〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

練習、大会結果、トレーニング等の気付いたを投稿していきます(^_^)

フォアハンドストローク 打つ前の左手の使い方でパワーがでる 〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

2017-04-19 07:00:22 | フォアハンドストローク
トップページ>フォアハンドストローク




おはようございます!
テニスコーチの花木です。



今日は、


フォアハンドストローク 左手のテイクバックによりパワーがでる



という解説になります。


今回は生徒さんのwさんとの比較写真で解説します。
※本人には承諾済みです。


まず、フォアハンドストロークで左手のテイクバックにより


【効果】
①左手のテイクバックにより後ろ脚にタメがでる
②身体の開きが抑えられ、打ち急ぎがなくなる

③左手でテイクバックを行うため、右手の力が抜ける




となります。

また左手のテイクバックにより腰が捻られ、捻り戻しによるスイングスピードが上がります。


実際に左手が早くラケットから離れると、



前への重心移動が早くなります。

ボールを捉える位置も身体の前側になり打ち急ぎによるネットミスやサイドアウトが増えてしまいます。


【左手のテイクバックで意識をすること】

①レディポジション時に左手でラケットをもつこと



レディポジション時に左手でラケットを持つことで左手のテイクバックを行うことができます。

右手でラケットを強く握ると左手はすぐに離れてしまうので注意して下さい。



②ラケットを持つ右手の力は抜いておくこと


右手の力を抜いておくことでより左手でラケットを引いていく動作がでてきます。

右手はラケットの重さを感じるぐらい楽に握ることで左手が入りやすくなります。



③左脇を伸ばすこと


左脇腹を伸ばしたテイクバックは、右脇腹が緩まりより右脚重心にのることができます。

このとき、左脇腹が緩まり右脇腹が伸びると左手がラケットから離れやすく身前への重心移動が早くなるので注意して下さい。



【フォアハンドストロークの動画はこちら】
※フォアハンドストロークの動画はこちら



【フォアハンドストロークのレッスンについてはこちら】
5月15日(月) 4時間でプレーを変える徹底反復レッスン スピンをかけるフォアハンドストローク
※空き2名



【フォアハンドストローク関連の記事】

フォアハンドストローク クローズスタンスについて
高い打点のフォアハンドストロークについて
フォアハンドストローク 打点が近い時の対応方法について
低い打点のフォアハンドストロークについて
フォアハンドストローク オープンスタンスについて


それでは(^^)


【YouTube動画更新】
また、技術に関する動画をYouTubeにてアップしています。良ければ見て下さいね(^^)
低く滑っていくスライスストロークのポイントは?
理想的なボールの入り方についての動画
フォアハンドストロークの姿勢の取り方についての動画


【新規クラス開講!】
平日3時間クラス空き状況とテーマを更新しました!
(2/24(金)更新)


平日3時間シングルスクラスを開講します!シングルスにご興味ある方、大会で上位進出を目指される方是非ご参加下さいね♪詳しくはこちら→http://blog.goo.ne.jp/syunteni/e/78fb47d8cff83c15f32d697b7e354bef


■テニスビズ
4時間レッスン3月の日程をアップしました。
テニスビズHPサイトはこちら
■アップルテニスクラブ
3月のプレーヤーズクラス、テーマ別クラスの日程アップしました。
アップルテニスクラブのHPはこちら
■才能のない人でも勝てるシングルス
才能のない人でも勝てるシングルスサイトはこちら
4時間のシングルス特訓会、開講しております。
・毎日投稿中のシングルスブログはこちら
詳しくはこちら
■メルマガ発行しています!
花木俊介のメルマガ 読者登録お待ちしております!



テニスランキングへ




『テニス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スプリットステップで動き出... | トップ | 4/19(水)レッスン4時間でプレ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL