ぼくのロードショー

ぼくのオリジナリティ―がマイノリティーでもいい、それでもいい。いつもありがとう。

「バーニングオーシャン」観て…くたくた。

2017-04-25 16:22:24 | 日記
DeepWater Horizon原題

ディープウォーターは石油掘削施設の名前。

掘削専門大手会社BP社の下請け会社の作業員たちが大事故に遭遇する。

ピーター・バーグ監督は危険極まりない舞台設定が得意。

マーク・ウォールバーグが主人公。

ウォールバーグは観るたびに、クロ柴犬の顔に見えてくる。

ムッキムキなのに愛嬌があるのはたぶん気の強いマメ柴君顔だから。

親会社の経費削減で点検作業を端折ったばかりに大惨事に巻き込まれる。

バーグ監督は重量鉄骨を落っことしたり大サイズのネジをヒュンヒュンすっ飛ばしたりを

リアリズムで容赦なく映す。

巨大工場機械が狂い暴れて制御不能状態。勿論人災。

痛みの伝わってくる描写をこれでもかと画面に叩きつけてくる。

ゴツン!ドカ~ン!ベコッ!ボコンッ!痛ェ~!

物語後半はこの連続。

案の定その夜は建物から落っこちる夢を見た。

ウォールバーグはバーグと組んだときはこの実録路線をずっとやってくのか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 首を長くして… | トップ | 村上龍著「最後の家族」を読... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。