お福さんの日記

徒然なるままに、風の吹くまま気の向くまま、茶の湯、庭に咲く花、野菜作りなど、日常の出来事を綴ってみました。

8月のお稽古は、茶箱です。

2017-08-10 14:43:57 | お茶

 

8月は毎年茶箱のお稽古をします。

茶箱や茶籠は、古く利休居士の時代から使われていたと聞きます。

茶箱や茶籠を用いて、大自然の中で一碗をすすめあう、風雅で茶趣あふれる光景ですが、

それだけに難しいものだと言われています。

点前道具一式を茶箱、茶籠に仕組み、携帯用として用いられました。

茶箱、茶籠の点前は、六種あって、それぞれ季節を表しています。

卯の花点前・・・夏

雪点前・・・冬

月点前・・・秋

花点前・・・春

色紙点前・・・裏千家十三代円能斎好みの御所籠を用いて十四代淡々斎が創案された点前です。

和敬点前・・・裏千家十四代淡々斎が考案された茶箱点前で、卯の花点前と雪点前とを調和させて、簡略化したもの

で、 茶箱点前の中でも取り組みやすい点前といわれています。

画像だけですが、

卯の花点前

  

  

雪点前

  

月点前

  

花点前

  

和敬点前

  

色紙点前

  

御所籠の中に、道具一式が仕組まれる色紙点てが、最も煩雑かな。

私は月点前が好きです。

お床はお軸ではなくて

お扇子を置きました。「万里無片雲」~ばんりへんうんなし~ 相国寺官長有馬頼底老師の書です。

お花は矢筈ススキに宿根ヒマワリ、山ゴボウを長宗全籠にいれました。

待合は、「白雲無盡時」~はくうんつきるときなし~

お菓子は金平糖とか豆類などですが、お稽古では、ほかに水羊羹などを供します。

 

これだけのお点前は、なかなか一度では覚えきれず先生もお手上げです(笑)

 

もう使われないであろう風炉をしまいました。

 銅安風炉、透き木風炉、中の灰をフルイにかけて、

 タッパなどにいれ、冷暗所にしまいます。

やがて、眉風炉や、侘びた鉄風炉などの登場となります。

 

 

 

 

ようやくブルーベリーが収穫できました。

  

もう少し採りためてジャムにしようと思います。

ついでにスダチもとってきました。

  

   

冷やしラーメンに付け合せたり、そうめんに付け合せたり、さわやかな酸味と香りが暑い夏向きです。

木槿もようやく花開いてきました。

ところで、あらためて画像をみて思ったのですが、

じゃがいもの煮っころがし、カボチャの甘辛煮、トマト、きゅうりのキューちゃん漬け、インゲンの胡麻和え、きゅうり

とマクワウリのヌカ漬けなどなどすべて自家産でした。地味いー。

今月末に大竹しのぶさんのミュージカルを見にいってきます。新橋演舞場なので、銀ブラし、おいしい豪華な

フレンチを食べてきますよー。

 

先日、当市では一大イベントの一つで、大花火大会がありました。

中津川、小鮎川、相模川の三川合流地点で、1万発の花火が打ち上げられ、50数万人の見物客で賑わった

そうです。もう人混みの中に出向くのはちょっとしんどくなりました。

なので、毎年近くの障害者施設で打ち上げられる花火を、二階の窓から、ひとり椅子にもたれて楽しむことに

しています。

     

    

 

 

お盆ですね。

明日はちょっと早めですが、精霊棚を飾ります。毎年のことですが、ご先祖さまのことはちゃんとしなけりゃね。

生きているものの務めかな。

かの方もあちらから帰ってくるでしょう。

馬に乗って、パカパカとのーんびり帰ってくるのか、はたまた早馬で帰ってくるのか。

いずれにしても、迎え火焚きますから間違えないで帰ってきてくださいよー。

 

 

    

 

 

 

 

 

 

  

 

  

  

  

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お猿さん、現る! | トップ | お盆の行事、すべて終わりま... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
茶道 (mcnj)
2017-08-11 09:20:30
お早うございます。

