漢検1級198点!! 満点取るまで生涯学習!!

我孫子・手賀沼と愛猫レオンの徒然日記、漢検1級チャレンジャーの方々の参考となるブログにしていきたいと思います。

漢検1級28-3に向けて <syuusyuu 模擬試験問題その2 >

2016年12月19日 | 模擬試験問題
日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ
<「漢字の学習の大禁忌は作輟なり」・・・「作輟(サクテツ)」:やったりやらなかったりすること・・・>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆☆☆今年のテーマ:①漢検1級199点以上 ②好きな古代史の研究深化(古田説の研究) ③(非公開) ☆☆☆  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●ごく一部の問題を除いて、ほとんど新出問題ばかりなので、むっずかしい“実力試験問題”のようです。漢検レベルから30~40点ぐらいは、低くなると思いますので、訓練用にお使いください。
●ただし、漢検2辞典からそれほど外すことのないようにしているので、お役には立つかと思います(音読み問題・文章題以外は、ほとんど漢検2掲載熟語、および、その熟語から派生している問題としています。)
●<その1>に比べたら、少しは易化していると思うのだが・・・どうかな?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(注)音読みは基本的には<漢検2>および<大字源>の読みにしています。他の読み方もあるかも知れませんので、解答以外の読みもあるようでしたらお知らせいただけると有り難いです。

<syuusyuu 漢検1級 模擬試験問題 その2>
(一)次の傍線部分の読みをひらがなで記せ。1~20は音読み、21~30は訓読みである。(30)1×30
1.其の娃娃をあやす 
2.春態、紛として猗儺たり 
3.あまりの悲しみに咽咽とする  
4.撃缶で拍子をとる 
5.翕翼して飛び去る能わず 
6.人生を筴筮で占う 
7.先人の技術を倣傚する 
8.蕭艾を相手とせず 
9.層榻を踏み台に攀登す 
10.肥碩な偉丈夫と邂逅した 
11.臣下の藻梲は僭越な驕りである  
12.草木鬯茂し、銅駝荊棘たり  
13.四野、畛畷無数なり
14.棚を作るに框檔を用いる 
15.衆庶の胸詈は主上に届かず 
16.讒言により黜剝を受けた
17.西施、西湖にて潘沐す 
18.長幼、士女、頒斌として交集す 
19.典論を畢覧する 
20.畋猟のため罘罕を携行す 
21.会場は興奮のとなった     
22.見を多くして殆うきをく 
23.この醴をめる  
24.実に十寸もある大馬だった 
25.を神に捧げる 
26.反嘴鴫は旅鳥として渡来する 
27.かな心で人と接する 
28.かべのように切り立った岩山のを登る
29.非難のを向ける
30.しい菊の香りがする    

(二)次の傍線部分のカタカナを漢字で記せ。19、20は国字で答えること。(40)2×20
1.この洋菓子はなんともマロやかな風味がする 
2.そんな処置ではテヌルいぞ 
3.ナリフり構わず逃げ出した  
4.キリの良いところでやめる  
5.恋すて我名はマダキ立ちにけり人知れずこそ思い初めしか
6.コンソンの次の世代を仍孫という
7.表着はスオウの織物だった  
8.軍中にコホンの士あり 
9.ベイエンの資は必要不可欠だ 
10.孤立無援でロカイがない 
11.寝苦しくて悪夢にウナされる 
12.イシに甘んじて使われる 
13.都から遠く離れたヒリに隠棲する  
14.口には出さず、ヒリの陽秋に徹する 
15.カンゼンとして笑う       
16.彼はカンゼンするところが無い  
17.先人の遺業をカイコウする 
18.30年ぶりに旧友とカイコウした 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
19.オオボラは鯔の成長したものである 
20.穀物をカマスに入れて運ぶ 

(三)次の1~5の意味を的確に表す語を下の語群から選び、漢字で記せ。(10)2×5
1.人として守るべき不変の法
2.①学問や知識に広く通じる。②あまねく行き渡る
3.自由で愉快なさま
4.よこしまな管理、国をむしばむ官吏
5.継ぎはぎした布団。転じて、先人の文章を継ぎはぎしてつくった文。
<語群>
(ごけん、のうひ、がいこう、しつかん、いけん、くくぜん、しょうしょうこ、はいし)
 
(四)次の問1と問2の四字熟語について答えよ。 (30)   

