュリオは浄化されてピカリオに戻ります。

謎の祭壇らしきものを見つけるペコリンと長老。長老は何かが起ころうとしていると意味深なことを言います。

ピカリオの気持ちに気づけず自身では何もできなかった事にキラリンは落ち込んでいました。それをノワールは目を付けているようでした・・・

次回 遂にキュアパルフェが登場!?そしてビブリーちゃん死す!?

次回 キラキラ☆プリキュアアラモード23 話 翔べ!虹色ペガサス、キュアパルフェ!

キラキラいっぱい召し上がれ♪♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キラキラ☆プリキュアアラモー... | トップ | キラキラ☆プリキュアアラモー... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。