I、HAMMETT。

ひとの欲しいものが自分の欲しいものになってないか問いかける毎日

映画「ボーダーライン」SICARIO観ました

2017-03-20 13:27:10 | 日記
WOWOWのW座からの招待状で観ました。

すっごくオモシロかった!

ドゥニ・ヴィルヌ―ブ監督。2015年作品。

劇場で昨年公開してたのは知ってて行き損ねていた。

絶対に観るぞの勢いでいました。

これは不覚。劇場で観るべき映画でした。

後回しにしていた自分を深く反省。

監督の力量。俳優たちの力量。脚本。映像美。

二重丸の合格点。

ストーリーの肝は、攻撃こそ最大の防御なり。イリーガルの攻防戦。アメリカの正義とは。麻薬カルテルの存在。…

しかし、若手監督たちのレベルがグンと上がっている。

レベルが違う。

セリフ回しが違う。ストーリーテリングの力が違う。モノが違う。

製作費が違う。下準備が違う。…

日本映画を観ていてどうしても感じてしまうリアリティーの描き方の差。

セリフ回しの不自然さや滑稽さの露呈とか。

表のテーマと裏のテーマ。

ストーリーの軸というのか太さというのか。

色々考えさせられてしまう。

どうやって見せるのか、そしてどう感じさせるのか、そしてストーリーを追っていきながらどんな「種」を植え付けたいのか。

こんなことを期待しながら映画オタクの私は影響されたがっています。

ショックを受けたいのです。打ちのめされたいのです。

昨夜はこの映画で打ちのめされました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下積みと職人技、無駄な時間... | トップ | 楽しい !!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。