問1 次の四字熟語の(1~10)に入る適切な語を下の語群から選び漢字二字で示せ。(20) 2×10
( 1 )点呼  ( 2 )虎視  ( 3 )狼貪  ( 4 )之学  ( 5 )五典 
膠柱( 6 )  因果( 7 )  鞠躬( 8 )  彫虫( 9 )  狂言( 10 ) 
<語群>
(りょうじょう、てきめん、ようこん、てんこく、じんすい、かんえつ、きしょう、さんぷん、きご、こしつ)

問2 次の1~5の解説・意味にあてはまる四字熟語を後の四字熟語群から選び、その傍線部分だけの読みをひらがなで記せ。(10)2×5
1.ともに利益を得るたとえ 
2.様子をうかがい、これにならって真似をすること
3.混雑しているさま
4.好きになればどんなことも気にならなくなるという喩え
5.困難を乗り越えて遠路を行くこと

<四字熟語群>
蓼虫忘辛 涸轍鮒魚 肩摩轂撃  苛斂誅求  造次顚沛  百舎重繭  涸沢之蛇  窺伺傚慕

(五)次の熟字訓・当て字の読みを記せ。(10) 1×10
1.香蕈 2.大口魚 3.郁子 4.懸鉤子 5.沢瀉 6.飛白 7.寒蟬 8.知更鳥 9.牛皮消 10.怪鴟

(六)次の熟語の読み(音読み)と、その語義にふさわしい訓読みを(送りがなに注意して)ひらがなで記せ。 (10)1×10
ア.1.歙肩 - 2.歙める 
イ.3.鞏固 - 4.鞏い 
ウ.5.荏弱 - 6.荏らか 
エ.7.建水 - 8.建す 
オ.9.捲勇 - 10.捲む 

(七)次の1~5の対義語、6~10の類義語を下の語群から選び、漢字で記せ。語群の語は一度だけ使うこと。(20)2×10
1.独奏 2.晏起 3.誠実 4.吻合 5.騰貴 
6.仙掖 7.満座 8.朶雲 9.歌稿 10.獄門
<語群>
(しゅくこう、しえん、ようかん、けつかつ、さんらく、かんしゅ、えいそう、まんがく、かんりんいん、ていご)

(八)次の故事・成語・諺のカタカナの部分を漢字で記せ。 (20)2×10
1.キンチョウ百を数えると雖も一鶴に如かず
2.戦陣の間には、サギを厭わず
3.志合えば胡越もコンテイなり
4.ヒカンを急にする者は千里の御に非ず
5.ジュウリョの慶
6.ロウライを待ちて自ら悔ゆること莫れ
7.蟷螂が隆車に向ってチョウヒを頼む
8.マンランの言を為す
9.能なき者は、飽食して敖遊し、汎としてフケイの舟のごとく、虚にして敖游する者なり  
10.蝨、コンチュウに処る 

