秀二の余命日記

70歳で余命1年を宣告されたジイジが大好きな能登の地で燃え尽きるまでを綴ります。

母の日に。

2017年05月14日 20時50分44秒 | 日記
大人も子供も行事や仕事て忙しいので、
この週末は行かないでおこうと思ったけれど、
母の日ということもあって、結局行くことにしました。
母の日のプレゼントは野菜の苗と思って朝8時に農協できゅうりの苗をゲット。
茄子の苗も。

でもやっぱりカーネーションも。

ばあちゃんも帰って来て、賑やかな昼食。

3時に施設に婆ちゃんが戻ってから、母をつれて農協へ鍬を買いに。

帰り道にスギヨファームのソフトクリームを子供たちと一緒に食べました。

私は3度ほど父とここでソフトクリームを食べました。
抗がん剤の影響で食欲がなくなってから、父はよくアイスを食べていましたが
昔から、ソフトクリームがすきで、秩父だったかな、
埼玉でも、牧場によく食べに行きました。

スギヨファームは父の入院していた恵寿総合病院のすぐ近くなので、
もっと頻繁に来れば良かったね、と言ったら、
母が、それどころじやなかったよ、と言ったので、
ちょっと肩の荷がおりたような気持ちでした。

恵寿総合病院の前を通って帰って来ました。
やっぱり、まだ胸がきゅっと締め付けられるような感じでした。
母は黙っていたけど、もっと苦しいと思います。

畑仕事の忙しさで気をまぎらわせて。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小千谷のお寺の白藤 | トップ | 能登大震災のつめあと。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
家庭菜園 (浜やん)
2017-05-14 23:50:57
そう言えば鷲宮に移ってから畑を借りて野菜を作ってましたね。私の嫁の実家は農家でイチゴも作ってましたので露地栽培でのイチゴの育て方を聞かれた事が有ります。その時栽培方法と、ついでにイチゴの苗を分けてもらってお渡ししました。翌年、立派なイチゴを収穫する事が出来たのでそれをパックに詰めてご近所におすそ分けをして喜んでもらったと聞きました。何事にも熱心なかたでした。
あのイチゴは (えいこ)
2017-05-15 03:47:20
浜やんさんからの苗だったんですね!
いろいろと収穫するのが楽しかったですが、イチゴが採れる時期は本当に楽しかったです。
畑は主に母がやっていたように記憶していますが、父も意外と熱心だったんですね。
そういえば、父は蒟蒻イモを熱心に育てていました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。