いろいろな、作法があるのですね。

一辺には、覚えきれません。

ブルーベリー、美味しいでしょうね。

お料理も、すずしげに、出来上がりました。

花火大会は、もう、何十年も、見ておりません。
mcnjさん (お福)
2017-08-11 18:24:43
茶道の流派はいくつかありますが、裏千家が一番点前の作法が多いのではないでしょうか。
作法の教科書があるお点前は、教科書を読み返せばよろしいのですが、ほとんどが口伝なのでなかなか完璧にはまいりません。
頼りない先生なのです。

花火も最近はほんとに豪華に打ち上げられるようになりました。
花火師さんの努力がうかがえます。
こんばんわ (ねこママ)
2017-08-11 21:49:14
今日から夏休みに入りましたが、家事雑用でバタバタです。

本当に茶道は奥が深いんですね~
バタバタした1日が、お福さんのブログでホッとします。

明日、精霊棚を作られますか?
かの方、きっと早馬でかえってきますよ。
以前TVでやってましたが、地方によっては車とか新幹線とか飛行機を飾るところがあるとか・・・・
時代ですね~
馬で来て牛で帰る時代は遠くになりにけりですね。
Unknown (山小屋)
2017-08-12 04:51:28
茶道の流儀・・・
難しいですね。
でも何となく身が引き締まる思いがします。

お盆ですね。
故郷のある人は故郷でお盆を迎えていることと思います。
私は先日、お墓参りを済ませてきました。

ご主人・・・
早く会いたくて「早馬」で帰ってくると思います。
お会いしたら、どんな話をされますか?
あちらがどんな世界かよく聞いておいてください。

暑かったり、涼しかったり・・・
はっきりしない天気が続いています。
体調には気をつけてくださいね。
ねこママさん、 (お福)
2017-08-12 11:44:01
お棚、飾り終えました。
迎え火は明日です。
あらぁ、早馬で帰ってくるかしらね。
あちこち景色を楽しみながらゆっくり帰ってくればいいのにね。
もしかしたら私に早く会いたいのかしらね・・・エヘヘ。

車とか新幹線とか飛行機ねぇ、時代は変わりましたねぇ。
でも我が家の乗り物はまだきゅうりとなすでーす。
山小屋さん、 (お福)
2017-08-12 11:56:05
茶道裏千家に入門して早35年になります。
でもまだまだです。

早馬で帰って来ますかしらね。
私に早く会いたくて?
素直に喜びましょう。
あちらの世界どんななのかよく聞いておきますね。
話してくれるかしらね。
とても良いところではないかと思います。
お早いお帰りで、
3泊3日しか居ませんからね。
私はこちらで自由に楽しみますよー。
恋もしていますよー。と言ってやります。
茶箱にも、これだけの種類が! (くちかずこ)
2017-08-12 13:50:46
当然ながら知らなかったです。
灰もきちんと保存されるのですね。

くちこは、気持ち此処にあらずでうっかりしていて、今日やっと盆提灯を組み立てました。
まあ、こんな頼りない子孫に頼ることなく、自力で戻られる先祖様達と信じています。
お寺でのお盆勤めは、くちこ家一族郎党うちそろってお経を聞いたのですから、それだけでも、褒めて欲しいところです。

そちらは、帰って来られるどころか、最初から旅立たれていらっしゃらないように思います。
貴女のことが気になって・・・
Unknown (かれん)
2017-08-12 18:23:39
茶箱のお点前も沢山あって脳の活性化には
嬉しいのですが私も一番好きなのが月点前です。
今月の自宅稽古は卯の花ですがつぎは和敬も良いかなと思っています。今年こそ湿し灰作り頑張ります^_^
お盆 (おばさん)
2017-08-12 22:07:04
茶道は奥が深い~
それを全てご自身のものにされている
お福様は素敵です
お盆には愛しい方との再会が
待っていますね
ゆっくり沢山お話してくださいネ
くちかずこさん、 (お福)
2017-08-14 09:43:58
お茶をする人は”灰”をとても大事にしますね。
茶人は家事になった時は、”灰”をまず持ち出すと言い伝えられています。
家元家では、利休の時代の灰が使われていると聞いています。

くちこさん家一族ご一同様、お寺さんではお勤めをされたんですね。
ほんとにご立派なことです。

かの方ね、ご先祖様ご一行、昨日帰ってまいりました。
私もねぇ、かの方の面影は、ずっと胸の中にあるとおもっていますので、くちこさんのお言葉に思わず、ウルッですよ。

コメントを投稿

お茶」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。