〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

練習、大会結果、トレーニング等の気付いたを投稿していきます(^_^)

レッスンレポ 9/11(月)平日3時間シングルス特訓会(高い打点のフォアハンドストローク強化) 〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

2017-09-12 07:00:54 | レッスン
トップページ>レッスン




おはようございます!
テニスコーチの花木です。


今日は、


レッスンレポ
9/11(月)平日3時間シングルス特訓会(高い打点のフォアハンドストローク強化)



を開講してきました。


今回は定員6名で5名のご参加。ご参加頂いた皆様お疲れ様でした。


フォアハンドストロークの高い打点を強化していく上で意識することや気をつけることをお伝えさせて頂きました。


指導させて頂いたポイントとして、

■高い打点のフォアハンドストロークのポイント
「オープンスタンスで打つ」


となります。


オープンスタンスは、身体の向きは正面で右手右脚打つストロークとなります。



横を向くクローズスタンスに比べオープンスタンスは、身体の捻りが小さくテイクバックも比例して小さくなります。


また、高い打点に対してオープンスタンスの方をお勧めする理由として、


■高い打点でオープンスタンスで捉えた方が良い理由
「オープンスタンスは右股関節が落ちにくくラケットセットが自然と高くなる」


右脚に重心を乗せていると右膝を曲げにくく高いラケットセットになります。

高いラケットセットになることでくるボールに対し振り抜きやすく高い打点でも厚いあたりの返球となります。



※実際に左脚重心のクローズスタンスは、

左脚重心となりオープンスタンスに比べ右股関節が落ちます。
右股関節が落ちると、右肩が落ちやすくラケットセットが低くなり高い打点に対して振り遅れにくくなってしまいます。



高い打点は、オープンスタンスで対応していくことで厚いあたりでの返球となりますので練習してみて下さいね。


<次回の平日3時間シングルス特訓会のご案内>
■10/10(火)14:00〜17:00 トマトインドアテニスクラブ
テーマ「高い打点のネットプレーを徹底特訓」
空き5名

お申し込み等の詳しくは上記の青文字をクリックして下さいね。




以上となります。
最後までご覧頂きありがとうございました。




■テニスビズ
4時間レッスン9・10月の日程をアップしました。
テニスビズHPサイトはこちら
■アップルテニスクラブ
9月のプレーヤーズクラス、テーマ別クラスの日程アップしました。
アップルテニスクラブのHPはこちら
■メルマガ発行しています!
花木俊介のメルマガ 読者登録お待ちしております!



テニスランキングへ
『テニス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レッスンレポ 9/10(日)4時間... | トップ | レッスンレポ 9/12(火)4時間... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

レッスン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL