漢検1級198点!! 満点取るまで生涯学習!!

我孫子・手賀沼と愛猫レオンの徒然日記、漢検1級チャレンジャーの方々の参考となるブログにしていきたいと思います。

熟語の読み・一字訓読(その78:準1以下):打

2017年06月28日 | 熟語の読み(音・訓) ー準1級以下-
日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ
<「漢字の学習の大禁忌は作輟なり」・・・「作輟(サクテツ)」:やったりやらなかったりすること・・・>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆☆☆今年のテーマ:①漢検1級199点以上 ②好きな古代史の研究深化(古田説の研究) ③(非公開) ☆☆☆  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎◎◎漢検2辞典に沿って、準1以下の漢字の、気になる訓読みに対応する熟語などを調べる<熟語の読み・一字訓読(準1以下)>シリーズを始めています。準1以下といっても1級漢字を含む熟語などもあり、少しはお役に立つと思っています。◎◎◎
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●29-1までに間に合わず、かつ、事故のため中断していたシリーズを再開しています。漢検2の頁とは順不同です。

●準1以下の漢字については、自分の調べたいところ(不明なところ、興味あるところ抔)のみ、調べて記載していますのでお含み置きください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<打:小学…ダ、う(つ) 準1…チョウ、テイ、ぶ(つ)、ダース>

(大字源)ダ(慣用音)・タ(漢音) チョウ(呉音) テイ(漢音)  *現行“タ”音ナシ。 *“テイ”音熟語見当たらず。
(漢検2)
打眠(タメン) :僧がねむること。 「ダメン・ダミン」とも読む。  
打擲(チョウチャク)
打打(チョウチョウ):物を続けて打ちたたく音。「丁丁」とも書く。
打打発止(チョウチョウハッシ):刀などで互いに打ちあうさま。丁丁発止(チョウチョウハッシ)
打板(チョウハン):おもに禅宗の寺で庫裏などに掛け、時刻の合図などに打ち鳴らす楽器。金属製で雲形をしている。雲版(ウンパン)。「長板」とも書く。
*他の掲載熟語はすべて“ダ”音の熟語・・・掲載略・・・

(大字源)
*訓のダース:英語dozenの音訳。「打臣(ダース)」の略。
*以下、興味のある熟語のみ(含、1級漢字を含む熟語)

打囲(圍)(ダイ):狩猟をする。鳥獣を囲んで捕らえるからいう。田猟。 (*「圍」は旧字。)
打鬼(ダキ):雍和宮やラマ寺で行った、邪鬼を追い払う行事。鬼やらい。追儺(ツイナ)。
打諢(ダコン):冗談を言い合う。ふざける。    (*諢:諢(たわむ)れ・諢(おど)け )
打坐(ダザ・タザ):①すわる ②(仏)座禅を組む。打座。「只管打坐」。
 *漢検四字熟語辞典では「只管打坐(シカン“タ”)ザ」読みのみ。かつ「“打座”とも書く」とはなっていない・・・。

打漿(ダショウ):舟をこぐ。また、その櫂(かい)。
 *「漿(ショウ、しる・おもゆ・のみもの)」の意味:①しる。液。物の汁。「漿液」「漿果」 ②液状のもの。どろりとしたもの。「岩漿」「血漿」 ③おもゆ。 ④のみもの。飲料。・・・大字源にも他の意味は記載されていないので、この「打漿」の「漿」は、やはり、そういう意味なのか・・・「漿を打つ」という意味なのかな?

打罵(ダバ):ののしる。罵倒する。
打碑(ダヒ):碑文を石刷りにする。
打扮(ダフン):扮装する。化粧する。また、扮装。

👍👍👍 🐔 👍👍👍
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熟語の読み・一字訓読(その... | トップ | 熟語の読み・一字訓読(その... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

熟語の読み(音・訓) ー準1級以下-」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL