修ちゃんの人生晴れたり曇ったり

2年半の闘病生活の峠を越え、その後の元気な日常を画像を加えながら不定期ですが書いています。

辛い季節

2017年07月11日 | 闘病日記

 ようこそ

今日は、私の地方での天気予報によると、最高気温が36度との表示である。 国内でも最も夏は暑い地方であるが、本当に今日は暑かった。

私は、平成27年4月に膀胱ガンと前立腺ガンを患い、尿道、精嚢を含めて、これらを全摘出して、腸の一部を切り取って膀胱の代わりをしている。俗に言う 「尿路変更手術」 である。 膀胱が無い為に、尿意を感じる事も尿を貯める事も排出する事も出来ない。 その代わりにホースの様な腸の端の片方をふさぎ、もう片方を穴を開けたお腹に出し、そこにストーマと言う袋をぶら下げて膀胱の代わりをしている。 この袋が一杯になると、通常通りにトイレに行き排出するのである (ただし、尿意は感じないので感覚で)

この季節になると、それでなくても暑い上にストーマに貯める尿の暑さも加わり、本当に辛いうえにストーマは、お腹に強力な粘着剤の様なもので、ゴム製の台を張り付けて留めてある為にかゆみが発生する。 汗をかくとこの台が外れて、尿漏れを起こす事も一度や二度ではない・・・・・・ 大変である。 交換用のストーマを携帯しているが、不安は尽きない・・・・・・

また、この通常のストーマの袋は約2時間位で一杯になる為に、夜寝る時には夜中に起きなくても良いように、このストーマの袋に延長のホースをつなぎ、10時間は耐えられる位の大きな袋につなぐ。 この為に寝返り打つ事も容易ではない。

この体は一生治る事は無く、生涯に渡ってストーマのお世話になるが、もう少し早く治療を受けていればと今更ながら思う。 今の所は命は助かったが、大きな障害が残ってしまった。 残念無念である。

先日も、くどいように書きましたが、私はこんな生活を一生余儀なくされます 治る事はありません

どうぞ私の様にならない為に 「早期発見、早期治療」を皆様には、心がけてほしいと思います。どうか、ストーマのいらない社会になる事を望んでいます・・・・・・・・・・・

 

では又ね

↓ランキングに参加しました。クリックお願いします。

カニ料理 兵庫城崎温泉おすすめの/Kinosaki Spa&Garden 湯楽

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悲しい出来事 | トップ | 懐かしい人が面会に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。