(九)文章中の傍線(1~10)のカタカナを漢字に直し、傍線(ア~コ)の漢字の読みをひらがなで記せ。 (30)書き2×10 読み1×10
(A)
「学者や富豪に奸人多きに引きかえ、下民は常に命運の薄きを嘆くより、したがって信心によって諦めを啓かんとする念深く、何の道義論哲学説を知らぬながらに、姦通すれば漁利空し、虚言すれば神罰立ちどころに至ると心得、ために不義に陥らぬこと、あたかも百二十一代の至尊の御名を暗誦せずとも、誰も彼も皇室を敬するを忘れず、皇族の1.ホウタイア.睨めば眼が潰るると心得て、五歳の2.チョウシンも不敬を行なわぬに同じ。むつかしき理窟入らずに世が治まるほど結構なることなく、分に応じてその施設あるは欧米また然り。フィンランド、ノルウェーなどには、今も地方に吹いたら飛ぶような木の皮で作った紙製〔ママ〕の礼拝堂あり。雪中に一週に一度この堂に人を集め、世界の3.シンブンを報じ、さて郵便物の配布まで済ませおる。老若男女打ち集い歓喜限りなし。別に何たるむつかしき説法あるにあらず。英国なども、漁村には漁夫イ.水手相応の手軽き礼拝堂あり。これにウ.詣る輩むつかしき作法はなく、ただ命の洗濯をするまでなり。はなはだしきは、コーンウォール州に、他州人の破船多くて獲物多からんことを祈り、立てた寺院すらあるなり。それは過度ならんも、漁夫より漁神を奪い、猟夫より山神を奪い、その祀を滅するは4.チドウの要に合わず。いわんや、山神も海神もいずれもわが皇祖の御一族たるにおいてをや。神威を滅するは、取りも直さず、皇威に及ぼすところありと知るべし。
・・・
むかしは熊野の5.ナギは全国に聞こえ渡れる名木で、その葉をいかに強く牽くも切れず、夫に離れぬ守りに日本中の婦女が便宜してその葉を求め鏡の裏に保存し、また武士の6.キンチョウ同様に女人はこのナギの葉を引きて誓言せり。定家卿が後鳥羽上皇に随い熊野に詣りし時の歌にも、「千早振る熊野の宮のなぎの葉を変はらぬ千代のエ.例にぞ折る」とあり。しかるに濫伐や移栽のために三山に今は全滅し、ようやく那智社境内に小さきもの一本あり。いろいろ穿鑿せしに、西牟婁郡の鳥巣という浦の社地小丘林中におびただしく自生せり。これも合祀されたから、早晩全滅ならん。すなわち熊野の名物が絶えおわるなり。オガタマノキは、神道に古く因縁深き木なるが、九州に自生ありというが、その他に大木あるは紀州の社地のみなり。合祀のため著しく減ぜり。ツグノキ、バクチノキなどは半熱帯地の木で、田辺付近の神林にのみ多かりしが、合祀のため今わずかに一、二株を存す。熊野の名産ナンカクラン、ガンゼキランその他希珍の托生蘭類も多く合祀で絶える。ワンジュ、キシュウスゲなど世界有数の珍なるも、合祀で全滅せんとするをわずかに有志の注意で止めおる。タニワタリ、カラタチバナ、マツバランなど多様の園芸植物の原産も合祀で多く絶えんとす。 」(「神社合祀に関する意見」(南方熊楠))
(B)
「・・・さて智馬と同類ながらオ.譚が大層誇大されたのが、仏経にしばしば出る馬宝の話だ。転輪聖王世に出でて四天下を統一する時、七つの宝自ずから現われその所有となる。七宝とはまず女宝とて、カ.膚艶に辞潔く妙相奇挺きてい黒白短なく、肥痩所を得、才色双絶で志性金剛石ほど堅い上に、何でも夫の意の向うままになり、多く男子を産み、種姓劣らず、好んで善人を愛し、夫が余女と娯しむ時も妬まぬ、この五つの徳あり。また多言せず、邪見せず、夫の不在に心を動かさぬ、三つの大勝あり。さて夫が死ねば同時に死んでしまうそうだから、後家にして他人へかかる美婦を取らるる心配も入らぬ重宝千万の女だ。それから珠宝、輪宝、象宝、馬宝、主兵宝、長者宝という順序だが、女宝の講釈ほどありがたからぬから一々弁ぜず、馬宝だけの説明を為さんに、これは諸経に紺青色の馬というが、『大薩遮尼乾子受記経』にのみ白馬として居る。日に7.エンブダイ洲を三度キ.匝って疲れず王の念うままになって毎(いつ)もその意に称うという(『正法念処経』二、『法集経』一)。『修行本起経』に紺馬宝は珠の8.タテガミを具うとあるもこれだ。紺青色の馬はあり得べからぬようだが、これはもと欧亜諸国に広く行わるる白馬を尊ぶ風から出たらしい。白馬が尊ばるる理由は、多般だがその一を述べると、明の張芹の『備辺録』に、兵部尚書斉泰の白馬極めて駿とし、靖難の役この馬人の目に立つとて墨を塗って遁げたが、馬の汗で墨が脱(お)ちて露顕し捕われたとある通り、白馬は至って人眼を惹く。したがって軍中白馬を忌む。しかるにまた強いと定評ある輩がこれに乗ると、同じく敵の眼に付きやすくて戦わぬ内に退いてしまう。『英雄記』曰く、公孫瓚(こうそんさん)辺警を聞くごとに、すなわち色をク.厲しくし気を作して、讎に赴くがごとし、かつて白馬に乗り、また白馬数十匹をケ.揀び、騎射の士を選ぶ、号(な)づけて白馬義従と為す、以て左右翼と為して、胡甚だこれを畏る。『常山紀談』に、勇士中村新兵衛、平生敵に識れ渡りいた9.ショウジョウヒの羽織と唐冠の10.カブトを人に与えて後 戦いに臨み、敵多く殺したが、これまで彼の羽織と兜を見れば戦わずに遁げた敵勢が、中村を認めずこれを殺してしまった。敵を殺すの多きを以て勝つにあらず、威を輝かし気を奪い勢いをコ.撓ますの理を暁るべしと出づ。この理に由って白馬は王者猛将の標識に誂え向きの物ゆえ、いやしくも馬ある国には必ず白馬を尊ぶ。」(「十二支考 馬に関する民俗と伝説 伝説一」(南方熊楠))
👍👍👍 🐒 👍👍👍

<syuusyuu 漢検1級 模擬試験問題 その2 標準解答>
(一)
1.あいあい:①あかんぼう ②人形 2.あだ(=婀娜) 3.えつえつ:むせびなくさま (参考:鼓の音、咽咽たり えつえつ:鼓の音の調子) 4.げきふ 5.きゅうよく *翼をすぼめる 6.さくぜい *めどぎ 7.ほうこう:まねる、模倣する 8.しょうがい *よもぎ。雑草。転じて、卑しい人。小人のたとえ。 9.そうとう *腰掛けを重ねて踏み台にしたもの 10.ひせき *太って大きい。肥大。 11.そうせつ 12.ちょうも *伸び茂る 13.しんてつ *田間のあぜみち 14.きょうとう *木の枠。区分けのためにつける横木。 15.きょうり *心の中でののしる 16.ちゅつはく *退けて官職をはぎとる 17.はんもく *米のとぎじるで髪を洗うこと 18.はんぴん *まじりあう、いりまじる 19.ひつらん *すべてみる   20.ふかん *うさぎあみととりあみ 
21.るつぼ 22.のぞ(く) 23.な(める) 24.とき 25.ぬさ・みてぐら 26.そりはししぎ 27.ゆた(か) 28.がけ 29.きっさき(*他に、鋒、鉾、芒) 30.かぐわ(しい)
(二)
1.円 2.手緩(い) 3.形振(り) 4.限(✕切り) 5.夙 6.昆孫 7.蘇芳・蘇方・蘇枋(×素袍・素襖は直垂の一。) 8.虎賁 9.米塩 10.艪櫂(櫓櫂) 11.魘(される) 12.頤使・頤指 13.鄙俚 14.皮裏 15.莞然 16.間然 17.恢弘・恢宏 18.邂逅 19.鮱 20.叺
(三)
1.彝憲 2.該洽 3.栩栩然 4.蝨官 5.衲被(のうひ・どうひ)
(四)
問1
1.簡閲 2.竜驤 3.羊很 4.記誦 5.三墳 *さんぷんごてん:太古の書物の名。略して墳典。類)「八索九丘」 6.鼓瑟 7.覿面 8.尽瘁 9.篆刻 10.綺語
問2
1.こたく 2.こうぼ 3.こくげき 4.りょうちゅう 5.ちょうけん
*涸沢之蛇(こたくのへび):ともに利益を得るたとえ 
*窺伺傚慕(きしこうぼ):様子をうかがい、これにならって真似をすること
(五)
1.しいたけ 2.たら 3.むべ 4.きいちご 5.おもだか 6.かすり 7.つくつくぼうし 8.こまどり 9.いけま 10.よたか
(六)
1.きょうけん(きゅうけん(注))  2.すぼ(める) (注)漢検2読みフリなし。調べた範囲では“すぼめる”意での”きょうけん”読みは大字源しか無し。他の漢和辞典は「肩をそびやかす」意で、「きゅうけん」読み。問題として稍不適当だったかもしれない・・・「きゅうけんーすぼ(める)」でも✕にはならないかもしれない。ただし、「歙」に「そびやかす」訓はナシ。
3.きょうこ 4.かた(い) 5.じんじゃく 6.やわ(らか) 7.けんすい 8.くつがえ(す) 9.けんゆう 10.いさ(む) *漢検2訓にはナシ(意味欄にある。現行訓はあり。 準1熟語)
(七)
1.縵楽 2.夙興 3.桀黠 4.牴牾 5.惨落 6.翰林院 7.四筵 8.瑶函(瑶緘・瑶簡) 9.詠草 10.竿首
(八)
1.禽鳥 3.詐偽 3.昆弟 4.轡銜 5.充閭 6.老来 7.長臂 8.孟浪 9.不繋 10.褌中
(九)
1.芳体 2.髫齔 3.新聞 4.治道 5.梛(竹柏) 6.金打 7.閻浮提  8.鬣 9.猩猩緋 10.兜
ア.にら(めば) イ.かこ ウ.いた(る)・まい(る) エ.ためし オ.はなし・ものがたり カ.はだえ(「はだ」でも可だろう) キ.めぐ(って) ク.はげ(しく) ケ.えら(び) コ.たわ(ます)

👍👍👍 🐒 👍👍👍
ジャンル:
学習
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手賀沼  ジョウビタキ(尉... | トップ | 手賀沼 渡りのカモたち カ... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
更に頭疲れた~ (rikuroku)
2016-12-19 16:27:23
模擬試験問題その2

チャレンジさせていただきました。
その1からはかなり易化したと思いますが、まだ難問揃いですね~
一問一問に時間がかかりますので、時間が足りないと思います。
なので時間はちょっとだけサービスしてしまいました。
お許し下さいませ。(笑)

では結果
(一)マイナス5点
2.いだ  
22.か  
24.といんち 
26.そりばししぎ 
28.はだ 

(二)マイナス6点
2.手温
4.終
5.間滝 書いただけ~

(三)マイナス2点
5.曩被 「先人の~」で「曩」が出てしまった

(四)マイナス4点
5.「さんぷ」と読み間違えて「三賦」どちらにしても知らなかった

6.固漆 「膠漆」の組み合わせかと・・・(汗)

(六)マイナス2点
1.もちろん「きゅうけん」
8.た

(七)マイナス4点
7.紫苑
9.詠藻

(八)マイナス2点
3.詐詭

(九)マイナス5点
1.宝体
4.知道
エ.たとえ

170点で辛うじて合格!

もちろん打たれ強いぼくちんですから、めげませんよ~

その1とその2で間違えた分が、蓄積されると思えば嬉しいで~す。

ビシビシ鍛えて・・・と言いたいところですが、お手柔らかにお願いいたします(笑)

ありがとうございました!


神ってる?(笑) (spaceplus)
2016-12-19 17:17:56
模試その2、出題ありがとうございます。
挑戦させていただきました。

まず、「歙肩」ですが、「漢検漢字辞典第2版から ㊿  掲載されている熟語の読み&意味」の記事に、

「歙肩」 <大漢和>「キュウケン」=肩をそびやかす。

とありましたよ^^;
また、手元にある2つの漢字辞典では共に「きゅうけん」でした。(そもそも「キョウ」音の記載なし。)

難易度は、(一)の音読み以外はそこまで易化しているようには感じませんでしたが、推測またはテキトー(笑)に書いたものがかなり当たり、189点も取ってしまいました(汗)
当たり過ぎてちょっと怖いです…(-ω-;)

rikurokuさんと同じく、(一)26「そりばししぎ」(九)1「宝体」と書いた他、
(二)7、見事に引っかかって「素襖」(笑)
(四)3、うっかり「けんま」(泣)
(六)2,8
(九)4、全く分からず「馳道」
の間違いがありました。

今回気になったのは、(九)カ「膚」の下線ぐらいですね。(拡大して見ていたせいで、一瞬「艶」まで読むのかと思いました(汗))
修正よろしくお願いします。

質問させてください。
(九)4「その祀を滅するは治道の要に合わず」とはどういう意味なんでしょうか…?
あと、(三)のダミーの「しょうしょうこ」が物凄く気になったのですが(笑)、元になった語があるのでしょうか?

