ぼくのロードショー

ぼくのオリジナリティ―がマイノリティーでもいい、それでもいい。いつもありがとう。

親の影響力なのか?

2017-03-06 12:02:00 | 日記
親の育て方とか、環境とか、要因は色々ある。

他人は知らないが自分自身に限って言えば相当影響していると思う。

体型や仕草が似ているのと同じようにDNAは間違いなくある。

理屈っぽい性格や人の意見を否定的に受け取ることもだ。

でも、親の育て方が良い悪いの問題じゃないのだ。

すべては自分自身の選択なのだ。

ごく普通に育ってきた私は、今の私を私の意志で作り上げたのだ。

誰のせいにもしない。出来ない。

後悔も無し。いや、後悔はしまくっている。

恨みつらみも無し。

自由に生きるとはどういうことなのだろう?

好き勝手に生きるとは罪なことなのか?

度合いの問題なのじゃないの?

何でも行きすぎやり過ぎが良くないのと同じで。

協調性がない。

人を好きになれない。

夢中になるものがない。

寂しい人間?

イタイ人間?

それはそういうタイプが世間での評価なだけ?

自分の気持ちはどうなの?

同棲したり結婚したりして一緒に生きていくことが、息苦しくなって、辛くってダメになったりしたんじゃないの?

一人になった時、清々したこと忘れてない?

一般社会の価値が自分の価値に置き換えられないからどうだというのか。

人は人…なんじゃないの?

でも人は、本当は自信がないから、外れてしまうことを指摘する。

それは不安材料だから。

不安分子だから増長しないように芽を摘む。

そんな世界から逃げたい。

脱出したい。

人は変えられない。

自分の考えを変えるか、違う行動を起こすしか生きる道はない。

逃げてもイイと思う。

お母さん娘やめても良いですか?

アリだと思います。

親父、息子やめてもいいよな。

もうお互い歳をとった。

父と子の距離は変わらない。永遠に。縮まらない。

でももう五十手前のオッサンだよ、おれももう。

呪縛。壁。

越えられない何か。

逃げられない絆。

絆。嫌いな言葉。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 流行とは、流されて行くこと…? | トップ | 「アナザーストーリー田中角... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。