I、HAMMETT。

ひとの欲しいものが自分の欲しいものになってないか問いかける毎日

SASARU ! 刺さる言葉 

2017-06-17 18:17:42 | 小説等感想


それでも僕は能力の許す限り真剣に、彼らの話に耳を傾けた。
理由こそわからなかったけれど、誰もが誰かに対してあるいはまた世界に対して
何かを懸命に伝えたがっていた。

(村上春樹:1973年のピンボール)


30年以上前。

SNSもブログもなんにもない時代にこの文章は予言している。


いや、言い方を変えればあの時代も今も人の本質って変わってないんだ。

みんな自分の話しを聞いてもらいたがっている。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初独り暮らしの寂しさを吹き... | トップ | 月と太陽。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。