ぼくのロードショー

ぼくのオリジナリティ―がマイノリティーでもいい、それでもいい。いつもありがとう。

イイ男とは?男前とは?真面目な考察として。

2017-07-14 20:44:12 | 映画感想
中学生の、童貞ど真ん中だった私にとって、ボズ・スギャッグス。

新星堂で、LPレコード見ていたらこのアルバムが目の前に立ちはだかった。

うわっ!

オレ、女子だったら…この男(ひと)だったら抱かれてもいいかも。

…とは思わなかったけど。

沢田研二そっくりのアメリカ人歌手だァ~!と感慨にふけりました。

あれから37年の時を経て。。。


お店の、オネーチャンや常連さんが苦笑いしても

この人の歌と真似をして遊んでます。

だって思春期のヒズメなんですもの。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 姜尚中著「漱石のことば」を... | トップ | 明日は「海の日」なんですね… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。