漢検1級198点!! 満点取るまで生涯学習!!

我孫子・手賀沼と愛猫レオンの徒然日記、漢検1級チャレンジャーの方々の参考となるブログにしていきたいと思います。

漢検1級 29-1向け <語選択問題2>

2017年06月14日 | 語選択
日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ
<「漢字の学習の大禁忌は作輟なり」・・・「作輟(サクテツ)」:やったりやらなかったりすること・・・>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆☆☆今年のテーマ:①漢検1級199点以上 ②好きな古代史の研究深化(古田説の研究) ③(非公開) ☆☆☆  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●29-1は28-1と同じように、年度第1回だから高難度になるのかな~。それともここ2回ほどの難度に落ち着くのかな~。
●全体のレベルはそれほど変わらないだろうけど、いわゆる“満点阻止問題”はふたつ、みっつ、出してくれそうだなあ~・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・過去問の精査:完了(「H18~H23」、「H24~H28」、「H4~H17」の順で精査完了・・・)
・自己作成の模試を直近の模試からさかのぼって復習・精査:完了(これも直近の模試からさかのぼって精査)
・他人様のブログ(模試など)で学習中・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●29-1模試で出し残した語選択問題です。ほとんどすべて、漢検2辞典の掲載熟語ですが、大見出し熟語はあまりなく、下つき熟語とか意味掲載のない熟語がほとんどです。この時期、よほど自信のある方にしかお勧めできませんので、トライは自己判断でお願いします。
●私は今回、エベレスト登頂目前でビバークせざるを得ない状況なので、登頂を目指す方の“後方支援”に徹することにしました(笑)・・・とはいえ、急な天候回復もありうるので、そのときは、私も登頂を目指します(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
各問題5問ですが、ほとんど新出問題であり、実際にはこういう設問・出題はありえません。出るとしても5問中1問あるかないかでしょう・・・勘を養うため、腕試し用にお使いください。なお、設問・解答(解説)の中には、語選択にとどまらず、同義語・類義語にもなりうる熟語もありますので、そういう視点で学習されることをお薦めします。繰り返しになりますが、自信のある方や“怖いもの見たさ”の方にのみお勧めします。


<語選択問題2>
1.跡形をとどめない、また、あてどもなくさまよう
2.身分不相応なことをする
3.やせる思いをする、苦しみおもう。
4.三回忌。三周忌。
5.その時代の当面する難題、重大事件

<語群>
(たいしょう、かんなん、しょうしょう、じかん、ろうせき、ゆせん、さいじき、しょうりょ)

👍👍👍 🐔 👍👍👍
<解答&解説など>
1.浪迹・浪跡(ろうせき):(大字源)①跡形をとどめない ②あてどもなくさまよう
(漢検2)
 *「迹」のところにあるのみ・・・「浪」のところには掲載ナシ。なお「浪“跡”」の記載はナシ・・・。
 *「迹」
  意味:①あと。あしあと。あとかた。物事の行われたあと。「行迹」 ②おこない。行為。
  書きかえ:「跡」に書きかえられるものがある。
  下つき:垂迹(スイジャク)・浪迹(ロウセキ)  大見出し:迹(あと) 迹門(シャクモン)

2.踰僭(ゆせん)=僭踰:身分を超えたことをする、身分不相応なことをする(大字源)、下の者が身分不相応なことをする(漢字源)
          *僭踰(=僭越):身分・権限以上に過ぎたことをすること(漢字源)
「踰僭(ユセン)」*漢検2は「僭」の下つきで記載あるのみ(意味記載ナシ)。

3.憔慮(しょうりょ):(大字源)やせる思いをする。苦しみおもう。(その他)やせる思いで悩む、なやみおもう など
 (漢検2)
  意味:やつれる。やせおとろえる。「憔悴(ショウスイ)」「憔慮
  *ネット上では向こうの辞典では「憔慮: 苦思」なんてあるが、「苦思」は広辞苑などの国語辞典にはナシ・・・
 <比較>「憔慮」と「焦慮」はすこしちがうようなので、「焦慮」だと、たぶん✕。
  焦慮:(広辞苑)心をいらだたせること。焦心。(その他) 気をもむ。心がいらだつ。あせる。

4.大祥(たいしょう)
 (広辞苑)人の死後3年目に行う供養の法会。三回忌。大祥忌。
 (大字源)人の死んだ年の翌々年に当る回忌。三回忌。三周忌。三年忌。 *一周忌が「小祥」
  参考:少祥(しょうしょう):広辞苑:(「祥」は凶服をぬいで吉服に着かえる意)一周忌。
 (漢検2下つき)
  嘉祥(カショウ)・吉祥(キッショウ)・(キチジョウ)・小祥(ショウショウ)・瑞祥(ズイショウ)・大祥(タイショウ)・発祥(ハッショウ)

5.時艱(じかん):(大字源)その時世の、国にとっても重大事件。難局。(広辞苑)その時の艱難。その時代の当面する難題。
 (漢検2・下つき)
  苦艱(クカン)・険艱(ケンカン)・時艱(ジカン)・辛艱(シンカン)・阻艱(ソカン)

👍👍👍 🐔 👍👍👍
ジャンル:
学習
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トラトラトラ ~ライオンに... | トップ | 漢検1級 29-1向け <... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
想像力?創造力? (rikuroku)
2017-06-14 11:53:14
こんにちは~

今日も楽しい問題ありがとうございます。

復習だけだと刺激が無いので楽しいで~す
でもこの時期にいいのかな~(笑)

2.4.5出来ました!

1.踉迹 3.労瘠 苦し紛れに「ろうせき」2回使った

1.惜しかったな~
 跡形をとどめないから「浪」が想像できれば・・・

3.「焦慮」が浮かんだが却下した
 やせるに注目してしまった

ありがとうございました~

う~む、む、む (syuusyuu)
2017-06-14 12:52:52
大したもんやねえ・・・
アクセスみると、他にも“怖いもの知らず”がたくさんいるようだけど、仙才rikuのコメみて自信失わなければよいが・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL