漢検1級198点!! 満点取るまで生涯学習!!

我孫子・手賀沼と愛猫レオンの徒然日記、漢検1級チャレンジャーの方々の参考となるブログにしていきたいと思います。

葉室 麟  「黒龍賦」

2017年06月22日 | 読書
日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへペット(猫) ブログランキングへ気まぐれ日記 ブログランキングへ
●桃山時代の絵師・海北友松(かいほう ゆうしょう)の物語・・・出自は武士・・・
●読んでたら、父親が「海北綱親」だって・・・・どこかで見たり聞いたりした名前だと思ったら、やはり、以前、よく遊んだゲーム「信長の野望」の海北綱親(かいほう つなちか:近江の武将、浅井長政の家臣)だった(^^)
●その子ども(五男とも三男とも・・・)が、この本の主人公・・・。調べたら、NHKの大河ドラマ「春日局(1989年)」で吉幾三が演じた人物でもあったんだ・・・「雲竜図」ほか有名な水墨画ほか多数あり・・・

●著者が「デビュー前から書きたかった」という男らしい・・・その著者の思いは十分伝わる小品だった・・・読みやすく1日で読めた・・・
●戦国時代だから、取り巻く歴史上の人物も周知の人物が多く読みやすい・・・でも、この小説では、この主人公と、あの安国寺恵瓊、そして、明智光秀、斎藤利光が主役ってところか・・・

👍👍👍 🐔 👍👍👍
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漢検1級 平成29年度 第... | トップ | 瀟湘八景ほか ~“八景”の四... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL