言葉って面白い!

この日本語、英語でなんていうの?その奥に深い文化の違いが見えてきませんか。

消えるDT

2007-10-23 07:29:19 | ニュース
DTって何の略でしょうか。
答えは「ドライブインシアター」。
駐車場に車を止めて、車に乗ったまま巨大スクリーンに映し出される映画を楽しめる、というものです。

ちょっと面白いニュースを見かけました。

「ドライブインシアター」(DT)が、姿を消しつつある。
全盛期の90年代初頭は全国20カ所以上にあったドライブインが次々と廃業し、
11月には、国内に残る常設のDTは神奈川県大磯町の1カ所だけになる。

というのです。

その背景には、シネコンの台頭があるといいます。
10本くらいの映画の中から見たい映画を自由に選べるシネコンの登場で、
「見る作品を決めて来る」のではなく「映画館に行ってから見る映画を決める」という人が増えたというのです。

私はもう一つ、車に対する意識の変化も大きいと思います。
かつて車は、デートの必需品でした。
どの車で、どこへ行くのか。
そんな時代には、車で行ける、しかも車を降りなくても映画が見られる、というのは魅力あるスポットだったのでしょう。

しかし、今は車は「単なる移動手段」としか考えていない人が増えているといいます。
車でのデート、という構図が崩れた瞬間に、DTは必要なくなっていたのかもしれません。

「モノ」がなくなると、そのモノを指す「言葉」も消えるのが運命です。
90年代に鳴り物入りで登場した「ドライブインシアター=DT」。
20年足らずの間、世に存在したこの言葉も、まもなく忘れ去られていくのでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロボットの心 | トップ | 広辞苑の改訂 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ドライブインシアター 2007/09/23~10/23 (最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第八倉庫 メーカー・各種店舗・遊楽地)
ドライブインシアターについての最近の情報です。