〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

練習、大会結果、トレーニング等の気付いたを投稿していきます(^_^)

フォアハンドストローク 回り込み逆クロスについて 〜才能のない人でも上達できるテニスブログ〜

2017-04-04 07:00:37 | フォアハンドストローク
トップページ>フォアハンドストローク




おはようございます!
テニスコーチの花木です(^^)


今日は、


フォアハンドストローク 回り込み逆クロについて




の解説です。


まず回り込みフォアハンドストロークは、
※オープンコートをつくれる説明はシングルスになります。


【効果①】
「相手のバックハンド側へ打ちやすくなる」



回り込みフォアハンドストロークは、バックハンド側のボールを回り込んでフォアで打ちます。

そのため、回り込んでから打つため打点が身体に対して後ろ側になりやすくラケット面が外側へむきやすいことから逆クロス側へ打ちやすく相手のバックハンドを狙いやすくなります。



【効果②】
「回り込むことで相手にプレッシャーを与えることができる」



相手選手に対して回り込んでいる姿は、どこにボールが飛んでくるのかわかりづらく相手にプレッシャーを与えることができます。

また、タメをどこでとっているのかわかりづらく相手のスプリットステップを崩すきっかけにもなります。



【効果③】
「相手を外へ追い出しやすくクロス側へのオープンコートをつくれる」



逆クロスへ打つことで相手を外側へ追い出しやすくなります。相手の重心はコートの外側へながれ、



フォアハンド側へのオープンコートをあけやすくなります。


回り込みフォアハンドストロークによりオープンコートをつくれるきっかけになります。



【フォアハンドストローク 回り込み逆クロについての動画】
回り込みフォアハンドストローク逆クロについてはこちら



【フォアハンドストローク関連の記事】

フォアハンドストローク クローズスタンスについて
高い打点のフォアハンドストロークについて
フォアハンドストローク 打点が近い時の対応方法について
低い打点のフォアハンドストロークについて
フォアハンドストロークの左手の使い方について
フォアハンドストローク オープンスタンスについて


それでは(^^)


【YouTube動画更新】
また、技術に関する動画をYouTubeにてアップしています。良ければ見て下さいね(^^)
低く滑っていくスライスストロークのポイントは?
理想的なボールの入り方についての動画
フォアハンドストロークの姿勢の取り方についての動画


【新規クラス開講!】
平日3時間クラス空き状況とテーマを更新しました!
(2/24(金)更新)


平日3時間シングルスクラスを開講します!シングルスにご興味ある方、大会で上位進出を目指される方是非ご参加下さいね♪詳しくはこちら→http://blog.goo.ne.jp/syunteni/e/78fb47d8cff83c15f32d697b7e354bef


■テニスビズ
4時間レッスン3月の日程をアップしました。
テニスビズHPサイトはこちら
■アップルテニスクラブ
3月のプレーヤーズクラス、テーマ別クラスの日程アップしました。
アップルテニスクラブのHPはこちら
■才能のない人でも勝てるシングルス
才能のない人でも勝てるシングルスサイトはこちら
4時間のシングルス特訓会、開講しております。
・毎日投稿中のシングルスブログはこちら
詳しくはこちら
■メルマガ発行しています!
花木俊介のメルマガ 読者登録お待ちしております!



テニスランキングへ





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バックハンドスライス 低い打... | トップ | ストロークのネットミスを減... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フォアハンドストローク」カテゴリの最新記事