勘で当たってしまった所を、これから復習したいと思います。
ありがとうございました。
rikurokuさんへの返信 (syuusyuu)
2016-12-19 18:32:18
それほど易化させたつもりはないのですが(笑)
1回と2回で随分点数差があるなあ・・・不思議。
(六)の1.きゅうけん・・・spaceplusさんへの返信で詳しく書きますが、間違いとは言えないかも・・・。
また、よろしくお願いします。
spaceplusさんへの返信 (syuusyuu)
2016-12-19 18:50:12
流石ですね(笑)、そんなに易化はしてないですけどね・・・。推測でも正解につながるのが真の実力・・・って、これ、spaceplusさんが言ってたんじゃなかったっけ(笑)
さて
1・きゅうけん・きょうけん・・・ちょっとややこしいですが、
 きゅうけん・・・肩をそびやかす(各漢和辞典)
 きょうけん・・・肩をすぼめる(大字源のみ)
 のようでで、意味によって音分けがあるのかと思っていますが、「きょうけん」読みが大字源だけだとすると、ちょっと形勢不利ですねえ・・・修正というか補筆しておきます。きょうけん・きゅうけん・・・どちらでも✕にはできないでしょうね・・・ただ、訓読み対応としては意味が違うように思うんだけど・・・ちょっと音訓読みの問題としては不適当だったかもしれませんね。
2.(九)の4.の文章の意味
(熊楠の文は難解で有名だから、合ってるかどうかわかりませんが、私の解釈では)「(神社合祀には反対の立場から)各地域や各人によって信奉され、祀られている神々を一緒くたに合祀するのは国の政治としてよろしくない」という意味にとらえていましたけど・・・どうでしょうか?合ってるかどうかわかりませんが・・・。
3.しょうしょうこ(湯湯乎)
伯牙絶絃の故事の中のことばで、「・・・・志、流水に在らば、鐘子期又曰く、「善い哉、琴を鼓する、湯湯乎(しょうしょうこ)として流水の如し」と。・・・」からです。
弊記事中にもどこかに載せてると思います。
ご指摘と質問、ありがとうございます。こちらも勉強になります。
rikurokuさんへ追伸 (syuusyuu)
2016-12-19 19:18:47
書き忘れた・・・ごめん、追伸で目立っちゃうかも・・・
(一)24.といんち・・・大爆笑(笑笑笑)・・・私的にかなり受けました、あはははは、いいなあ、こういうの(笑)
まだ、腹に笑いが動いている・・・失礼しましたあ。
・・・ごめん<(_ _)>・・・
 
再び失礼します (spaceplus)
2016-12-19 20:41:51
丁寧に解説していただきありがとうございます。

・「治道」…前後だけでなく全体の意味から推測しなきゃいけなかったんですね…「コーンウォール州」での話だと思い込んでしまっていました(汗)
・「湯湯乎」…「湯湯」は知っていましたが「湯湯乎」は知りませんでした。勉強になりました<(_ _)>

さて、本題ですが、「歙肩」です。
なぜ辞典によって「肩をそびやかす」と「肩をすぼめる」の2つの意味があるのかが気になって調べました。
中国語のサイトで「歙肩」を調べたところ、「猶言聳肩。」とあり、これは見るからに「肩を聳(そび)やかす」意ですよね…。
しかし、翻訳サイトにこれをかけて日本語に翻訳してみると、「まるで"肩をすぼめる"のを言います。」…目を疑いました(苦笑)

つまり、「歙肩」の意として記載されている「肩をそびやかす」と「肩をすぼめる」の2つは、実は"同じ動作"を表しているという可能性はないでしょうか…?
日本語としての慣用句「肩をそびやかす」「肩をすぼめる」は異なりますが、動作自体はどちらも「肩を首に近づける」動作で近いと言えば近い気もします。

「歙肩」には「恐れるたとえ」や「媚びるたとえ」がありますが、「肩をそびやかす」の方はかなりイメージが異なるので、「歙肩」=「聳肩」を直訳(?)した表記だということかもしれません。
もしこれが正しいとすると、「歙」に「そびやかす」訓が無いのも納得です。

後半の方はかなり推測が入ってしまいましたが、「肩をそびやかす」「肩をすぼめる」の2つが併記されている辞典がないことからも、「2つが同じ動作」説は有力では無いかと個人的には考えています。

長文失礼しました。
私も再び返信 (syuusyuu)
2016-12-19 21:12:02
私も一時期、そういうふうに無理矢理納得させようとしたことがありました・・・中国語に詳しい藤堂明保さんの漢字源なんかは、どうもそういう解釈のようですねえ・・・どっちのも意味でも取れるような説明だったような・・・私のうろ覚えの記憶ですけど・・・。でも、日本語的には、広辞苑でも「そびやかす」意味・動作は、どうしても「すぼめる」とは同義とは思えませんでした・・・中国と日本の受け止め方や表現の仕方の違いでもあるのかしらん。よくわからないな・・・。
でも、改めて勉強になりました。ありがとうございました。
トライさせていただきましたー (asatori)
2016-12-20 21:09:30
その1よりも点数取れましたー。
だいたい130点くらいでした。

とても訓練されております。
その3もトライさせていただきまーす。
asatoriさん (syuusyuu)
2016-12-20 21:38:02
コメント&報告、ありがとうございます。
楽しんでいただいているようで何よりです。

コメントを投稿

模擬試験問題」カテゴリの最新記事