妥協の嵐 ~イチから始めるMTG~

「光は明るく、ボルトはキツく。」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【モンコレビュー】ハルシオン勢力別レビュー【ヴラド&ホーリィ】

2014-06-10 22:10:43 | モンコレ
蛇です。

・ラミアの踊り子
ラミア主体でデック組むなら必須。
+5って大分強いんだけど、
奇数なのが超惜しい。

・ラミアの吟遊詩人
ほかのラミアと独立しすぎ。
完全に火絡みのスペルデック組むための要員。
基礎値あればなぁ

・カーミラ
取り敢えずイニシアチブが出ないのが辛い。
ディアブロともレベル帯で組めないので
どうしてもブラッディバット当たりが欲しくなる。
ちょっと辛い。

・メリジェーヌ
これも辛い
結局早いデックで寝ないと本気出せないのは
フォクシアのコケ方に近い。
火はともかく魔に汎用的なスペルがないため、
前エキスパンションの英雄たちの方が
飛んでる分マシという現実。

・ブラッドドレイン
2体で使うと攻撃力はかなり上がる。
問題はどうしてもレベル3-5なので対抗連鎖に
レベル3が巻き込まれることと、
魔魔で打てないこと。


・青い目の人形
ヨルムンガルドは基本的に地形と蛇ガン積みなので
ぶっちゃけ入るスペース無い。

・リーフ
英雄点2点が厳しい。
ピン刺しでもコストで落ちるし、さていかがなものか。

・英雄ヨルムンガルド
相手の世界蛇も対象なので、
相手のヨルムンガルドと同じパラメータになる。
同時に弱いのはご愛嬌。

・ヨルムンガルド
ついに出た大自然シナジー
わらわら湧いて、盤面をゆっくり制圧していく。
山札の減り具合が半端ない。

・世界蛇のうねり
たっぷり入れて蛇出す。
蛇のパンプ材料にもなる。
これの上での蛇合戦は後攻とったほうが俄然有利。


ヨルムンはブッ飛んでますが
絶対安定しないですよね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【モンコレビュー】ハルシオ... | トップ | 【モンコレビュー】ハルシオ... »

コメントを投稿