漢検1級198点!! 満点取るまで生涯学習!!

我孫子・手賀沼と愛猫レオンの徒然日記、漢検1級チャレンジャーの方々の参考となるブログにしていきたいと思います。

古田武彦ほか 「君が代、うずまく源流」 (市民の古代 別巻3)

2017年06月28日 | 古代史
日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへペット(猫) ブログランキングへ気まぐれ日記 ブログランキングへ
●手持ちの「市民の古代 君が代は九州王朝の讃歌」(別巻2)(古田武彦 著)と合わせて読んだ・・・
●我孫子図書館には古田武彦さんの著作物は豊富にあるが、この“市民の古代”シリーズはない・・・調べてもらったら、県立図書館に在庫あるということだったので、“相互貸借”ということで借り出した・・・
●「君が代は九州王朝の讃歌」は古田武彦さんの著作だったが、本著は、以下4氏の論稿。
 「君が代は九州王朝の讃歌」説の誕生と補遺 -灰塚照明ー
 「君が代」「海行かば」、そして九州王朝  -古賀達也ー
 「君が代」の源流             -藤田友治-
 「君が代」の論理と展開          -古田武彦-
  
●「古代史」カテゴリーに1年前に「市民の古代 君が代は九州王朝の讃歌」記事を載せていた・・・そのときの記事を読みかえしたら、そのときも県立図書館から借りたらしい・・・その本がこれだったんだな・・・そのときは題名を忘れていたらしい・・・

●改めて、上記2冊・・・本といっても読みやすい冊子のようなものだが・・・を読んだが、相変わらず実証的でわかりやすく説得力もある内容なんだけど、世間にはまだまだ受け入れられていないようですねえ・・・

(●ついでに県立図書館にあった「まぼろしの祝詞誕生(新版) 古代史の実像を追う」(古田武彦著 古田武彦と古代史を研究する会(編))も借りた・・・こちらは2回目を熟読中・・・すでに30年前の著作なのに、祝詞なんて詠んだことないのに、これもとても刺激的で面白く、また実証的で・・・これは別記事でまとめよう)

👍👍👍 🐔 👍👍👍
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熟語の読み・一字訓読(その... | トップ | 熟語の読み・一字訓読(その... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古代史」カテゴリの最新記事